« 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より③ | Main | 4回回ってワンと鳴く 川原泉 『銀のロマンティック・・・わはは』 »

February 27, 2006

スリとサスペンス C・ディケンズ R・ポランスキー 『オリバー・ツイスト』

昼下がりの授業。周囲が沈没している中、なんとなく起きていたわたしと他数名のために、I先生は一生懸命英国文学について教えてくださいました。先生がディケンズに関して言うことには
・深いテーマとかはない
・キャラクターは類型的
・でも面白い
こんなとこだったかと。あれから10年くらい経ちましたが、すいません、まだ一冊も読んでません。
そんなうしろめたさも手伝って、行って参りました。『オリバー・ツイスト』です。

人にはめられやすい星の元に生まれたオリバー少年は、そういう体質のためにまず救貧院を追い出され、次いで奉公先を家出することになります。大都会ロンドンに行けば、なんとかなるかもしれない― そう考えたオリバーくんは、ひもじい思いをしながらテクテクとロンドンへ向かいます。19世紀ロンドン、そこは様々な人が暮らし、行きかう場所。スリ、置き引き、ひったくり、かっぱらい、強盗、ペテン師、詐欺師、イカサマ師、エッチマン・・・・ そんなところに田舎育ちのオリバーくんが行って、無事に済むはずも無く、さっそく少年スリチームのリーダーにスカウトされてしまいます。少年はこのまま悪の道に引き込まれてしまうのでしょうか。嗚呼。

この作品にはごくごく一部を除いて、ろくな大人が登場しません。みな、子供を食い物にすることばかり考えています。そんな大人たちの思惑の前に、オリバーくんはただオロオロと流されるばかり。どんどん悪い方へ向かっていくオリバーくんの道筋は、ヘタなアクションものよかよっぽどハラハラさせられます。名作劇場の主人公であれば元気と機転でなんとかするのでしょうけど、実際たった9才の少年にそれを期待するのは酷というものです。しかしオリバー君は最後の最後で、この残酷な運命に抵抗します。その勇気とわずかな人々の善意が、彼と周囲の境遇を大きく変えることになります。

けれど結末はめでたしめでたしというよりも、ややほろ苦い感じ。そういうまとめ方とか、運命のいたずらに翻弄される群像、「悪いことをしながらいいことをする」人々を描いているところは、池波正太郎の時代小説となんか似ています。一見名作劇場のようで、そういうのには向かない作家みたいですね。ディケンズは。実はディケンズ作品、過去一度だけ長編アニメになったことがありますが、その作品も結末は・・・・でした。
知ってる方は知ってると思いますが、監督のロマン・ポランスキー、この方も相当壮絶な人生送ってるんですよね・・・ ご興味おありの方はこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
をどうぞ

さて、冒頭に述べたI先生、病気がちだったのでその後のご様子など心配だったのですが、先日新聞で新著を発表されたことを知りました。まだお元気みたいでなによりです。ちなみにこの方、さる有名な文学者の息子さんなんですけど・・・・

|

« 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より③ | Main | 4回回ってワンと鳴く 川原泉 『銀のロマンティック・・・わはは』 »

Comments

ディケンズって一冊だけ読んだコトありますけど、ホント、なんつーか深みとかないですよね。なのになんでかそこがいいっつーか。
類型的なのに、娯楽ではないというか(超俗っていうんですかねぇ?)。
捻くれた解説者ならともかく、そーいうこときっぱりと教えてくれる国語の先生って素敵ですねー♪

Posted by: 紅玉石 | February 27, 2006 08:50 PM

>ディケンズって一冊だけ読んだコトありますけど

そ、それはお偉い・・・ わたしはまだ一冊も読んでないので・・・
他には『クリスマス・キャロル』とか、最近映画になった『大いなる遺産』とか有名ですよね。ディケンズは。

>類型的なのに、娯楽ではないというか

そうですね。確かに「娯楽」とは言いがたいですが、ファンに言わせると、「純粋に先がどうなるのか知りたい!」と思わせる魅力に満ちているそうです。
愛読者の中には続巻を載せた船が来た時、「早く読みたい」と気がせくあまり、桟橋だかから落ちて溺れ死んじゃった人もいたそうです。ちょっと言葉もないですね(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | February 27, 2006 09:27 PM

お久しぶりです。

スリ少年たちはみんな愛らしくてすてきでした。そうして生きていかなければならない時代。日本でもあった。今はそうしなくても生きていけるはずなのに……。当時のロンドンの街や服装を再現した映像、美術がすてきでした。

>ヘタなアクションものよかよっぽどハラハラさせられます
まさにはらはらどきどき手に汗握る展開でした。
こういうのは、私の場合家で見ていたら一番はらはらの時に、トイレに立ってしまうという愚か者なので、映画館で見るのが正解です。絶対に目を背けられませんから。
「新選組!」でも、近藤周平が脱走するかものいじめられる回はほとんど目を背けてました。

Posted by: kakakai | February 28, 2006 09:25 PM

kakakaiさま、ブログの方お疲れ様でした

>スリ少年
ワルぶってるんだけれど、根はいい子なんだろうな~ というドジャー君も印象的でした。彼のその後が気になります。そおれにひきかえ葬儀屋のとこにいたガキの憎たらしいこと

>「新選組!」でも、近藤周平が脱走するかものいじめられる回
この二つの例から学べるのは「付き合う仲間はよく選ぼう」ということですね(笑) まあオリバー君の場合ほとんど不可抗力に近いものがありますが。

Posted by: SGA屋伍一 | March 01, 2006 08:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スリとサスペンス C・ディケンズ R・ポランスキー 『オリバー・ツイスト』:

» もしや『チャーリーとチョコレート工場』のチャーリーのおばあさん? [映画『オリバー・ツイスト』ブログ 〜ロンドンまで70マイル〜]
オリバーがロンドンへ向かって70マイル歩いて行く途中行き倒れた時に 彼の人生で初めて優しくしてくれて家で介抱してくれたおばあさん。 出番は少ないながらなかなか味のある顔で、 特に彼がロンドンを目指して歩いていると知った時に見せる あの“この子の行く手にはどんな困難が待ち受けているんだろう”みたいな表情が とっても心に残りました。 気になっていた矢先、&..... [Read More]

Tracked on February 28, 2006 03:47 PM

« 戦国鬼嫁日記 ~大河ドラマ『功名が辻』より③ | Main | 4回回ってワンと鳴く 川原泉 『銀のロマンティック・・・わはは』 »