« 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい⑪ | Main | 三度目の不正直 J・J・エイブラムス 『M:ⅰ:3』ほか »

July 22, 2006

適当掲示板32&ナルニャー国物語 ライオンとネコ

みなさん、こんばんは。毎度ぱっとしないこのコーナーです。ご意見ご感想その他お寄せください

「mixi」はじめました。はやくもいっぱいいっぱいです(笑)
さて、今回は任侠Vシネ路線でお送りします。おひけえなすって

2006050312572320060625134607伊豆一帯でその名を知らない者はいないと言われている、伝説の極道がいた。
その名はモン吉。
ある日モン吉は敵の卑劣な罠にかかり、全身の毛を全て剃られてしまう。
仁義を忘れた非道なやくざたちに対し、いまモン吉は復讐の牙を研ぐ。


20060702202617_1「アニキ・・・ どうしてもいくんですか?

お願いですから考えなおしてください!

いくらアニキが強いからっていっても、あいつら数が多すぎる

多勢に無勢だ! かないっこありませんよ!!」


20060629175232「いいか、SGA。よく聞け。
男にはたとえ無理とわかっていても、やらなきゃならねえ時ってのがある。
いまがその時よ
獅子の誇りのたてがみを奪われて、黙ってひきさがるほど

このモンさまのプライドは安かねえのさ」


20060721185518(すげえ・・・ 
アニキ、すげえよ! 超かっこいいよ!

・・・・でも一言言わせてくれ、アニキ
アニキは獅子じゃない

「ネコ」だ!!)


20060629175232_1「わかってくれたか

それでこそ、オレの舎弟だ

じゃあ行くぜ! SGA!

狂犬狩りだ!!」


20060721185518_1
「へい!
がってんだ!!

・・・って、アレ?

オレも行くの?」


つづかない


|

« 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい⑪ | Main | 三度目の不正直 J・J・エイブラムス 『M:ⅰ:3』ほか »

Comments

かわいい!!やっぱかわいすぎる!!!
振り返ってるモンちゃん!!!
思わず「ドラちゃんだ~!!!!」と見当違いな黄色い叫びを黄色いケーキを挟んで上げてしまったアレですね。アレがこのように見事にハマるとは。
マジかわいい…。
もう、「かわいい」という言葉にしかならない…
アレ?そういう話じゃないんだったか。失礼しました。
ご近所が冗談抜きでVシネ任侠状態になりそうとのこと お気をつけて

Posted by: 高野正宗 | July 24, 2006 09:19 PM

>黄色い叫びを黄色いケーキを挟んで上げてしまったアレですね

アレです(笑)。まあ可愛いと言えなくはないですが、目つきはやっぱり野獣のそれです

>ご近所が冗談抜きでVシネ任侠状態になりそうとのこと 

ビクビクして生きてます。友人なんか、毎日そこの事務所に届け物してるんですが・・・ 

Posted by: SGA屋伍一 | July 24, 2006 11:28 PM

まいどです。
>伝説の極道がいた。その名はモン吉。
あっ、極道に転身した。でもたてがみは無いだろ(笑)。
>狂犬狩りだ!!
狂猫狩りじゃ無いのか?
なんかホントにやばいところみたいですね。大丈夫か?
我が関西の某地区より恐いところは無いと思うのだか・・・
・・・・昼間でも平気で歩けるのかという事です。
モン吉親分の弾除けにされない事を祈ります(えー
ではでは。 

Posted by: まさとし | July 30, 2006 08:17 AM

ネコ+極道というと、『What's Michael?』でそんなネタがありました。『じゃりんこチエ』でもあったような

>狂犬狩り
これ『ドーベルマン刑事』というマンガのセリフをぱくったものです

関西も最近山○組がけっこうやばいみたいですよ。お互い気をつけましょう

>モン吉親分の弾除けにされない事を祈ります(えー
せめて
「アニキ危ない!」(ダーン!!)「S・・・SGAああ!」
こういう形で逝きたいです

ではでは

Posted by: SGA屋伍一 | July 30, 2006 09:04 PM

 ネコというと神林長平 

 モン吉「あたい涼しいから仇討ちはいいよ」
 これを言ったらどうしよう~ですw
 気の抜けたムードで行きましょうw
>狂犬
 からの挑戦状
 モーグリム(遠藤憲一)「暑いから動くのヤダ」
 狼なのに。
>友人なんか、毎日そこの事務所に届け物
 モーグリム「なあボク中身見ただろ、怒らないから言ってみ」

Posted by: 犬塚志乃 | August 10, 2006 08:57 PM

> ネコというと神林長平 
敵はパイレーツ・オブ・ギャラクシーですね

>モーグリム(遠藤憲一)「暑いから動くのヤダ」
彼は冬の時のほうが生き生きしてましたしね
ジャングルブックの主人公も「モーグリ」でしたが、一匹狼というだけあって、無免許の方が多いのでしょうか
遠藤氏はみなもと先生の本で「無名塾出身」とありましたが、実際は一週間でやめちゃったそうです

>「なあボク中身見ただろ、怒らないから言ってみ」
「そんな! 鉄砲と白い粉なんか見てません! ちょっと、やめ・・・」
その後、彼の姿を見たものはいない・・・・・とならないことを祈ります 

Posted by: SGA屋伍一 | August 11, 2006 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板32&ナルニャー国物語 ライオンとネコ:

« 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい⑪ | Main | 三度目の不正直 J・J・エイブラムス 『M:ⅰ:3』ほか »