« 適当掲示板32&ナルニャー国物語 ライオンとネコ | Main | 機械じかけのオレんち 綾辻行人 『びっくり館の殺人』  »

July 25, 2006

三度目の不正直 J・J・エイブラムス 『M:ⅰ:3』ほか

20060718142049でんでんでんでんででんでけ でんでんでんでんででんでん・・・・
現在最新作「Ⅲ」が公開中の『M:ⅰ』こと『ミッション・インポッシブル』シリーズについて、きょうは語ります。

わたくし『007』を見ているときに、いつも疑問に思っていることがありました。それは「スパイがあんなに目立ってしまっていいものか? もっとこそこそやらなくちゃいけないんじゃ?」というもの。ま、「そ-いう話だから」と言われてしまったら、それまでのことなんですけど。
そんな疑問を解消してくれたのが巨匠ブライアン・デ・パルマ監督によるシリーズ第1作(1996)。テレビドラマ『スパイ大作戦』を大胆にリメイクし(やりすぎて旧ファンは怒ったらしい)たこの作品は、アクションのけれんみも十分に取り入れつつ、スパイの醍醐味である「こそこそ感」「後方との連携」「だまし・盗み」といったテイストが存分に発揮されていました。それだけでなく、職業上ウソをつかなければいけない、人を信じてはいけない・・・といったスパイの悲哀感も、物語に厚みを加えていました。

思わせぶりなラストシーンから、当然続編が作られるものと期待したら、やっぱり来ました。監督を香港出身のジョン・ウーに変えて製作された『M:I-2』(2000)。ところがですねー、これがー、ですねー、前作にあった「こそこそ感」がさっぱりどこかに行ってしまいまして。目立ちまくり・鉄砲撃ちまくりのごく普通のアクション映画になっていました。主人公イーサン・ハントの性格も青臭い若者から気障なジゴロに変貌していて、少なからずがっかりいたしました。普通の一本の映画として観るならば、そこそこ楽しめるんですがねえ。

さて、この度公開されました第三作。二作目がそんな感じだったのであまり期待していませんでした。予告編を見ても「まーた、派手にぶっこわしてるなあ」という感じでしたし。それでもかすかな希望を抱いて見に行ったところ・・・やっぱり派手にやらかしておりました(笑)。ただ今回はどちらかと言うと、第一作の方に空気が近かったように思えます。平凡な生活とスパイという職業の両立に悩むハント。数人のスペシャリストが綿密な計画を立てて挑むミッション。誰が敵で誰が味方なのか・・・という不安。冒頭からクライマックスまで、腰の落ち着かないような緊張感が漂っていました。フィリップ・シーモア・ホフマンとローレンス・フィッシュバーンの不気味な演技がそれを増幅させています。

個人的な評価で言うと、1>3>2といった具合です。最近のハリウッド大作は「三作で終らせる」という風潮がありますけど、果たしてハント君の再登場はこの先あるのでしょうか。
20060723204421

|

« 適当掲示板32&ナルニャー国物語 ライオンとネコ | Main | 機械じかけのオレんち 綾辻行人 『びっくり館の殺人』  »

Comments

どーもです!
こちらにもおじゃましました(o'(ェ)'o)

なぜだか、あのトムクルーズがぶら下がっている絵気に入ってます(笑)

また絵アップしてくださいね♪

Posted by: 落ち武者 | July 29, 2006 at 02:08 AM

ミクシィからわざわざ来訪ありがとうございます

わたしの描くもんは「絵」というより「落書き」ですね
でもせっかくお褒めにあずかったので、こうなったら日本一の「落書き王」を目指します(←調子に乗りやすい)

またコミュの方でもよろしく

Posted by: SGA屋伍一 | July 29, 2006 at 12:20 PM

やたっ♪TBできました~\(^o^)/
>最近のハリウッド大作は「三作で終らせる」という風潮がありますけど
そうなんですか。でもこの作品、まだまだ作れそう(笑)
次は家族愛で決まり!な~んてね。

関係ないけど、猫くん、かわいい♪

Posted by: そら | August 13, 2006 at 01:42 PM

TB&ご来訪、ありがとうございます
>でもこの作品、まだまだ作れそう(笑)
次回作の時には「結婚? なにそれ?」みたくなってるかも
今回前作のヒロイン、影も形もなかったですから・・・・

>猫
ニャン太と申します(安直)。どうぞごひいきに

Posted by: SGA屋伍一 | August 13, 2006 at 07:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/11097640

Listed below are links to weblogs that reference 三度目の不正直 J・J・エイブラムス 『M:ⅰ:3』ほか:

» 「M:i:?」 [日だまりで読書]
先週水曜日、家族で観てきました。 レディス・デイだし、夏休みだし、混んでいるかと思ったら、意外に空席が目立ちました。 同じ時間帯に『ポケモン』をやっていたので、そちらに人が流れたのかな。 映画自体は、うん、まぁ... [Read More]

Tracked on August 13, 2006 at 01:36 PM

« 適当掲示板32&ナルニャー国物語 ライオンとネコ | Main | 機械じかけのオレんち 綾辻行人 『びっくり館の殺人』  »