« あの男、最近どう? レン・ワイズマン 『ダイ・ハード4.0』 | Main | 1997年に観た映画を振り返る »

July 13, 2007

未来警察ウラタロス 『仮面ライダー電王』を語る②

良太郎の前に次々と現れ、憑依する奇妙なイマジンたち。そのたびにてんてこまいだけれど、どうにか「時の運行を守る」仕事も板についてきた。そんな良太郎=電王の前に、心騒がせる一人の男が現れる。姉の婚約者だった男と同じ名の青年、桜井侑人だ。
「いいか野上、時の運行を守るっていうのは、人助けとは違うんだ」
もう一人の仮面ライダー、ゼロノスへと変身し、圧倒的な力を見せ付ける侑人。
果たして彼が良太郎に近づく狙いとは。

早くも半分近くまできた『電王』。今日は電王の一部となる四体のイマジンの分析と、「『電王』はなぜ「電車」なのか」語ってみたいと思います。

20070713174846最初は第1話から登場している「モモタロス」。汎用戦闘形態である「ソードフォーム」の素体となるイマジン。モチーフは「桃太郎」の鬼から。キメ台詞は「オレ、参上!」「クライマックスだぜ!」
性格は直情径行で、戦いに対する意欲は人?一倍。ただしやる気が空回りしてドジを踏むこともしばしば。
ピッチャーでいうと、一回から剛速球をバンバン放り込み、途中でへばるも意地でも完投したがるタイプ。
似たキャラクターは『西遊記』の孫悟空、もしくは『スラムダンク』の桜木花道。好きな音楽はロック(たぶん)。

20070713174913続いては第五話から登場した「ウラタロス」。ミドルレンジでの戦闘形態「ロッドフォーム」の素体となるイマジン。モチーフは「浦島太郎」のカメ。キメ台詞は「ボクに釣られてみない?」
性格は冷静沈着・頭脳明晰で、戦いよりも女子のお尻を追っかけることの方が好き。
ピッチャーでいうと、巧みな配球とコントロールで、ソツなく火消しを務めるタイプ。
似たキャラクターは『シティハンター』の冴羽僚。好きな音楽はポップス(恐らく)。

20070713174942三番手は第9話から登場の「キンタロス」。クロスレンジでの戦闘形態「アックスフォーム」の素体となるイマジン。モチーフは「金太郎」のクマ。キメ台詞は「ワイの強さは・・・泣けるで!」
情に篤く、涙もろい性格。可哀相な人をみるとなんとかしてあげようと奮闘するが、ありがた迷惑になることもしょっちゅう。
ピッチャーでいうと、中継ぎでベテランらしい落ち着いた投球を見せるタイプ。監督から「お前だけが頼り」とか言われると、どんな場面だろうと喜んでマウンドに向かっていく(笑)
似たキャラクターは『巨人の星』の番宙太。好きな音楽は演歌(オンチの可能性あり)。

20070729204518最後は13話から登場の「リュウタロス」。ロングレンジでの戦闘形態「ガンフォーム」の素体となるイマジン。モチーフは単に「ドラゴン」だそうで。たぶんヤマタノオロチとかリヴァイアサンとかそのあたり。キメ台詞は「いいよね? 答えは聞いてない!」
童子のごとき無邪気さと残酷さを併せ持つ。小動物など、可愛いものが大好き。
ピッチャーでいうと、多彩な変化球を駆使して打者を翻弄するタイプ。ファイトに火がつくと恐ろしいまでの実力を発揮するが、一度テンションが下がると自分からマウンドを降りてしまう。
似たキャラクターは・・・ちょっと思いつかない。好きな音楽はヒップホップ(確定)。

さて今回はもう一点、「『電王』はなぜ「電車」(というか「列車」)なのか?」ということを考えてみましょう。
その答えはズバリ 
①子供は電車が好きだから ②いま鉄道ブーム(らしい)だから です。 終了

・・・・じゃ寂しいので、当店おなじみの妄想モードに突入します(笑)。
『電王』も主なテーマの一つに「時間」ということがありますが、電車って一番てっとりばやいタイムマシンなんじゃないでしょうかね。そこそこ銭さえあれば誰だって乗ることができますし、何より大幅に時間を短縮させることができる。歩きで何日もかかる場所へ、たった一日で行けることを可能にする乗り物・・・・ 汽車が発明された当時は、それこそ「魔法の機械」だったのでは、と思います。
その一方で、この機関は他のどの乗り物よりも融通が利きません。決まった場所しか通れないし、決まった場所にしか止まれない。進行方向も常に一定。そして決まった時間を守らないと、後のダイヤに大きな乱れが生じてしまう・・・ そんな多くのルールに縛られているところが、「時間」の象徴と言えるのではないでしょうか。
「タイムトンネル」という用語や、アインシュタインがすれ違う汽車を見て相対性理論を思いついた・・・なんて逸話も、列車と時間の関連性を思い出させます。

列車をモチーフにしたファンタジーといえば、これまでも『銀河鉄道』『ジム・ボタン』『ポーラー・エクスプレス』などがありましたが、『電王』もぜひこれらに続く名作となってほしいものです。
劇場版『モモタロスの夏休み』も、もうじき公開。こっちもクライマックスでよろしく!


|

« あの男、最近どう? レン・ワイズマン 『ダイ・ハード4.0』 | Main | 1997年に観た映画を振り返る »

Comments

列車でタイムマシンと言えば、バックトゥザフューチャーの三作目も思い出されます。

最近、鳥モチーフのイマジンも登場しましたね。
まだまだ増えるのかしら・・・モモちゃんの出番が減る~
滅多にお目にはかかれませんが、キンタロスのキメワザも
なかなかかっこよくって好きです。

Posted by: kenko | July 15, 2007 at 04:23 PM

>kenkoさま

>列車でタイムマシンと言えば、バックトゥザフューチャーの三作目も思い出されます

ありましたねー。ラストにはそのものズバリなタイムマシンも出てきましたしね。あれが四作目で活躍すんのかと思ってたんですけど・・・

>鳥モチーフのイマジン

あいつは二話限定のスペシャルゲスト・・・というか、劇場版のために用意されたキャラだったようです
とはいえそれだけに終らすには惜しいヤツでした。これ以上増やしたら、本当に収拾つかなくなりそうですが 

>キンタロスのキメワザ

ちょうど今朝出てきました。かっこよくキメたあとで「・・・ダイナミックチョップ」と言われるとちょっとコケます

Posted by: SGA屋伍一 | July 15, 2007 at 07:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/15745408

Listed below are links to weblogs that reference 未来警察ウラタロス 『仮面ライダー電王』を語る②:

« あの男、最近どう? レン・ワイズマン 『ダイ・ハード4.0』 | Main | 1997年に観た映画を振り返る »