« 父親たちの日の丸 クリント・イーストウッド 『硫黄島からの手紙』 | Main | 適当掲示板41&ある日のSGA屋伍一A(エース) »

January 24, 2007

名探偵は今日も寝たきり 畠中恵 『ぬしさまへ』

20070124184713またしても日本ファンタジーノベル関連ですが、病弱の若ダンナ一太郎を主人公とする『しゃばけ』シリーズ第二弾。第一弾のレビューはこちら↓
http://sga851.cocolog-izu.com/sga/2006/08/post_ad56.html

江戸有数の商家の若だんな・一太郎は、生まれついての虚弱体質。何かあるとすぐ眩暈をおこし、数日寝込む有様。そんな一太郎だったが、他の人間にはないある特別な力を持っていた。家や野に住む多くの妖怪変化と言葉を交わすことができるのだ。そんな若だんなの周りでは何かと事件が絶えない。なぜか慕ってくる妖怪たちの助けを借りて、一太郎は布団の中で推理を巡らせる。

一作目『しゃばけ』は長編でしたけど、こちらは六つの短編からなる構成。直球・変化球織り交ぜて収録されています。
直球タイプの短編はこんな感じ。まず一太郎の近辺で人死にが出る。関った人を助けようと何とか真相をつかもうとする一太郎ですが、万年体調不良のため、ろくろく布団からでることもままならない。そんな時役に立つのが配下の?妖怪たち。彼らを密偵代わりに寝ながらにして調査を開始します。ところがこの妖怪たちが慌てん坊の上、人間と感覚がずれてるもんだから、報告の内容がてんでばらばら(笑)。しかしそこは名探偵、ちぐはぐに思える情報を冷静に分析して、そのウラに隠された真実をズバッと見つけ出します。
こうした普通のミステリの楽しみもある一方で、「なぜ彼女はこんなに字が下手なのに、気にせず恋文を出したのか」「なぜ殺された老人は庭に毒のある植物ばかり植えていたのか」という一風変った謎も提供されていて、まことにサービスに富んでおります。

変化球タイプの方はレギュラーメンバーの過去にまつわるお話や、一太郎が誰かの夢の中?に迷い込むお話など。わたしが一番印象に残ったのが、この中の「空のビードロ」という話。
一太郎とは対照的に、幼い頃より人から冷たくされてきたある青年が主人公。彼の奉公先でおかみの飼い猫が殺されるという事件が起き、青年はその犯人ではないかと疑われる。彼の窮地を救ってくれたのは、主人の一人娘だった。思いもかけない親切に心和む青年でしたが・・・・
「猫がたくさん殺される」という猫好きとしてはちょっと許し難い内容の上、本シリーズのウリである妖怪が全く出てこないのがアレですが、最後の数ページには思わず「泣かせんじゃねえよ、バーロィ」と言わされてしまいました。

どの話にも深い人情・優しさが感じられます。しかし単なる「いい話」ではなく、人の残酷さ・運命の非情さなどについても必ず触れられています。それがかえって人情のありがたさを際立たせているんですね。まったくもって心憎い。
『しゃばけ』シリーズは現在単行本が五冊、文庫版が三冊刊行されています(新潮社より)。先日番外編となる絵本『みいつけた』も出版されました。これがまた狙いすましたような可愛らしさです。

20070124185443最後に、一つ豆知識。本シリーズの重要キャラクターに「犬神」「白沢」なる妖怪が出てまいります。犬神はともかく白沢ってあんまり聞かないので調べてみましたら・・・・ こんなんでした↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%BE%A4

イケメンの 正体見たり 牛男


|

« 父親たちの日の丸 クリント・イーストウッド 『硫黄島からの手紙』 | Main | 適当掲示板41&ある日のSGA屋伍一A(エース) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名探偵は今日も寝たきり 畠中恵 『ぬしさまへ』:

« 父親たちの日の丸 クリント・イーストウッド 『硫黄島からの手紙』 | Main | 適当掲示板41&ある日のSGA屋伍一A(エース) »