« 星のお姫様 二ール・ゲイマン マシュー・ボーン 『スターダスト』 | Main | ネタ切れイマジン劇場 もしも願いがかなうなら »

November 26, 2007

『ザ・リング』に挑んでみる J・R・R・トールキン 『指輪物語 』 「旅の仲間」下1編

20071126184936冥王サウロンが鍛えし、強大な力を持つひとつの指輪。その指輪が主のところに戻る時、世界は再び暗黒に帰すという。
数奇な運命により「指輪」を持つこととなったフロドは、危険を察し仲間たちとともに旅に出る。途中アラゴルンという頼もしい仲間を得るものの、冥王の手下「黒の乗り手」たちの追跡は執拗で、フロドはとうとうその刃を身に受けてしまう。突如として起きた不思議な現象により「黒の乗り手」たちはその場を去るが、フロドの傷は深い。彼の運命やいかに・・・・

オッス! おらゴクリ! 忘れたころにやってくる、わしらはいいスメアゴルだよ!
今回は「旅の仲間」の下二巻部分を紹介するよ! もう読んで少し経ってるから、ウロ覚えもいいとこだけんど!
黒のライダーに襲われて絶体絶命のバカ旦那。それを助けたのは、集合時間になっても一向に現われなかったガンダルフのじいさまだった(遅すぎるよ!)。すっかり弱っちまったバカ旦那だったけど、近所にあったエルフの森でメキメキと回復。さすがは主人公、そのしぶとさは並じゃないよ!、そこから「指輪」をどうするか、エルフの森で緊急会議が開かれるわけだけんど、こいつがちょっとかったるいんだよ! 会社勤めしてる人ならわかるだろうけど、会議ってだいたい「退屈」なもんだよ? 「指輪」をどうしようかああでもない、こうでもないといった議論がえんえんと続いて、その内じいさまどもは昔の話とかはじめだす有様。聞きなれない名前が次から次へと出てきて、可哀相なスガヤゴルはすっかり混乱しちまっただよ! まあ『指輪』世界の奥の深さを説明する部分なんだけどな!

ちゅうわけでこの辺はわりきって「ふんふん」と斜め読みするか、副読本片手にじっくり取り組むかのどちらかだよ! いい加減なスガヤゴルは斜め読みで済ましたけど、全巻読了したあとに、また読み返してもいいかもな!

そしてこの部分で一行にエルフのレゴラス、ドワーフのギムリ、ホモ・サピエンスのボロミアらが加わって、ようやく旅のパーティが完成するよ! 「フロドの供をしてもいいし、途中で離脱するも自由」って・・・ アバウトだよ! そういう時は普通「命に代えても指輪を渡すな」っていうもんだよ!?
わしら、中坊時代疑問に思ってたことがあったよ。 『ロードス島戦記』にも『ドラゴンランス戦記』にも、いろんなRPGにも、どうしてみんなお約束のようにエルフとドワーフが旅の一行に加わるのかって(そして大抵仲が悪い)。だけんど映画観てわかったよ。要するに、みんな『指輪』をお手本にしてるからなんだよ! わしら頭がいいよ!

このエルフやらドワーフやら、ゲルマンの神話に出てくる妖精さんのようなもんらしいけど、日本人がその定義を理解するのは難しいよ! 近いものといや、天狗とかなまはげとか?(違うよ!) とりあえずわしらは「エルフ=人と神の中間」「ドワーフ=人とゴリラの中間」と考えることにしたよ。あんましアテにしないでほしいよ!

それにしてもどうしてこう『指輪』の人名って「ガ」行や「ダ」行の音が多いんだろうな! まるでスーパーロボットみたいだよ! 「魔道戦士ガンダルフ」「マッハロボ・アラゴルン」「伝説勇者レゴラスE」・・・・ フム・・・ なかなか悪くないよ!(これだからオタクはやだよ!)

十分に体力回復した一行は、指輪を消滅させるために敵の本拠地に向かうことにするよ! でもそっから先には天嶮の山脈やら怪しげな坑道やら脳たりんのオークどもが待ち受けていて、旅はますます険しいものになっていくよ! いい気味だよ! ウケケ!

20071126184957それでは指輪名物のポエムコーナー。今回は中島みゆきのナンバーから


回る回るよ議会は回る  居眠り 横槍 ムダ話

昨日扱ったはずの議題も めぐりめぐってまた出てくるよ


それでは」みなさんまた次回(いつだよ!)
わしらのいとしい、いとしい、いとしいシトおおおおお!!  

|

« 星のお姫様 二ール・ゲイマン マシュー・ボーン 『スターダスト』 | Main | ネタ切れイマジン劇場 もしも願いがかなうなら »

Comments

 会議が長引くのは、長生きしている種族が多いから
気長なんですw

>「ドワーフ=人とゴリラの中間」
 ダメですよ、こんなこと言ったら
日ド関係にヒビが入ってしまいますよ!!
 そういえばロードスのドワーフさんはギムさん
でした。指輪がギムリさんです。
 ギムには無理だよ。
 
 指輪物語も吸血鬼ドラキュラ(B・ストーカー)も
実は神話物語や文献の集大成なんですよね。
 指輪~は古エッダ等を参考にしたそうです。
ポール・アンダーソン(バイオハザードの監督ではない)
の「魔界の紋章」にも指輪~と似たような言葉があると
聞きますし。(トールキン先生は言語マニアですし)
 魔界~には少女が白鳥になるシーンがあるそうです。
こういうところから日本のアニメは影響を受けたのでしょう。


 でも私は弓矢を持ったエルフ少女や女戦士に、
戦うシスター戦士に萌え~と言ってる方が症に合っています。

Posted by: 犬塚志乃 | December 08, 2007 10:03 PM

>犬塚志乃さま

>日ド関係にヒビが入ってしまいますよ!!

ドワーフの皆さんに不快な思いをさせてしまったことを、こころより陳謝させていただきます

>ロードスのドワーフさんはギムさん
でした。指輪がギムリさんです。

安直ですねえ。ロードスのギムさんは名前すっかり忘れてました

>指輪物語も吸血鬼ドラキュラ(B・ストーカー)も
実は神話物語や文献の集大成なんですよね。

今日『ベオウルフ』という映画を観てきましたが、こちらも『指輪』にインスパイアを与えているとどこかで聞きました
確かにファンタジーなのに話が暗かったり、主人公が悪のパワーに翻弄されたりするところはけっこう似てました

Posted by: SGA屋伍一 | December 10, 2007 11:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ザ・リング』に挑んでみる J・R・R・トールキン 『指輪物語 』 「旅の仲間」下1編:

« 星のお姫様 二ール・ゲイマン マシュー・ボーン 『スターダスト』 | Main | ネタ切れイマジン劇場 もしも願いがかなうなら »