« 電王戦隊イマジンジャー 『劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!』 | Main | トラック大将 夜明けの一番星 マイケル・ベイ 『トランスフォーマー』 »

August 15, 2007

コント山本くんと武田くん⑫ 竜虎邂逅編  ~大河ドラマ『風林火山』より

武田 「オダギリジョージです」
山本 「山本カンスケでごっつええかんじです。今日はスペシャルゲストをお招きしております。新潟よりおこしの長尾景虎さんです。どうぞ!(パチパチパチパチ)」
長尾 「・・・・・・(無言)」
武田 「・・・カンスケ、こいつちょっとノリが悪くねえか?」
山本 「まあまあ、テレビ慣れしてないアーティストにはよくあることでごいすよ」
長尾 「むなしい・・・ なぜわしはこんなところで、このような醜き男どもと席を並べねばならんのだ」
武田 「カンスケ、こいつ斬っちゃっていいよね?」
山本 「殿、こらえてください」
武田 「答えは聞いてない!」
山本 「ああもう、頼むから我慢してくださいよ。ここまで連れて来るの、本当に大変だったんですから!」
長尾 「用は済んだか? もう帰らせてもらうぞ」
山本 「それじゃ長尾さんの好きそうな話でもしましょうか。ズバリお聞きしましょう。あなたにとって『美』とは一体なんですか?」
長尾 「ふむ・・・ そうだな。わしにとって美とは・・・ そう、若さゆえの過ちとでもいおうか。哀、震える哀、血の色は、大地に捨てて・・・ まあ、そんなところだ」
武田 「わけわかんねー」
山本 「ふうむ。つまり長尾さんは・・・・いわゆるガンダムオタクというヤツですね(ニヤリ)」
長尾 「し、知らん! ガンダムとは一体なんだ!?」
山本 「おかしいですね。たしか『新訳』Zガンダムでは主題歌まで歌われたと聞きましたが・・・・」
長尾 「知らんと言ったら知らん! 通常の三倍のスピードとかミノフスキー粒子とか、MS-06R-2(ジョニー・ライデン専用)のことなぞ何も知らん!」
山本 「よーくご存知のようですね」
武田 「見苦しいぞ、長尾とやら
 
イケメンの 正体見たり ガンダムファン

    どうやら勝負あったな」
山本 「何の勝負ですか」
長尾 「うるさいわいうるさいわいうるさいわい! この業界じゃガンダムファンなぞ珍しくもないわい! TMの西川だってラルクのハイドだって及川のミッチーだってどいつもこいつもガンダムオタクじゃ!」
武田 「開き直りおったな。・・・だがそう言われてみると、ワシも美形王子の一員として、なんだか勉強しなきゃいけない気がしてきたのう」
山本 「そういえば音楽担当の千住明先生も、前に『一番納得のいった録音はVガンダム』なんて言ってましたっけ」
長尾 「こうなった以上、もうぶっちゃけてしまおう。わしにとっての『美』、それはつまりシャア・アズナブル、もしくは『赤い彗星』。そういうことだ」
武田 「そうするとワシはさしずめアムロ・レイかの」
山本 「いや、顔の輪郭から言ったらリュウ・ホセイではないでしょうか」
長尾 「水中モビルスーツでいうとゴッグとかズゴックとか」
武田 「はっはっはっはは・・・・ ぶっ殺ーーーーす!!!」
山本 「いかん、ご乱心じゃ! 殿、刀をお納めください!」
長尾 「キミは、生き延びることができるか?」
山本 「でんでん♪ ででででん♪ シュウ!」
20070815182237
 
  

|

« 電王戦隊イマジンジャー 『劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!』 | Main | トラック大将 夜明けの一番星 マイケル・ベイ 『トランスフォーマー』 »

Comments

あははははは。
毎度楽しみにしているシリーズです。
先週の、ってつまりこないだの日曜の前ですけど、産んだ直後だったんですっかり忘れてて(笑)、産んで2時間分娩室で休んで、正に陣痛室に出てきて、取っておいてもらった夕飯をむさぼり食っていたのが丁度8時頃だった…。謙信が出るっていうんで楽しみにしてた回だったのにー。
オマケに、41時間経ったら時間というものの感覚がまるでなくなっていて、何をとち狂ったか翌日が日曜だと思い、相方に、
「風林火山録画しといて」
とかメール打ってました。
それからすぐ気づいて、
「録画は今度の土曜の再放送」
と再度メール。
でも結局、土曜日は退院で、なかなか誰も迎えに来ないもんだから、病院で有料のTVで見ました…
そ し た ら っ
謙信はラスト5分じゃないですかーっ!!!
1週間待ったのに…
まあ、その分翌日すぐに、謙信がたっぷり出る回を見られたんですけど。
ちなみに、姉役の西田尚美さんはNHKがデビュー作だったかな、昔から好きな女優さんなんですが、直近では「時効警察」で笑わせてもらったばかりなんで何かヘンな気分でした。
>TMの西川
この方、「ガオレンジャー」の大ファンでもあって、自分のラジオでガオシルバーについて熱く語っていたらしいです。

Posted by: 高野正宗 | August 15, 2007 at 08:44 PM

>高野正宗さま

こんばんは
・・・・ははは。そんなに楽しみだったんですか。謙信というかガクトさま
確かに近年まれに見る「自分の世界に突っ走っちゃってる」大河キャラですよね。こころなしかバックに花やら星やら見えるような気までしてきます
見逃しても土曜にまた見られるのが大河の助かるところです。が、再放送をハナからあてにしてると見逃すことが多いですね。前にも書いたっけ

>西田尚美さん

ほんわかした和み系の女優さんですよね。『さよなら、小津先生』や『ホーム&アウェイ』といった民放ドラマでちょくちょく見かけてました
ただこの人に限らず、ガッ君の前に立たされる女優さんって、少し気の毒だな、と思いました

>この方、「ガオレンジャー」の大ファンでもあって

奥の深い男だ・・・・ 一般的にはガンオタの上に特オタだと、人生終ったようなものなんですが(と、まるで他人事のように)、二枚目だと市民権が得られるようです。納得いきまへん

Posted by: SGA屋伍一 | August 15, 2007 at 09:26 PM

緒形拳さんのブログに、
バースデーケーキの写真が載っていました。

チョコで書かれた祝詞:

##############
#      おたんじょうび
#   おめでとうございます
#     いつまでも素敵な
#    軍師でいてくだされ
#        景虎
##############

仲良しです。
越後勢もなかよし主従です!

Posted by: 秦太 | August 18, 2007 at 03:01 PM

>秦太さま

拳さん、あんな知名度の低い(一般的に)役で満足してんのかなあ、と思ってましたが、こんだけフォローが利いた現場なら楽しくやってそうですね

仲良きことは美しきかな、ですが
拳さんもガクトも「おまえらいい年こいてバースデーケーキでもあるまい」という気もしないでもありません(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | August 18, 2007 at 08:15 PM

京阪特急テレビカーで地デジ再放送見ていましたまさとしです(笑)。
>ガクト
会社の上司とかもこの人は違和感覚えていたそうです。
私もこやつは変なオーラ出していた感じ。
個人的に晴信が気に入っちゃってる感じです。
三条夫人も意地悪奥さんではないし。
でも、このレビューのおかげで何となく見ていることがあります。
気が付いたらOPもあんまりCG使ってないし
コテンコテンに俳優同士が食い合ったり年齢ギャップに
違和感覚えたりという事も無いし・・・・・・・・・。
「北条時宗」と「功名が辻」はこのままトラウマで終わる可能性が
他に「宮本武蔵」とか・・・・・・・・途中で見るのリタイヤしちゃった組。
ではでは。

Posted by: まさとし | August 19, 2007 at 07:59 AM

>まさとしさま

>ガッ君

他は純和風の顔立ちばっかりなのに、この人だけ偉いヴィジュアル系(笑)なんで目立つんですよね
亀治郎さんもいい役者だと思います。アップの時、つい吹いちゃいそうなときもあるけど

>三条夫人も意地悪奥さんではないし

いや、カンスケに限ってはかなり意地悪ですよー

『新選組!』からこっちずっと大河みてますが、今年はなかなか面白うございます。ダーティでワイルドなあたりがなんかツボなんですよね

Posted by: SGA屋伍一 | August 19, 2007 at 09:22 PM

 長尾「むなしい、むなしいぞ。私はガンダムも、ヘルシングも
シャーマンキングも北斗の拳も知らぬ。ああ全てむなしい」

Posted by: 犬塚志乃 | October 02, 2007 at 08:49 PM

>犬塚志乃さま

洋画にもかなり詳しくないようです。それ系のクイズでボタンを押す速さは「風の如し」でした

Posted by: SGA屋伍一 | October 02, 2007 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/16125292

Listed below are links to weblogs that reference コント山本くんと武田くん⑫ 竜虎邂逅編  ~大河ドラマ『風林火山』より:

» 「風魔の小次郎」テレビの連続ドラマとして映像化 [ブログでほったらかし収入をGETして美味しいものでも食べ行こう]
人気漫画家・車田正美さん(53)の1980年代前半の代表作「風魔の小次郎」が、車田作品としては初めてテレビの連続ドラマとして映像化されることが16日、分かった。「風魔の小次郎」のタイトルでUHF局を中心に10月から放送される。キャストは主演の村井良太...... [Read More]

Tracked on August 17, 2007 at 07:47 PM

« 電王戦隊イマジンジャー 『劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!』 | Main | トラック大将 夜明けの一番星 マイケル・ベイ 『トランスフォーマー』 »