« 人生はメガトンパンチ シルベスター・スタローン 『ロッキー』シリーズ | Main | 倒壊タワー アニキとボクと、一発、ズドン アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』  »

May 09, 2007

愛と復讐のクモ男 サム・ライミ 『スパイダーマン3』 ネタフリ編

20070507174451その人気に押されて「世界最速公開」となった『スパイダーマン3』(実際は韓国とどっこいどっこいらしいですが・・・・)。本日は鑑賞前の方を対象に、アメコミ好きならではのムダ知識なぞ披露しようかと思います。

努力の甲斐あって街の人気者になり、ウハウハ状態のスパイダーマン。学業や恋も順風満帆。調子に乗ったピーターは、メリー・ジェーンへのプロポーズ大作戦まで計画してしまう。
が、幸せは長くは続かない(笑)。思い込みの激しい友人ハリー君は、「パパの仇!」と空から爆弾を投げつけてくる。叔父さんを殺した強盗(死んでなかったか?)は妖怪「砂だけ男」となって街を襲い、ピーターに苦戦を強いる。さらには「遊星からの物体X」に体を狙われて・・・・ ピーター、君にはやはり不幸がよく似合う!

と、いうわけでよいこの諸君! みんなのハリー君が帰ってきたよ! え? ちゃうちゃう! ハリー・ポッターくんじゃなくて、ハリー・オズボーンくんだよ! 「誰それ?」はないんじゃないの?
「1」からの重要なレギュラーでありながら、いまひとつ影の薄いハリー君。今回はキャシャーンばりのアーマーを身にまとい、「オレが主役だ!」と言わんばかりの大暴れを見せてくれます。
それに対し、必死で弁解を試みるピーター。果たして5年越しの誤解を晴らすことはできるか?

二人目の悪役さんは、サンドマンさん。砂状のボディを有し、変幻自在に変形しながら攻撃をしかけてくる厄介なヤツ。今回「ベン叔父さんを殺した真犯人」という重要な役を割り振られておりますが、原作ではピーターとの間に、特にそういう深い因縁はございません。どちらかというと「その他大勢」的な印象が強い、ごくフツーの怪人。顔も普通のおっさんですしね。余談ですが、「スパイダーマンに掃除機で吸われた」という爆笑もののエピソードもあります。
そんな彼が、なぜ完結編の悪役に抜擢されたのか? 単にライミさんのえこひいきじゃ・・・ とも思いましたが、映画を観てみてわかりました。この人、CG映えするんですよ。誕生のシーンなんか芸術的ですらありますし、クライマックスでは「こいつひとりいればいいんじゃね?」ってくらいの大活躍をみせてくれます。

三人目は影の本命ともいえるべノム・・・・ なんですが、こいつに関してはなんか書くとネタバレになりそうな気がするので、次回に回します。

今回は悪役のほかにもう一人気になるキャラクターがいます。それはMJの恋敵となるグウェン・ステーシー。実は彼女、原作ではMJの前の『スパイダーマン』の正ヒロインで、ピーターとは将来を誓い合ったほどの仲でした。しかし彼女は初代グリーン・ゴブリンの手にかかって死亡。ロマンスは最悪の結末を迎えます。
この出来事は当時のアメコミファンに多大な衝撃を与えました。だってこれ、『ドラえもん』でいえば「しずかちゃんが死んじゃう」ってくらいの重大事ですから。カツオ級のキャラでさえ、ライターの気まぐれで殺されかねない・・・・ そんなところがアメコミの怖いところです。
この度新作でよみがえったグウェンが、果たしてどんな役回りとなるのか? ファンとしてまことに興味津々であります。

さて、わたしは『スパイダーマン』を愛しております(本当は『X-MEN』の方が好きなんだけど)。しかし前作・前々作のなかに気になった点があったのも事実。そこで愛ゆえに、あえて苦言を呈してみましょう。

・グリーン・ゴブリンにもドク・オックにも襲われているメイ叔母さん。本当なら二度とも死んでると思います。ですから今回は「老人をいたわる」ということも含めて、「襲われ役」リストから外してあげてください。MJは楽しんでる様子がなきにしもあらずなので、別にいいです。
・1、2共に一番盛り上がるはずの決戦の場が、「人気のない廃墟」というのはいかがなものでしょう。新作ではクライマックスにふさわしいド派手なステージが用意されてることを期待しています。
・1のラスト近く 「スパイダーマンが父を殺した!」
 2のラスト近く 「父を殺したのはピーターだった!」
 ・・・・続きを二年以上待たされる観客の身にもなってください
 また同じようなことをやったら・・・ ゆ る し ま せ ん

20070507174530まあ本当のところ言うと、もう観てきちゃったんですけどね(笑)

「ネタバレ編」は来週にでもUPする予定です。


|

« 人生はメガトンパンチ シルベスター・スタローン 『ロッキー』シリーズ | Main | 倒壊タワー アニキとボクと、一発、ズドン アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』  »

Comments

原作のハリーくん、なんかあんましカッコよくない~
ぱんちぱーま?

「スパイダーマンに掃除機って吸われた」ってエピソード、
それサイコーじゃないですか!
サンドマンまだ死んでないみたいだし、続篇もありそうだし
次こそやってくれるといいなぁ。

ネタバレ編、楽しみにしてまーす♪

Posted by: kenko | May 10, 2007 01:08 PM

おばんです

>ぱんちぱーま?

そうです。どパンチ頭です。あんまり似てないんですけど。「ピーターと同い年のくせに異常なほど老けてる」のは確かです
新潮からも出てた新ヴァージョンではイケメンになってましたが

>それサイコーじゃないですか!

お気に召したようで。まあ基本的に原作はそういう、うっかりちゃっかりしたお話が多いんですけど、たまにやたらハードな展開になったりもします

ネタバレ編書いたらまたTB遅らせていただきます。よろしく

Posted by: SGA屋伍一 | May 11, 2007 07:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛と復讐のクモ男 サム・ライミ 『スパイダーマン3』 ネタフリ編:

» カーズのマックイーン [カーズのマックイーン]
カーズに出てくるマックイーンの魅力を紹介! [Read More]

Tracked on May 09, 2007 11:12 PM

» スパイダーマン3 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ミセる、見せる、魅せるぜ!スパイディ!!  [Read More]

Tracked on May 25, 2007 02:41 PM

» ベンおじさんを殺したのは、スパイダーマン自身●スパイダーマン 3 [Prism Viewpoints]
最凶、最悪の敵は、自分自身の中に存在する。 『スパイダーマン 3』 監督は、『死霊のはらわた』、『シンプル・プラン』、『ギフト』のサム・ライミ。 主役のピーター・パーカー役に、『シービスケット』、 『サイダー... [Read More]

Tracked on May 27, 2007 01:38 AM

» [映画] スパイダーマン3 [Adminではないけれど [ブログ篇]]
1、2、3とシリーズをすべて劇場で観ている、唯一の作品。5月8日に観に行っていたのだが、記録を残していなかった。 原題SPIDER-MAN 3 監督サム・ライミ 主演トビー・マグワイア(ピーター・パーカー)、キルステン・ダンスト(MJ)、ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボー... [Read More]

Tracked on June 17, 2007 12:13 AM

« 人生はメガトンパンチ シルベスター・スタローン 『ロッキー』シリーズ | Main | 倒壊タワー アニキとボクと、一発、ズドン アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』  »