« バカという名のもとに 2006映画ベスト① | Main | 適当掲示版40&ミイラ展報告 »

December 29, 2006

バカという名のもとに 2006映画ベスト②

それでは前回に続きまして、ワースト5&ベスト10を。その前に今年の傾向をざっと振り返ってみましょうか。
邦画では相変わらずコミック原作ものと、「泣ける」純愛ものがやたら多かった気がします。洋画ではヒーローものの続編や、実際の戦争や事件を題材にした社会派の作品が目立っていました。韓国製も引き続きいろいろ公開されていましたが、ブームもそろそろ落ち着きの兆しを見せ始めているようです。

ではワーストから。2位に4作品が並びます。
20060624144027_2・ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛
・ウルトラ・ヴァイオレット
・レディ・イン・ザ・ウォーター
・ブラック・ダリア
カットは『ウルトラ・ヴァイオレット』のつもり。『Zガンダム』『ブラックダリア』は途中まではそんなに悪くなかったけど、風呂敷のたたみ方がひどかったです。『ウルトラ~』は『イーオン・フラックス』の直後という時期が悪かった気もする。似たようなもの続けて見ると、あとの方が印象悪くなりますし。『レディ~』はあの独特の世界観に入り込んでいけませんでした。
20061229174053そして栄えある第一位は
『ジャーヘッド』

兵士さんたちが「退屈だー」と参っている様子をえんえんと見続けさせられる、ひどい映画。面白くないうえにこっちまで気が滅入りそうになる。
予告編観たときはけっこう面白そうだったんですがねー。ここは予告を作ったエディターさんの手腕を讃えることといたします。


さて、ではベスト10のほう行きましょうか。
20060812141118_1第10位 X-MEN ファイナル・ディジション
シンガー派には評判悪いけど、わたしはこれけっこう好きです。サービス満載の上に原作『X-MEN』のスピリットもちゃんと表現してくれたし。つーか、アメコミファンとしてはもっと上に置かなきゃいかんよな・・・・
これからもスピンオフやら続編やらたくさん企画中だそうですが、どこまで信じてよいものやら。

第9位 ゲド戦記(カット)
今年の同情票(笑)・・・・ じゃなくて、わたしにとっちゃマジメにいい映画でしたよ。たぶんアレン少年に同情できるか出来ないかが、この作品に対する好き・嫌いを決めるポイントでなかろうか。ここは夜回り先生のようなひろーい心で鑑賞いたしましょう。


20061229175511続けていきます。
第8位 ALWAYS 三丁目の夕日
第7位 男たちのYAMATO
二つとも昨年末から今年初めにかけて話題をさらった作品。実はどっちにも、かなりボロボロ泣かされた。だったらもっと上でも良さそうなもんだが、作り手の計算に乗せられた気がしてシャクなので、この辺に。『ALWAYS』は先日続編の製作が決定したとか。


20060424162837第6位 ウォレスとグルミット 野菜畑で危機一髪!
ここから三つばかし過剰サービス気味な作品が並びます。
『ウォレス~』は今回クレイじゃない部分もありましたが、なにしろあの『ウォ・グル』を一時間以上楽しめるのですから、そんなことは気にしません。
これまでと比べて、いささかバカ度が高かったことも良かったです。さて、新作が拝めるのは今度は何年後になるのでしょう・・・・ あと、ヒロインがやっぱり化ケモノにしか見えません。


20061229175749第5位 ナルニア国物語第一章 ライオンと魔女
本物にしか見えない野生動物が言葉を話すと、こんなにもかっこよく見えるものなんですねー
主人公の四兄弟が可愛げのない性格だったのに苛立ちを覚えたひともいるようですが、だからこそ連中が一皮向けたときは感動します。例をあげるなら、さんざやんちゃしてきた弟にピー太兄貴が「まず休め」というところとか
続編は再来年だったかな? 


20061229174021第4位 キング・コング
わたしサル系のモンスターにはあまり萌えないほうなので、まさかこの巨大サルに泣かされようとは思いませんでした。コングの悲しみに触れてください! そして泣いてください!!
とはいうもののそこはピージャク。中盤には悪趣味百連発な怪獣祭りもありますので、その筋がお好きな方にはたまらない一品に仕上がっております。
ちなみにピージャクさんは現在『ホビットの冒険』の監督をやる・やらないでもめてるそうです。


20060820182951_1第3位 Death note 二部作
最初は興味なかったんですけど、第二部は今年一番公開が待ち遠しかった映画でした。続きへの期待を盛り上げ、独自のサプライズを用意した第一部を、まずは評価すべきでしょう。そして原作の重要部分をうまく抜き出して、映画独自のアイデアを盛り込んだ第二部『the Last name』も期待に違わぬ出来でした。製作側の戦略に上手に踊らされた気がしないでもありませんが、楽しかったので別にいいです。


20061209190941_1第2位 トンマッコルへようこそ
あのバカっぽいポスターにだまされないでください。たしかにおバカな要素も多々ありますが。
南側の兵士がフラッシュバックで泣きそうになるシーンがあります。わたしもこの映画のことを思い出すと条件反射で鼻水がほとばしります。
狂騒と血しぶきのあとに訪れる、限りなく優しいラストシーン。一連の「南北分断もの」のみならず、全てのコリアン・ムーヴィーのなかでマイベスト。そんなに観てないですけど。

そして第1位は・・・ジャカジャン!
20060527203835_1
『ドラえもん のび太の恐竜2006』

・・・・えー。このチョイスには「二十年以上前オリジナルを観た劇場で、たったひとりで観た」という個人的事情がからんでいます。ただ、それを抜きにしても大変素晴らしい作品でした。ドラと恐竜と子供たちと藤子Fへの、あふれんばかりの愛情を感じます。お子さんをお持ちの方は是非ご一緒に見たってください。

わたしのベスト10ってわりと人に薦められないようなもんが並ぶことが多いんですけど、今年はわりとどれも自信を持ってプッシュできるような・・・・ 『ゲド』以外は(笑)
さて、こちらはこれが今年最後の更新となります。もしまだ命を永らえていましたら、また来年お会いいたしましょう。サイナラ!!

|

« バカという名のもとに 2006映画ベスト① | Main | 適当掲示版40&ミイラ展報告 »

Comments

御用おさめの翌日は脱力系アニメ「おねがいマイメロ」で
久々に笑ったまさとしです(えー
パン太君といい猫ラーメンといい俺は脱力系がいいのかなあ~。
>ALWAYS 三丁目の夕日
続編作るのか・・・・・・。
本編の扉ブチ破りシーンが一番気に入ったシーンでした(えー
続編は「出て行った彼女」が帰ってくるを希望。
>Death note
パン太の「落書き~」が一番笑えた(違
>ドラえもん
見てませんが、今回は脇キャラとかに余計な物がいないようですね。
因みに映画館で始めて見た映画が何と実写版「ドカベン」でした(えー
それではよいお年を・・・・といいながらまた
書きに来るかもしれませんが。
ではでは。

Posted by: まさとし | December 30, 2006 12:04 AM

今年も沢山ご覧になったのですね(知ってたけど^^;)
私は例年数作しか観ないのですが、
今年はちょっとした事情で気楽に映画館に行けたので、
及ばずながらなんとか10作選んでみました。

1 太陽
2 ホテル・ルワンダ
3 明日の記憶
4 フラガール
5 (硫黄島二部作)
6 THE 有頂天ホテル
7 武士の一分
8 トンマッコルへようこそ
9 花よりもなほ
10 単騎、千里を走る

【傾向】
・人死に多し(1,2,5,8)
・邦画志向、純然たる洋物は2だけ
・ケンさんがいっぱい(3,5,7,10)
・総じて若さがない

ベスト10で共に選んだのはトンマだけ。
(コングは去年観たので対象外、入れるなら4位くらいか)
なんとまあ、驚くほど重なりませんでした。

Posted by: 秦太 | December 30, 2006 12:10 PM

>まさとし様
>パン太君といい猫ラーメンといい俺は脱力系がいいのかなあ~。
まあ疲れてたり緊張してるときには気分転換になりますよね。『クロ高』とか。先日『the 三名様』というマンガを読みましたが、こっちは幾らなんでも力抜きすぎだと思いました

>本編の扉ブチ破りシーンが一番気に入ったシーンでした(えー
全体から見ると、あそこはちょっと浮いている気が・・・・ 許容範囲ですが。本編レビューの際にも書きましたが、わたしが一番やられたのは吉岡くんが子供の絵を見てキレるところ。薬師丸さんの「もう呼んじゃった♪」もいいですね

>『ドラえもん』
オススメです。ただ上にも書いてますが、これが一番なのにはたぶんに私情がからんでおります

>実写ドカベン
それはまた微妙なものを(笑) テレビでちらっと見たことあります。本当に弁当がデカかった

それではまた来年もよろしく。年末年始はゆっくりリフレッシュされてください。ではでは

Posted by: SGA屋伍一 | December 30, 2006 08:50 PM

>秦太さま
>今年も沢山ご覧になったのですね(知ってたけど^^;)
本当はもっと自粛するはずだったんですが・・・・ 金も貯まらないわけだ。本当にバカですね

>及ばずながらなんとか10作選んでみました。
秦太さまらしいというか、こちらとはうって変わってマジメなベストだと思います
>太陽
あちこちで良い評判を聞いていますが、紹介を読む限りではかなり客の側に根性というか忍耐を求められそうな・・・・(淡々と日常が描かれるということなので) イッセー氏の一人芝居は一時期けっこうはまっておりました

>ホテル・ルワンダ
これ観たかったんですよ~ HP観たら「全国を順次巡回予定」とあったのでアテにしてたら結局回ってきませんでした・・・ 東京まで行って見ておくべきだったか・・・

>明日の記憶
「最近“もうじき忘れちゃう”っていう映画多いなー」ということで興味なかったんですが、秦太さまが誉めてるということはけっこう良い作品なのかな? 機会があれば見てみます

>花よりもなほ
山田洋次からの流れを感じますが、是枝監督独自のセンスも光ってます。山田作品との最大の違いは、「主人公がメチャ弱い」というところですね(笑)

>・ケンさんがいっぱい
あれ? 『北斗の拳』は?

えー・・・ 秦太さまにオススメできそうなのは『ロード・オブ・ウォー』『ミュンヘン』『時をかける少女』『ウォレスとグルミット』あたりかな。気が向いたらご覧ください

Posted by: SGA屋伍一 | December 30, 2006 09:06 PM

あけおめ!でした。
ドラえもん、あたしは見たこと無いです、、、
3丁目と大和は、05年のベスト10です。
しかしあたしは、よく皆さんの評価と食い違いますからねぇ、、、あは、、
ことよろ!

Posted by: 猫姫少佐現品限り | January 06, 2007 04:27 PM

さっそくどうもです
>ドラえもん
わたしも劇場で観たのは二十三年ぶりくらいでしょうか。この『のび太の恐竜』はマジで名作なんで、フラフラッと迷った時があったら()是非どうぞ
そうそう、『ガメラ ~小さき勇者たち』と通ずるところもありますよ!

Posted by: SGA屋伍一 | January 06, 2007 08:02 PM

初めまして!『カリスマ映画論』の睦月です。
TB&コメントありがとうございます!

なかなかほかでは見受けられない作品がトップ10に並んでいて
興味深く拝見させていただきました。

ベストの方に私のワーストが入っていたり、
ワーストの方に、私のお気に入りが入っていたりで
人それぞれ見方が違うんだなあと面白く感じました♪

では今後ともぜひよろしくお願いいたします!

Posted by: 睦月 | January 08, 2007 03:11 AM

SGA様のワースト1位の『ジャーヘッド』、意外とキライじゃなかったkenkoです。
つか象印にこれまた笑わせて頂きましたwww

『トンマッコル~』は、もともと韓国映画をあまり観ないというのもあり
スルーするトコだったのですが、SGAさんの記事を読み
「こりゃ観なきゃ!」と思いつつ結局スルーしてしまったのでした。私のバカバカ~

SGAさんが1位に選ばなければきっと観ないであろうドラえもんも、
なんだか観たくなってきちゃうから不思議☆

Posted by: kenko | January 08, 2007 05:59 PM

>睦月さま
さっそくコメントありがとうございます
かなり頭の悪いランキングでさぞかし呆れたことと思いますが、笑って見逃してやってください
基本的にうちは「生ぬるく」がモットーなので、世間的に「なんじゃこりゃあ!」ってもんを評価してしまうことがしばしばあります。あとメタメタに叩かれてるのを読むとなんかかばってやりたくなるんですよね・・・
と、言いながらワーストもしっかり選んでますが(笑)
こんなんでよければまたよろしくお願いします


>kenkoさま
>『ジャーヘッド』、意外とキライじゃなかった
こういう意見もよく聞きます。あの独特のまったりした空気がツボにはまるのでしょうか。わたしの低評価の理由には、サム監督の前作『ロード・オブ・パーディション』がけっこう良かったんで、期待値が大きかったせいもあります
あと日本では「ジャー」って普通炊飯器ですよね
>『トンマッコル』『ドラ』
もDVDで出たらぜひどうぞ
韓流、わたしもそれほど観てませんがおすすめできそうなのは『シルミド』かなあ。ひどい話ですが(映画の出来ではなく、ストーリーが)
『グエムル』は微妙(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | January 09, 2007 08:11 AM

検索でたまたまみつけた3年前の記事にコメントも無粋な話だけど
どうしても一言いいたかったので。

Zガンダムについて。

たしかにⅢはTV版のラストを安易なハッピーエンドに差し替えた駄作と捉えられてもしかたありませんが
あのTV版の悲惨なラストが多少なりとも社会に悪影響を与えたという反省からつくられたものなので
TV版とセットで評価しなければならない作品だと思います。

ネットで少しでも富野監督のインタビューなどを調べればあのラストにこめられたメッセージが理解できると思います。

僕自身、TV版のカミーユの姿に『壊れてもいいんだ』『キレてキレてダメになってもいいんだ』と間違った認識をしてしまった当事者であり、20年後の劇場版を見て『ああやっぱりこうでないといけないんだ』とようやく呪縛から解き放たれた思いでした。

あと作品内に限定したところでは後のZZへの繋がりを絶つことでハマーンを救済する物語でもあります。

ハマーン視点で鑑賞するとまた面白い見方ができるでしょう。

以上のことから劇場版Zガンダムは

・TV版ラストがトラウマになっている人
・ハマーンが好きだった人

でなければ心底面白いと言い難い作品であるといえます。

おそらくこのブログを書かれている方には上記の2点があてはまらなかったのではないでしょうか。

でも当てはまる人にとってはこの10年でベストな作品だということです。

それは僕のことなのですが、それでちょっとこの記事の内容がカチンときたので、作品を制作した時点の状況や作り手の歩みなどの情報をキチンと考えた上でこの記事を書いたのかな?と思いコメントさせていただきました。

プロの創作物を批評をする以上はしっかりと情報を把握し整理しなければただの感想にすぎず、でないならば批評めいた体裁はとってはならないと僕は思います。

Posted by: 朝からご苦労様 | October 10, 2009 09:10 AM

>朝からご苦労様さん

ご不快にさせてしまったようで申し訳ありません

わたしが上のように感じた理由は以下の記事に書いてありますので、そちらを読んでいただければ幸いです

http://sga851.cocolog-izu.com/sga/2006/03/z_154d.html

Posted by: SGA屋伍一 | October 11, 2009 07:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バカという名のもとに 2006映画ベスト②:

» 2006年劇場公開映画ベストテン [C note]
よその映画ブログ様を見習って、いっちょまえに2006年劇場公開映画の個人的ベスト [Read More]

Tracked on January 08, 2007 05:45 PM

» 2006年 映画納め [カリスマ映画論]
どうも。『カリスマ映画論』の睦月です。早いっすね、今日で2006年も終りとなります。振り返れば個人的にも、ブログ的にも、世の中的にも・・・ホントにいろんなことがあった1年間でした。ご訪問くださった皆様、TB・コメントをくださった皆様。ホントにありがとうございま...... [Read More]

Tracked on January 09, 2007 04:02 AM

« バカという名のもとに 2006映画ベスト① | Main | 適当掲示版40&ミイラ展報告 »