« 適当掲示板20&ニャンコ先生との対話、など | Main | 超人の星 遠崎史郎ほか ドラマ版『アストロ球団』 »

January 08, 2006

恐怖の宇宙スゴロク ジョン・ファブロー 『ザスーラ』

CG映画の草分け的存在ともいえる『ジュマンジ』がパワーアップして(?)帰ってきた! というわけで、たぶんまだ公開中のこの映画について書いてみます。

離婚した両親の間を行ったり来たりして暮らすウォルターとダニーは、6つ年の離れた兄弟。男兄弟にありがちなことだけれど、この二人、なかなかに仲が悪い。その日もケンカの末地下室に追いやられたダニーは、そこで「ザスーラ」と名づけられたレトロ臭漂う「宇宙探検」双六を発見する。
何の気なしにゲームを始めた始めてみると、「流星雨に遭遇」というカードが出てくる。するとほんとに星の破片で穴だらけになるリビング。外を見渡すと、屋敷は宇宙のど真ん中を漂流していた。それは書いてあるイベントを実現してしまう、恐怖の人生ゲーム(宇宙編)だったのだ。地球に帰るには、難関をクリアしてどちらかがゴールまでたどり着くしかない。チームワーク抜群(笑)の二人は、無事に母星に帰還することができるか。

前作『ジュマンジ』はジャングル探検がモチーフとなっていた作品でしたが、今回は無限の大宇宙が舞台。話のスケールは拡大してますが、尺の長さは少々短縮されています(笑)。原作はその『ジュマンジ』や、『ポーラー・エクスプレス』といった作品で知られるクリス・バン・オールズバーグの絵本です。童話です。ファンタジーです。だからなぜそんなスゴロクができたのかとか、どうしてそんな現象が起きるのか、といった説明は一切ございません。前作は「ノスタルジー職人」ジョー・ジョンストンが監督を務めたため、いささか大人の視点から見た甘酸っぱい要素もありましたが、今回は純粋に子供たちへのサービスと教育がつまった内容となっています。ですから大人は頭を空にして、童心に返って鑑賞されるとよいでしょう。

この映画でよく描けてるなあ、と思ったのが、先にも述べた兄弟ゲンカの描写のキメ細かさ。兄は何かにつけ弟を苛立たせ、弟はいちいちそれに対し向きになって反応する。「ジョンさん、昔のわたしんちをモデルにしたのか?」と、アホな疑念を抱かせるほどにリアルで、何度もデジャヴに襲われました。
そんなわけで、いかついロボや宇宙のCG、テンポの良い展開に心を奪われつつ、少し旧悪を思い出して後ろめたい気分になっちゃったのでした。
おとうと~ すま~ん  
きっと、あいつはまだ根に持っています。68%くらいの確率で(推定)。

|

« 適当掲示板20&ニャンコ先生との対話、など | Main | 超人の星 遠崎史郎ほか ドラマ版『アストロ球団』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恐怖の宇宙スゴロク ジョン・ファブロー 『ザスーラ』:

» 『ザスーラ』 [明日へかける橋]
『ジュマンジ』‥父と息子が反目しあってる。 ボードゲーム“ジュマンジ”終了後、 [Read More]

Tracked on January 08, 2006 08:57 PM

« 適当掲示板20&ニャンコ先生との対話、など | Main | 超人の星 遠崎史郎ほか ドラマ版『アストロ球団』 »