« 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい⑰ | Main | 平成ライダーを送る会 »

March 09, 2007

蛇王はまだ待機中 田中芳樹 『アルスラーン戦記』

20070309182411もー、少し間が経っちゃいましたけど、先日新刊『暗黒神殿』が出た『アルスラーン戦記』。この大河小説の最近の様子について語りたいと思います。
「読んだことない」という方はこちらからごらんください↓
http://sga851.cocolog-izu.com/sga/2005/11/post_5ad6.html

幾多の困難を乗り越え、とうとう王都を奪還したアルスラーンと仲間たち。しかしパルスを狙う近隣の国々との戦火はいまだ絶えない。さらには、かつて王国を恐怖のどん底に叩き落した魔王・ザッハーク復活の兆しが見え始める・・・・

ファンタジーでありながら、「歴史・群像」を主に描いているこのシリーズ。しかしここ2,3巻は(たぶん)ラスボス・ザッハーク降臨の前フリのためか、やけにお化けの出番が多くなっております。特に前巻『魔軍襲来』においては、パルスの要害のひとつであるペシャワール(こないだ爆破テロあった・・・・)城塞にドバッと妖怪たちが押し寄せ、さながら『エイリアン2』状態に。そして非常に「これからどうなる!?」というところで「つづく」。「またいつ続きが読めるかもわからんのに、こんな中途半端なところで切るんじゃなーい!!」と青筋を立ててしまいました。なんせこの巻、「6年ぶり」でしたからね(笑)
しかしなんとも驚くべきことに、最新刊『暗黒神殿』はたった1年しか間を置かずに出版されました。田中さん! やればできるじゃないですか!! 「この分だと来年も出てしまいそうです。まずいな。(本人談)」 まずくない! 出さんか! コラ! ・・・えー、ご無礼の段、平にご容赦ください。そういえば最初のころは半年に一回のペースで出てたよなあ。懐かしいなあ、あの頃が(遠い目)。

まあ実際読んでみますと、ペシャワールの件はとりあえず解決するものの、あんまり話が進んでなかったりして。以前から「そろそろ出るぞー」といい続けてるザッハーくんは、この巻でも結局正式に復活しなかったり。主人公アルスラーンくんは相変わらず影が薄いし。しかし「とりあえず続きが出た」ということだけで、かなり満足してしまっているわたしがいます(笑) それに後者の不満点は、第一部の時から言えることですしね。

良かった点についても書いとかないとな・・・・
アルスラーン配下の「十六翼将」。こんだけいると当然目立つのと目立たないのといるわけですが、その中で「目立たない」方のキャラクターたちにザラーヴァント、イスファーン、トゥース、ジムサといった連中がいます。それぞれ 
 ザラーヴァント・・・・ヒゲ面(童顔カバー)、現場監督
 イスファーン ・・・・・オオカミ少年ケン
 トゥース   ・・・・・鎖フェチ
 ジムサ   ・・・・・モンゴル人。吹き矢
くらいの印象しかなく、顔が浮かびづらいキャラでした。しかしこのペシャワール攻防前後ではかなり大活躍して逸話も増え、だいぶ肉付けが利いてまいりました。特に遊牧民族であるジムサが大邸宅に耐え切れず・・・というエピソードなどは爆笑もの。こういういかにもありそうな逸話を思いつく才能は、相変わらずですね。
また、アルスラーンの宿敵で「コンプレックスのおにぎり」と評されたヒルメス閣下。第一部ではひたすらヤなヤなヤな奴でしかありませんでしたが、一度どん底まで落ちたのが利いたのか、最近では一皮向けたというか、なかなかさばけた感じのいい悪役になっています。でもこの人、派手な散華は絶対に免れられないでしょうけど(シドい)。

予告を信じるなら、残りはあと二巻ということになるでしょうが、なんか話が伸び伸びになっているようで、さらに増えそうな予感がプンプンします。まあ増えるのはいいですよ。コンスタントに出しさえしてくれれば。忘れてませんよ。『銀英外伝』『タイタニア』『灼熱の龍騎兵』『自転地球儀世界シリーズ』・・・・ ムフフ・・・・・(わたしも大概ヤな野郎だな)

20070309182332最後に、第28回読売国際漫画賞について。受賞されたのはトルコ・イスタンブールにお住まいの「メメット・アルスランさん」でした。・・・・ペン名持て、彼の意志を継ぐは誰ぞ・・・・・

 

|

« 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい⑰ | Main | 平成ライダーを送る会 »

Comments

SGA屋さん、こんばんわ。

あのう・・・このたび、七色七曜バトンなるものをお持ちしてみました。
映画に関するバトンになりますので、詳細はウチの記事を見ていただければと思います。

お暇なときでかまいません、お受け取りいただければありがたく思います。尚、バトンはブログコンセプトと合わないといった事情があれば、スルーしていただいて構いません。
よろしくお願いいたします。

記事とは関係のないコメントになってすみません・・・。

Posted by: 睦月 | March 10, 2007 12:00 AM

おはようございます。いつもコメントありがとうございます

わたくしのバトンに対する姿勢は「もらうけど回さない」というものですが、それで良ければ喜んでお受けします(滅多にこないけどね・笑)
次の(寂れた)掲示板コーナーででもお答えしますんで、気長にお待ちください

>記事とは関係のないコメントになってすみません・・・。

お気になさらず。またよろしく(^^)/

Posted by: SGA屋伍一 | March 10, 2007 08:10 AM

 晴信くんといいルルーシュくんといい父親とは
いろいろ葛藤があるものなんですね。
 アルスラーンくんもそうですが、二十四将や十六将、黒の騎士と
みんな人材を集めるのも好きですよねw

Posted by: 犬塚志乃 | March 15, 2007 09:51 PM

>父親とは
いろいろ葛藤があるものなんですね。

そうですね。アルくんは別に父親のことそんなに嫌いじゃなかったようですが

>みんな人材を集めるのも好きですよねw

偉業を達成するためには「四天王」「七人衆」くらいではとても足りないということなんでは。覚える側は大変ですけど

Posted by: SGA屋伍一 | March 16, 2007 07:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蛇王はまだ待機中 田中芳樹 『アルスラーン戦記』:

« 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい⑰ | Main | 平成ライダーを送る会 »