« 角川お化け祭り 三池崇史 『妖怪大戦争』 | Main | 適当掲示板14&SGA屋昆虫記 »

September 11, 2005

せっかくなんでSWをEP順に振り返ってみる③ 『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』

やっとたどりつきました。SW最終作『シスの復讐』もしくは「いかにしてわたしはウダウダ悩むのをやめ、身も心もダークサイドにゆだねるようになったか」でございます。まだ観てない人も(たぶん)いると思うので、構成の復習は今回カットです。

エピソード3に課せられた使命、それは純真なアナキン坊やが悪の化身ダース・ベイダーとなってしまった理由を、いかに自然に描けるか、ということでした。この点に関しては合格だと思います。ええ、わたくし大納得でございました。前にも書きましたけど、この「理由」に関してはすでにエピ2にて幾つかの伏線が張られています。ざっとあげてみると
・アナキンの悪予知夢
・蛮族皆殺し
・終盤、パドメを助ける、ほっておくでもめる師弟
・なぜジェダイは恋をしてはいけないのか?
というとこでしょうか。特に最後の項は「恋したっていいじゃない(古)」と思っていたので、「あー、なるほどー、そういうことだったのかー」と膝をうつことしきりでした。

さて、今回は共和制の死→帝政への移行という流れが語られました。こういう流れで思い出すのは、やはり古代ローマ。おそらく本作もその辺の歴史を意識していたと思われます。ただ、直接的ではなく、アシモフは『銀河帝国の興亡(ファウンデーション)』シリーズを経由してのものでしょう。けれどローマの場合帝政になって民衆が苦しんだかというと、そうもいえない面もあり、イコールで結んでしまうのは難しいところです。
むしろ 外の脅威を意識→世論の右傾化→軍備増強 という流れは、現在のメリケン合衆国とダブります。
この新三部作のプロットは9.11以前に練られていたので、最初からは意識していなかったと思います。しかしいよいよ最終作をてがけるにあたり、ルーカスには強く母国の現状を憂える気持ちがあったのではないでしょうか。
その線で考えるなら、共和国→アメリカ 通商連合→イラクなど中東 という図式がなりたちます。で、ジェダイはなんなのかというと、これはメディアもしくはジャーナリズムをさしているいんじゃないかと。メディアの力は強大です。その力の用い方によっては周囲に甚大な被害を及ぼしかねない。であるがゆえに、厳しい戒律でもって自らを律しなければならないわけです。「結婚禁止」というおきては、左右どの権威にも擦り寄ってはいけない、ということを意味してるのかもしれません。しかし正義であるべきものが体制の走狗と成り果てたとき、その国の暗黒時代が幕を開ける・・・・・

え~、ここまで書いておいてなんですが、これ、たったいま思いついた妄説にすぎないので、ハナクソでもほじりながら適当に読み飛ばしていただければ幸いです。
それにしても第1作の、あのお気楽痛快宇宙活劇が、こんなにも深刻な話になるとは誰が想像したことでしょう。まさに「フォースのみぞ知る」というとこでしょうか。ちょっとネタバレ気味ですが、絶望のなかに一縷の希望がさしこむ、ああいう終わり方はモロ好みです。なんか続けて旧三部作もみたくなりますね。

マイ・フェイバリット・シーン
まるで大道芸人のようなグリーバス将軍。多脚歩行メカブーム、どうやらアメリカに飛び火した模様。

このエピのR2
敵戦艦内部にて、戦闘用ドロイド二体を意表のつく仕方で瞬殺するシーン。強い・・・・

|

« 角川お化け祭り 三池崇史 『妖怪大戦争』 | Main | 適当掲示板14&SGA屋昆虫記 »

Comments

ローマ帝国からメリケンまで考えが及ぶとは、よみが深いですねぇ。
でもジェダイがメディアと考えるのは、面白いですよ。
発言力の強いメディアをダース・ベイダーにする事は、独裁政治を円滑に進めるためには必要不可欠な事かもしれませんものね♪

それにしても、この記事を読んで、自分がまったく何も考えず『おぉ~。あぁ~。うわぁ~』と戦闘シーン等の映像だけを見入ってた事に改めて気づきましたわ。
R2の捨て身で戦う勇敢な姿や、お産婆ロボットの微笑み?に感動してる場合じゃないか(笑)

Posted by: ハル | September 14, 2005 at 06:45 PM

おほめにあずかり恐縮です。
>ジェダイがメディアと考えるのは、面白いですよ。
でもわが国のメディアは、少々正義の見方にしては頼りないかなあ。あ、ジェダイも頼りなかった(笑)
>何も考えず『おぉ~。あぁ~。うわぁ~』と戦闘シーン等の映像だけを見入ってた
それも正しい見方ですよ。どうもブログ初めてから理屈っぽい視点で映画をみるようになってしまって、なんだかなあ、と。
>R2の捨て身で戦う勇敢な姿や、お産婆ロボットの微笑み?
産婆ロボット、笑ってましたっけ? というか、存在忘れてました。
考えてみたらR2とベイダー卿は旧知の間柄なんですよね。EP4~6でそんな描写あったかなあ。
ベイダー「久しいな、R2」
R2「クピクピポ(誰だっけ?)」 

ukkiki でのアップはまだでしょうか(笑) お忙しいみたいなので気長にお待ちしております。

Posted by: SGA屋伍一 | September 14, 2005 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/5894356

Listed below are links to weblogs that reference せっかくなんでSWをEP順に振り返ってみる③ 『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』:

« 角川お化け祭り 三池崇史 『妖怪大戦争』 | Main | 適当掲示板14&SGA屋昆虫記 »