« テツとの旅 綾辻行人・佐々木倫子 『月館の殺人』 | Main | 試されてバッテン ブライアン・シンガー 『X-MEN2』 »

October 10, 2006

適当掲示版36&SGA屋昆虫記2

朝晩の気温差が激しいこのごろですが、みなさんお元気でしょうか。当ブログにおけるご意見ご感想、その他ありましたらお寄せください。

さて、今回は春から夏にかけて地元で見かけたムシムシをご紹介します。下の方にはラブリーなイモムシちゃんの画像もありますんで、苦手な方はお気をつけください。
まず近所、もしくは仕事中でみかけたメジャーな虫さんたちから
20060726045859_1200606291103012006081516282120060831102606


向かって左から。階段の下に落ちていたイキのいいクワガタ。その次は擬態の名人ナナフシ。緑色のものは初めて見ました。ついで「悪女」の代名詞カマキリ。スタイルいいですね。一番右がやけにきれいだったコガネムシ。画像じゃわかりづらいかもしれませんが、本当にきれいな黄金色をしていました。

ついで伊豆大仁町の「町民の森」で見かけた虫さんたちです。
20060827130302200608271459442006082714061720060827124923


向かって一番左が「町民の森」の風景。次いでかなり大きなクワガタ。知り合いの子供と遊んでいたら、どこぞのおじさんがくれました。もっといないかと思ってその辺探したんですけど見つかりませんでしたねえ。ついでふらふら飛んでたトンボ。体調が悪いのかこんな風に指先で持っても抵抗ひとつしませんでした。一番右のこれは・・・ショウリョウバッタだったかな? ほかにアメンボなどもいまして、ムシ好きには楽しいところでした。

最後にうちの母の自由研究。今年もやってたんです。ではチョウが子供から大人になるまでをどうぞごらんください
20060907223335200609100702472006091312161620061008124252


今年は5匹育ててたんですが、最初の三匹をパタパタとダメにしてしまい、「むずかしいね」なんて言ってました。幸いあとの二匹は無事成虫になりましたけど。

そろそろ外では鈴虫やらキリギリスが鳴き出すころですね。♪ああ 面白い 虫の声

|

« テツとの旅 綾辻行人・佐々木倫子 『月館の殺人』 | Main | 試されてバッテン ブライアン・シンガー 『X-MEN2』 »

Comments

それでは僭越ながら、まるっと同定してみます。

●上段左より
・ノコギリクワガタ♂(いいサイズです)
・エダナナフシ♀(単為生殖なので、ほとんど♀しかいない)
・オオカマキリかチョウセンカマキリ(幼体)
・シロテンハナムグリ(たぶん)

●中段左より
・景観
・ミヤマクワガタ♂(大変いいサイズです)
・たぶんアキアカネかナツアカネ(胸部の模様が見えないと識別困難)
・ショウリョウバッタ(ご名答です)


さて・・さてさて・・・問題は下段のアゲハです。
見た瞬間、「あーっ、あかん間違えてしもた~!!!」と激しくうろたえましたですよ。
先日私は、日記の方で蛹脱殻写真を拝見して、「クロアゲハ」だと書きました。
しかし下段右端写真の成虫はどこをどうみても「モンキアゲハ」です。ぎゃー!

でもよく見ると、成虫と一緒に写っている蛹の脱殻は、となりの写真の蛹や日記10月1日の写真の脱殻とは別の個体ですね。
もしかすると、5個体の中にクロとモンキが混ざっていたのかもしれません。
前にご紹介した晶子さんの画像集などをもう一度確認してみましたが、日記の脱殻はやはりクロのように見えます。
左端写真の鳥糞状の若齢幼虫は、ちょっとわかりません。
電源コードにくっついてる前蛹も、識別点である背中の紋が見えないのでお手上げです。
チョウの飼育観察に慣れた人なら、これらの幼虫写真だけでも解ると思いますが、飼育をやらない私の能力では厳しいです。

ということで、モンキとクロの両方だった可能性が高いと思いますが、もし間違っていたら、ごめんなさい。

Posted by: 秦太 | October 16, 2006 01:31 AM

【訂正】
(誤)エダナナフシ⇒(正)ナナフシモドキ

「エダナナフシじゃなくてナナフシモドキだな」と判定して、
その思考過程の前半だけ出力してしまった自分のバカバカ。

Posted by: 秦太 | October 16, 2006 01:40 AM

同定ありがとうございます。いつも助かります
>ナナフシモドキ
いまちろっと調べてみましたら、一番普通のナナフシのことを正式には「ナナフシモドキ」というんですね。「~モドキ」とついてるとなんだか亜種のような感じがしますが

>・ミヤマクワガタ♂(大変いいサイズです)
しまった・・・ やはり子供からふんだくって換金するべきだった・・・ ぼくのバカバカ

>下段のアゲハ
えーじつは今思い出してみたら、おっしゃられるように全部別の固体でした。同じ木についてたんでたぶん同じ種類だろうと考えてたんですけど、先日母に確認してみたら、日記でUPした空のサナギのやつは、確かに白い模様がなかったとのことなので、おそらく「クロアゲハ」だったと思われます。こちらこそ紛らわしくてもうしわけありませんでした

ちなみにコードにくっついているものはサナギのまま腐ってしまってお亡くなりに、上の画像のサナギは中からまた別のムシが二匹ほど出てきて(うげげ)やっぱりお亡くなりになられました。サナギが全部成虫になれるわけではないんですねェ。お気の毒でした

Posted by: SGA屋伍一 | October 17, 2006 07:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示版36&SGA屋昆虫記2:

« テツとの旅 綾辻行人・佐々木倫子 『月館の殺人』 | Main | 試されてバッテン ブライアン・シンガー 『X-MEN2』 »