« 岡山少年野球団 完結編 あさのあつこ 『バッテリーⅥ』 | Main | しゃべる・トラブル・スクランブル アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』解体編  »

May 22, 2007

パン太の日記 5ページ目ほど

そのいち 連休のパン太くん

200705221840092007052218402320070522184038 が
 ん
 ば
 れ
 カ
 |
 プ


そのに 突然ですがクイズです

20070522184101200705221841162007052218412820070115194612_2 ・

 ・

 ・

 ・


そのさん 続きまして第二問

20070522184153200705221842122007052218422620070522184242 ○

 ○

 ○

 ○


そのよん 黒パンの悲劇

200705221847592007052218481320070522184825 雨
 降
 り
 サ
 |
 カ
 ス


そのご 黒パンの最期

200705221848432007052218485520070522184914 安
 ら
 か
 に
 ね
 む
 れ


そのろく 大地に立つ

2007052218494820070414175403_1 次
 回
 未
 定


|

« 岡山少年野球団 完結編 あさのあつこ 『バッテリーⅥ』 | Main | しゃべる・トラブル・スクランブル アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』解体編  »

Comments

おそらく私しかマトモにレス返してないかと(おい
思いますが、またまた逢えて嬉しいよ。
最近はイヌとパンダ萌えなまさとしです。
>連休のパン太くん
3、4日にひねりが無い・・・。
>黒パン
なんかのはずみで復活したりして・・・・・冷蔵庫に入れて冷やすとか
ってそれじゃあシロクマか・・・・。
>ぱんだむ
相手の仮面の人のカブトのふちが短いような・・・・。
たまには後姿とかも見てみたいと思うまさとしでした。

Posted by: まさとし | May 22, 2007 at 11:06 PM

>おそらく私しかマトモにレス返してないかと

はい(笑) このコーナーは貴兄に支えられて何とか続いております
いつもコメントありがとうございます

>なんかのはずみで復活したりして・・・・・

たぶん次回には(早)
乾けば元に戻る気がします

>相手の仮面の人のカブトのふちが短いような・・・・。

さすがチェックが厳しい・・・・
ネタがたまり次第またやりますんで、よろしく

Posted by: SGA屋伍一 | May 23, 2007 at 07:59 AM

パン太くんってカープファンだったのー!?
だとしたら、一気に株急上昇ですよ?
GWはやたら調子良かったんですよねぇ・・・

それと全然全く関係ないのですが『皇帝ペンギン』を観ました。
フランス映画だったんですね。
ポップな音楽とフランス語のナレーションが
あんなにも皇帝ペンギンの世界に合うとは思いもよりませんでした。
南極の風景も信じられないくらい美しく、
ペンギンたちはウソみたいにシュールで味わい深く・・・むちゃくちゃ良かったです☆

Posted by: kenko | May 23, 2007 at 11:54 PM

>パン太くんってカープファンだったのー!?

正確にはわたしが。ファンというか「ひいきにしてる」という程度ですが
借金7くらいあったのを一気にタイに戻したのはすごいですね。問題はこれからだ・・・

>『皇帝ペンギン』

気に入っていただけたようでなによりです。まんま『ハッピー・フィート』だったでしょ?(笑)
ドキュメンタリーなのに、それなりにストーリーになっているところがすごいですよね

Posted by: SGA屋伍一 | May 24, 2007 at 08:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/15167178

Listed below are links to weblogs that reference パン太の日記 5ページ目ほど:

« 岡山少年野球団 完結編 あさのあつこ 『バッテリーⅥ』 | Main | しゃべる・トラブル・スクランブル アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』解体編  »