« 燃えるポエム野朗 ~三月のポエム | Main | 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい④ »

March 22, 2006

まだ終わらない大晦日 三谷幸喜 『THE 有頂天ホテル』

大好評につきもうちょっと公開するようですが、いまのうちにやっときます。

学生のころ、保養所でバイトしてたことがあります。普段は7、8人くらいしか客が来ないのに、大晦日に限っては百人くらい入りました。「いくら何でも差がありすぎだ」と思ったものでした。つまり、何が言いたいのかと申しますと、「宿泊施設にとって、大晦日は死ぬほど忙しい日」ということです。そんなただでさえてんてこまいなところへ、授賞式は行われる、記者たちが押し寄せてくる、総支配人は自分のことしか頭に無い、服は盗まれる、ペットは逃げ出す、不法侵入者はいる、部屋を嵐のように散らかす、自殺しようとする者までいる・・・・ 従業員にしてみれば、「いっそ殺せ」と言いたくなるような、そんな地獄の二時間ちょいを描いたムービーです。

ひねくれ者のようでいて、いつも健康的なメッセージをなげかけてくる三谷さん。今回は「夢をあきらめないで」ということがメインテーマになっているようです。ずっと成功続きのように思われている三谷さんですが、お若いころはそれこそ挫折の連続だったそうです。そういう背景を知ると、メッセージにもそれなりの重みが出てくるというもの。

以下は役にたたない感想、予備知識をダラダラと。思い切りネタバレしてます。

・主役の役所広司演じる新堂さん。夢をあきらめ別の仕事をしていたあるとき、別れた妻と再会。必死でいまの境遇をごまかそうとする・・・ この設定、企画ものとして三谷さんが書いたドラマ『三番テーブルの客』を思い出させます。『三番・・・』の方は元夫がウソがばれてた、と気づいたところで終わるのですが、こちらではその後も描かれます。ですから、ウン年越しの『三番・・・』完結編ということもできるかもしれません。また「しんどう」という名前は演劇『ショー・マスト・ゴー・オン』の主人公(舞台監督という設定)を思い出させます。性格はまるで違いますが。
役所氏のシーンで一番印象に残ったのは、無理矢理授賞式で受賞者でもないのにスピーチまでやりだしてしまう場面。痛々しくて見てられませんでした(笑)。

・今回のメインヒロインは松たかこ嬢ということになるのでしょうが、YOUと篠原涼子の毒気に食われてあまり目立たなかった気がします。個人的に萌えたのは役所さんにからむ元・妻役の原田美枝子さんと、現・補佐役の戸田恵子さん。いよいよオレも熟女道か。

・一番笑ったシーンは佐藤浩市(汚職代議士)が香取慎吾(ベルボーイ)に「ありがとおおお」と迫ってる後ろで、篠原涼子(コールガール)が「あたし鴨が食べたーい」と言ってる場面。『新選組!』を観てないとわからんところではありますが。面倒なんで数えませんでしたが、今回かなりのキャストが『新選組!』および『HR』とかぶっています。なぜか『CASSHERN』からも三名ばかし重複。『HR』といえば、慎吾くんのラッキーアイテムがめぐりめぐって自分に戻ってくるというくだり、同じエピソードがありましたが、『HR』よりも凝っていて、スケールもアップしてます。

・マイベストキャラクターはホテル探偵を演じる石井正則氏。最初は「自分の世界に酔いすぎ」と思いましたが、いつのまにかかっこよく思えてくるから不思議。鉄パイプかなんかもって総支配人を追っかけまわすところが特に決まってました。他に印象に残った男優というと、髪の生え際が相当ヤバイことになってる唐沢寿明とオダギリジョー。この二人は仮面ライダー経験者という点でも共通してます。もっとも唐沢氏の方は中に入ってただけで、素顔は見せてませんが。

・東京サンシャインボーイズの面々も相変わらず出てきます。と言っても、今回は本当にチョイ役のチョイ役ばっかり。比較的出番が多かったのは大会社の社長令息を演じる近藤芳正氏・・・と思ったら、この人は正式な「サンシャイン」のメンバーではないそうで。次回作は舞台『ハゲレット』・・・ってなめてんのか! フランスに留学してたという梶原善氏の姿を久々に見られたのは良かった。

偶然が多い、クライマックスがややだれるなどの難点もありますが、素直に笑えて、元気の出る映画。一家の平和と健康のために、是非。

|

« 燃えるポエム野朗 ~三月のポエム | Main | 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい④ »

Comments

お久しぶりです。

ほんと、素直に笑え元気のでる映画!その通りと思います。
組ファンとしては、あのキャストがどうだとか色々考えて(笑)
キャストの濃さに、少々脳内が疲労しましたが、
さすが三谷さん!って思える明るい映画と思いました。

私も石井正則さんベストキャラだったかも?!
だってホテルの中で実際は、一番有りえない存在で(笑)
石井正則さんこそ!みたいな、ほんとハマリ役でしたねー

Posted by: もも | March 23, 2006 at 12:55 AM

こちらこそご無沙汰しております。お宅は拝見してますよ~

>組ファンとしては、あのキャストがどうだとか色々考えて(笑)

ですね。香取&佐藤浩市は、近藤と芹沢が現代に生まれ変わったらこんな感じかな、と思えました。伊東四郎さんも。

>石井正則さんこそ!みたいな、ほんとハマリ役でしたねー

『古畑』とは違う個性でしたが、違和感なかったと思います。実は『古畑』の彼と腹違いの兄弟なんじゃ、と勝手に憶測しております

Posted by: SGA屋伍一 | March 23, 2006 at 07:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/9209840

Listed below are links to weblogs that reference まだ終わらない大晦日 三谷幸喜 『THE 有頂天ホテル』:

« 燃えるポエム野朗 ~三月のポエム | Main | 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい④ »