« 適当掲示板37&ギャラリーSGA | Main | 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より⑯ »

October 31, 2006

世界の中央で生を叫ぶ オリバー・ストーン 『ワールド・トレード・センター』

20061031174349新世紀に浮かれる世界に衝撃の与えた、NY貿易センターの惨劇。それにまつわる1エピソードを、『プラトーン』などで知られるオリバー・ストーンが映画化した作品です。

ニューヨークの港湾警察に勤めるジョン・マクローリン。いつもように家を出て、いつものように勤務につき・・・ ごく普通の一日のはずだった。しかし午前8時46分、ある報せが署に入ってくる。「ニューヨーク世界貿易センタービルの北棟で火災発生」。直ちに出動するジョンと部下たち。その中には身重の妻を抱えるウィル・ヒメノもいた。断片的で不確かな情報を頼りに、なんとか現場にたどりついた一行。とにかく負傷者を運び出さねばと、建物の中に入ったジョンたち。だがその時、膨大な量の土砂が彼らの上に押し寄せる。

映画で見て改めてわかったのは、現場にすぐに急行したグループは、本当に何も知らなかったということ。事故の原因がテロであることも、もう一つの棟にも飛行機がぶつかったことも、損傷を受けたビルが崩壊を始めることも。「下手な操縦士がいたもんだ」とテレビの前で笑っていたりします。でもあの時、事件の首謀者以外は、誰しも似たり寄ったりの反応だったのでは。まさに事実は小説より奇なりというか、酷なりというか。(トム・クランシーが似たような発想の小説を書いていたらしいですが)。
ただ、なにもわからないとしても、そこで災害があれば飛んでいかねばならない・・・ そういうお仕事の人たちもいます。そしてそれゆえに災難に見舞われた二人の様子を、映画は追っていきます。

ややネタバレになりますが、二人が瓦礫の下敷きになるのが始まって50分くらい経過したころ。あとの1時間20分は、ずーっと埋まりっぱなし。ほとんど首から上だけで必死の演技を見せるニコラス・ケイジとウィル役のマイケル・ペーニャを観ていると、なんだかこちらまで息苦しくなってきます。まあそれだけでは映画的にアレなので、彼らを気遣う家族の様子も頻繁に入るんですが、こちらはこちらで胸がつまりそうになります。どちらに感情移入しても大変辛く、「楽しめる」タイプの映画でないのは確かですね。果たして彼らに救いの手は与えられるのか? その結果は実際にご自分の目でお確かめください。わたしゃ、なんかの記事で先にばらされちまいましたけどね・・・

どちらかというと、アメリカを批判するような作品を多く撮ってきたストーン監督ですが、今回は国の事情とかは置いといて、個人の自己犠牲的な精神や、家族への愛情を中心に据えています。「アメリカだけが被害者」という一部の見方には納得がいかないものがありますが、自分の身も省みず懸命に救助に当たった人々には、素直に敬意を表したいと思います。

20061030221430少し前に同じテロの事件を扱った『ユナイテッド93』という作品もありました。わたしはそっちは観てませんが、『ワールド~』よりもややシビアな作品のようで。どちらかといえば、こちらの方が日本人向けの作品だと思います。

|

« 適当掲示板37&ギャラリーSGA | Main | 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より⑯ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/12506256

Listed below are links to weblogs that reference 世界の中央で生を叫ぶ オリバー・ストーン 『ワールド・トレード・センター』:

» ワールド・トレード・センター ~むせび泣くアメリカ人の隣で・・・ [シカゴ発 映画の精神医学]
8月11日アメリカ公開  映画は公開初日に見るものだ。 少なくとも、公開3日以内には見たい。 客層が全く違う。 本当に、その映画を見たい人だけが集まっているから、独特の雰囲気と熱気に包まれる。 「ワールド・トレード・センター」を公開初日...... [Read More]

Tracked on November 03, 2006 at 11:39 PM

« 適当掲示板37&ギャラリーSGA | Main | 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より⑯ »