« 愛しちゃったら命がけ フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス 『シン・シティ』 | Main | いまだに大河ドラマ『新選組!』を振り返ってるよ!のコーナー⑩ 井上源三郎の巻 »

October 31, 2005

平成ライダーの六年間を振り返る クウガ編④

というわけでクウガ編のテーマについて考えます。いまさらですけど、ネタバレしてるのでご了承のほど。

『クウガ』のテーマとは何ぞや。それは「絆」というか、「相互理解」というか、「ヒトとヒトはわかりあえるか?」というか、そんなところだと考えます。
この作品には入れ代わり立ち代わり、ふとしたことでコミュニーケーションがうまくいかなくなってしまった人々が登場します。親と子、教師と生徒、幼児と幼児などなど。世間とうまく関わりをもてない青年も出てきます。
しかしまあ大抵は五代とその仲間たちががんばるおかげで、こじれた関係は改善されます。クウガ自身、最初は怪物とみなされ警官たちの一斉射撃を受けます(ひでえ)が、彼自身と朋友・一条の努力で、最後には警察組織全体の協力を取り付けるまでにいたります。いや、お見事。

ところが、「こりゃどーしても和解できんなあ」という方たちもおられます。それが戦闘種族たるグロンギさんたち。彼らはハナから人間たちと理解しあおうなどと思ってませんし、自分たちの間ですら信頼や強調を持とうとしません。我々とはまったく別の生き物と考えればあきらめもつきますが、作品上で「ホモ・サピエンスとあんまり変わらない」ことが明らかにされます。五代たちが「がんばればわかりあえる」ことを訴えている一方で、このグロンギさんたちの存在は作品に一抹の影を落としています。

クライマックスで五代は泣きながら、ダグバ(グロンギの長)は笑いながら、どつきあいます。暴力を忌み嫌うものと、暴力に快感を覚えるもの。それは人類が歴史上ずっと繰り広げてきた反目であり、到底理解しあうことなどできないようにも思えます。けれどもこれは誰かと誰かの間だけでなく、一個人の心の中でも行われる葛藤です。まあ、「暴力大好き!」な人に共感を抱いてしまうのもアレですけど、人にはそういう暗部があることを認めるなら、お互い理解することも可能かもしれません。
とりあえず作品では、いつか人もグロンギとわかりあえるかも、という希望をそこはかとなく残して終わります。それがいいことなのか、悪いことなのかは別として。

さて、この『クウガ』は五代と一条という、立場も性格も異なる二人の青年が、お互い信頼を深めていく物語でもありました。一条という男は、あまり器用ではない人物として描かれています。相手に悪いと思っていても、役にも立たん謝罪を言うよりは、行動でそれを証明するようなタイプ。
しかしいよいよこれが最後かもしれない、という段になって、一条はようやく五代に「ずっと済まないと思っていた」と吐き出します。それに対し「おれ、良かったと思ってます。一条さんに会えて」と答える五代。そんなことはとうの昔にわかっていたのでしょう。わたしが『クウガ』で一番心に残ったシーンです。

『クウガ』編は今回で終了。次回より『アギト』編に移ります。

|

« 愛しちゃったら命がけ フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス 『シン・シティ』 | Main | いまだに大河ドラマ『新選組!』を振り返ってるよ!のコーナー⑩ 井上源三郎の巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平成ライダーの六年間を振り返る クウガ編④:

« 愛しちゃったら命がけ フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス 『シン・シティ』 | Main | いまだに大河ドラマ『新選組!』を振り返ってるよ!のコーナー⑩ 井上源三郎の巻 »