« ハンサム王子の逆襲 クリス・ミラー 『シュレック3』 | Main | 『ザ・リング』に挑んでみる J・R・R・トールキン 『指輪物語』 「旅の仲間」上1編 »

July 30, 2007

日曜ナンセンス劇場 特急デンライナー殺人事件

第一幕

20070730183500ある日曜の朝、その惨劇は起きた


「カメ公が・・・・死んでる!」
「カメ吉! なんでこないな姿に!」
「体が冷たい・・・ 
死んでから、ざっと一時間は経ってるね」


20070730183539「この部屋はカギがかかっとった・・・・
つまり密室殺人や!」
「部屋の合鍵を持ってるのは、たしか僕ら三人だけだよね?」
「つまりこの中に犯人がいるってことか! アリバイのないヤツはいるか!」
「そういえば・・・ ボクとクマちゃんはずっと一緒にいたよね?」
「墓穴を掘ったな、モモ! お前が犯人や!」


2007073018385720070730183942「ちょっと待て!

おれは昨日までロンドンに行っていて、ついさっき戻ってきたばっかりなんだぜ!
証人だっている!

こいつが死んだ時間にここにいるのは、まず不可能ってもんだろうぜ~」


20070730184015「ふふふ・・・
甘いですよ、先輩

デンライナーを使えば時空を越えることができるんです。
そんな小手先のアリバイなど、何の意味もない

ズバリ言いましょう。あなたが犯人です!」


20070730184249「すごいや、カメちゃん。名推理だ。
これで事件は一件落着だね♪」
「やっぱお前やったんか!
キリキリあるけ! 追放処分や!」

「ちょっと待て!
お前らなんかおかしいとは思わんのか!」


第二幕

20070730184357こうして事件は解決したかに見えた
だがそれをあざ笑うかのように、第二の惨劇が起きる!

「ああ! 今度はクマちゃんが!

犯人は逮捕されたはずなのに・・・
一体誰が?」


20070730184513「いや、これは単に寝ているだけでしょう」

んご~っ んごご~っ

「あ、ホントだ」


劇場版公開まで、あと5日

|

« ハンサム王子の逆襲 クリス・ミラー 『シュレック3』 | Main | 『ザ・リング』に挑んでみる J・R・R・トールキン 『指輪物語』 「旅の仲間」上1編 »

Comments

(*´∀`)こんにちは

わ!すっごい!集めたんですか?
ウチも息子と一緒に集めてましたが、カブト以降TV放映もちゃんと見なくなって、今の電王なんか展開が理解できない・・
(´・ω・`)ショボーン

このストーリーの展開も気になるところですね(b´∀`)ネッ!

Posted by: HARRY | August 01, 2007 12:13 PM

モモちゃん、ロンドンまで何しに行ってたんでしょ(笑)

ここ最近、テレビでも劇場版にリンクした展開になってますね。
結末は劇場でしか観られないなら、もう私も行くしかないんでしょうか。
同時上映のゲキレンジャーに関しては全くノータッチなんですけど・・・

Posted by: kenko | August 01, 2007 06:24 PM

>HARRYさま

>わ!すっごい!集めたんですか?

いや、たまたま地面に落ちてまして・・・・

すいません。ウソです。正直に言います
自分のために自分でコツコツ買い集めました(^^;)
ぶっちゃけHARRYさまんとこの王子様と、精神年齢はどっこいどっこいかもしれません

『電王』はこれまでと違って「戦隊もの」っぽいノリの作品なんで、途中からでも入りやすいかもしれませんよ。ちなみにわたしが一番好きな平成ライダーは『龍騎』です

>このストーリーの展開

すいません。なんにも考えてません(´ヘ`;)

Posted by: SGA屋伍一 | August 01, 2007 09:22 PM

>kenkoさま

>モモちゃん、ロンドンまで何しに行ってたんでしょ(笑)

それはやっぱりアリバイ作りじゃないでしょうか(笑) ホグワーツに「教材」として呼ばれていたという線も考えられます

>もう私も行くしかないんでしょうか。

行きましょう! 同時上映には「モモタロスの夏休み」もあります(マジ)から!

>同時上映のゲキレンジャー

なんでも香港カンフー映画をモチーフにした作品らしいです。併映の戦隊ムービーに関しては、最初のうちはわたしも「ガマンの時間」でしたが、毎年行ってるうちに慣れました(^^;)


Posted by: SGA屋伍一 | August 01, 2007 09:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日曜ナンセンス劇場 特急デンライナー殺人事件:

« ハンサム王子の逆襲 クリス・ミラー 『シュレック3』 | Main | 『ザ・リング』に挑んでみる J・R・R・トールキン 『指輪物語』 「旅の仲間」上1編 »