« 適当掲示板26&花見報告2006  | Main | 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より⑥ »

April 10, 2006

チーズは誰にも渡さない ニック・パーク 『ウォレスとグルミット』シリ-ズ

現在最新作が公開中。クレイ(粘土)アニメの面白さを世間に知らしめたシリーズです。
ひょうたんみたいな顔のウォレス氏は発明家で病的なまでのチーズ好き。いつもくだらないけどすごい発明をしては、自分からトラブルに巻き込まれていきます。そのウォレスを影で支えているのが忠犬グルミット。犬だけど運転・料理なんでもござれ。ピンチに陥ったパートナーを助けるために、粉骨砕身・不撓不屈の精神で画面をところ狭しとかけずりまわります。

これほど単純に見ているだけで楽しい、という映像はそうありませんね。自分の中でこれに匹敵するのはバスター・キートンの諸作くらい。キャラの一人一人、小道具の一つ一つがなんでこうまで、というくらい愉快。理性を飛び超えて、脊髄に直接訴えかけてくるような面白さです。ではこれまでに発表された作品を、順を追って解説していきましょう。

・『チーズ・ホリデー』
家の中のチーズが尽きたことに気づいたウォレス氏。この際だからチーズで出来てる月(西洋ではそういうことになってるらしい)へ行き、チーズをカバガバ採ってくることを計画。あっという間にロケットを完成させ、月世界へと旅立ちます。するとそこには変なロボットがいて・・・
ニック・パーク氏が一人で作ったためか、後の作品とくらべると、いささかおとなしめでシュールな味わい。全部で23分しかないのに製作に六年もかかったというところが泣けます。

・『ペンギンに気をつけろ!』
街で頻発する窃盗事件。そのころウォレスの家に風変わりなペンギンが間借り人としてやってきます。巧みにウォレスに取り入るペンギン。彼の狙いとは?
脚本にボブ・ベイカー氏を加え、いよいよ面白さに歯止めがかからなくなっていく第二作。すっとぼけた面のペンギンや、「自動ズボン」なる珍発明、クライマックスにおける猛チェイスとグルミットのスーパーアクション。おなかいっぱいの29分です。

・『ウォレスとグルミット、危機一髪!』
窓拭き商売を始めたウォレスとグルミット。ウォレスは顧客の一人である毛糸屋の女性を好きになってしまう。しかしこの女主人、どうやら後ろ暗い秘密を抱えているようであり・・・
この作品で光るのはメカ・アクションでしょうか。登場するサイドカーのギミックがまことに奔放。あとプッチンプリンのCMにも登場した大量の羊たちが物語を盛り上げます。こちらは31分。

・『野菜畑で大ピンチ!』
いま公開中の最新作。「巨大野菜コンテスト」を控え、コンビは野菜を食い荒らすウサギ捕獲に追われていた。作戦は順調にいっているかと思われたその矢先、街にウサギの怪物が出現する。
今回は怪獣映画。なにしろ『ウォ・グル』が一時間二十五分も楽しめるのがうれしい。ヒロインがいかりや長介の化け物みたいなのがアレですが、珍発明、動物の群れ、大追跡は健在でこれまでの集大成といった趣。
グルミットが大切に育てた巨大ウリに別れを告げるシーンは涙なくしては見られません。

他に『ウォレスとグルミットのおすすめ生活』という2分の短編が十本入ったDVDがあるそうですが、貧乏のため未見です。クレイアニメというやつはとにかく作るのに時間がかかるそうなので、次が見られるのはいつのことでしょうか。
公式サイトはこちらです↓
http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/wandg/

|

« 適当掲示板26&花見報告2006  | Main | 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より⑥ »

Comments

 ウォレスのモデルはニックPのおとっつぁんだそうです。
ゆかいなおとっつぁんですねw
 グロミットとのやり取りが「しょうがないな」みたいだったのは
ご主人というよりは、父親を扱う感じなんでしょうね。
 ところでウエィン町山さんのサイトではグロミットとあり誤植か?
とも思いましたがどうもこう読むらしいです。
 そういえばプリンのCMに出ていました出ていました。
ぷっちんぱぽぺ。
 チーズホリデーのみ見たことがありますが、あのロボは何でしょうか?あのコインのギャグがドックファイトで使われた、と思うのは
考えすぎですね。向こうは月がチーズでできているんですか?
確かに凸凹でやんす。
 ラダムやシルバーミレニアムやサテライトシステムは残念ながら
出てきませんでしたね。

Posted by: 犬塚志乃 | April 22, 2006 at 08:04 PM

>ウォレスのモデルはニックPのおとっつぁんだそうです。

そいつは知りませんでした。あんなお父さんいたら、毎日がさぞ
A:楽しそう
B:大変そう
どっちでしょう。『ぼくの叔父さん』ならぬ『ぼくの親父さん』だったんですね


>グロミット

これも知りませんでした。たった一字違うだけで、けっこう印象かわるものですね。「グロ」だったら日本ではこんなに人気でなかったかも。

>あのロボは何でしょうか?

謎です(笑) これに比べると『野菜畑』はかなりわかりやすい話でした

>ラダムやシルバーミレニアムやサテライトシステムは残念ながら
出てきませんでしたね。

ラダムとサテライト~はまだ先の話でしょう。「月アニメ」というと、わたしは『グランゾート』とか思い出します

Posted by: SGA屋伍一 | April 22, 2006 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/9525811

Listed below are links to weblogs that reference チーズは誰にも渡さない ニック・パーク 『ウォレスとグルミット』シリ-ズ:

» ウォレスとグルミット [オレンヂ城]
 >恐怖・ウサギ男の恐怖、キャー  SGA様へ    >どーんといってみよう  ウォレス(声・欽ちゃん)と忠犬グルミットは 野菜を天敵ウサギから守る為、ゴールデンイーグルス ではなくアンチ・ペストを結成、アメリに出てきたような ドワーフの人形などのセキュリティにウサギが探知 されるやサンダ−バードのごとくワンダバワンダバと 出動します。  町民は野菜コンテストで優勝するために丹精こめ て育てているのですが変な農薬でも使っている のか?と思うくらいデカイ野菜です。  愛情をこめれば大きくなるのでしょう... [Read More]

Tracked on April 26, 2006 at 08:21 PM

« 適当掲示板26&花見報告2006  | Main | 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より⑥ »