« それはそれ! 島本和彦 『逆境ナイン』  | Main | 三脚カメラ、地球を征す スティーブン・スピルバーグ 『宇宙戦争』 »

July 23, 2005

これはこれ! 羽住英一郎 劇場版『逆境ナイン』

そういうわけで予告どおり“奇跡の映画化”『逆境ナイン』劇場版について語りませう。
結論から申します。ダメ映画でした(笑)。
大体なぜ少し前まで絶版状態だった『逆境ナイン』が映画になったのか。わたしは『少林サッカー』を観た映画会社の人が「あんなの作れないかねー」「そういえば『逆境ナイン』というマンガがあります」「じゃ、それで行こう!」みたいな安易な流れで決まったのだと思ってました。が、かにさまのブログによりますと「監督は何度も企画段階で却下されたのに諦めなかったそうだ。」ということなので、それに関しては素直に「すいません」と言うほかありません。
ただ、なんというか、前項で「島本先生は全部本気で書いている」と申しましたが、映画のほうはギャグの効果を計算するあまり、作者や不屈の本気っぷりがいまひとつ感じられなかったかな、と。このギャグに波長が合う人はともかく、合わない人はつらいんじゃないでしょうか(とはいえわたしの行った劇場ではちょこちょこ受けてました)。
映画で初めてこの作品に接するひとは、この超展開に度肝を抜かれると思います。けれどこの「超展開」も、やはり原作の方が数段見せ方がうまく、できればマンガの方を先に読んでいただきたいのです。

だからといってわたしがこの映画を苦々しく思っているかというとそんなことはありません。むしろ愛しています。その理由は三つ。

ひとおぉつ! この映画がなにはさておき、“島本和彦”原作であるゆえ!(たぶんもうそんな映画にはお目にかかれないような気がします。動く「炎燃(ほのお もゆる・同作者のマンガ『燃えよペン』の主人公)」が見られたのも良かった)

ふたあぁつ! この映画の置かれている状況そのものが「逆境」であるゆえ!(なんでよりによって大作がひしめくこの時期に公開をぶつけてしまったのか。不屈の「この宇宙のどこかでは今も、お互いの星の命運をかけて壮大な宇宙戦争がおこなわれているんだろうなあ・・・」というセリフに、「すぐ隣のハコでやってるよ!」とつっこんだのはわたしだけではあるまい。)

みっつ! おれは・・・・ おれたちは・・・・ 「オタク」なんだあーッ!!!!


・・・・・ああ暑苦しい。
特撮ファンにとっての見所は、やはり全力学園校長を演じる仮面ライダー一号・藤岡弘でしょう。よくこんなんに出たなあ、と思いましたが、「せがた三四郎」にくらべりゃどってことないか。また主役はガオシルバー・玉山鉄二ですし(演技前よりうまくなった)、現在『仮面ライダー響鬼』で「高校生日記」を好演中の栩原楽人くんも出ています。
ヒロインの堀北真希ちゃんはそれほど人目をひく顔立ちでもないんですけど、不屈にパルスを合わせていくと、段々と光り輝いて見えてきます。これがカメラの力ってやつですかね。
テーマソングは岡村孝子の『夢をあきらめないで』。これもなんだかギャグにしか思えないのですが、EDのメイキング映像と合わせて聴いていると、心和やかになってくるので不思議です。

|

« それはそれ! 島本和彦 『逆境ナイン』  | Main | 三脚カメラ、地球を征す スティーブン・スピルバーグ 『宇宙戦争』 »

Comments

どうも。ご紹介に預かりまして(笑)。

>作者や不屈の本気っぷりがいまひとつ感じられなかったかな

確かに。映画を観て、それは違うな、と感じたのは、一回戦、不戦勝の後の増長っぷりとラスト甲子園に出るためには坊主にならなければ云々のくだり。ギャグのためにキャラクターをねじまげてしまっている感じです。
劇場では、かなりウケてましたが。

>できればマンガの方を先に読んでいただきたいのです

私は逆ですね。入門として映画は向いているんじゃないかと思います。原作はもっといいから読んでごらんって。
映画だと二者択一のエピソードから後ろの流れがムリがありますね。SGAさんご指摘のように原作のほうが自然で断然、燃えます。
まあ、原作を先に読んでいると私みたいに足りない部分を補完して見られますが。

え、ボクは「オタク」じゃないっスよぉー(笑)。

Posted by: かに | July 24, 2005 10:04 AM

>一回戦、不戦勝の後の増長っぷりとラスト甲子園に出るためには坊主にならなければ云々のくだり。
「わかりやすく天狗になってるな~」というアレは、わたしも「ム」と感じたものの、不覚にも笑ってしまいました。
坊主の方は続編につなげるためのギャグじゃないかと。いえ、たぶん今度こそ実現しないと思いますが。

>原作はもっといいから読んでごらんって。
なるほど。原作を越えた映画作品ってめったにないですからね。たまに「いいな」と思うものも、大抵は忠実に映画化したものだったり、冗長な原作を上手にはしょったものだったり。

>え、ボクは「オタク」じゃないっスよぉー(笑)。
そんな! 信じてたのに(泣)!
・・・・失礼しました。

ワンダーオーシャンのコラム拝見いたしました。『パイプマシン』とはまた違った温かみのあるイラストが楽しかったです。が、すでに1,2回が消えていて観られませんでした。・・・・無念じゃ。

Posted by: SGA屋伍一 | July 24, 2005 08:04 PM

こんばんは。
やっと見ました(笑)いやぁもう、遅れちゃって遅れちゃって、ついでにこちらのブログ、記事の検索ができないもんで、えんえんと探してしまった~!(すいません)
いや~。
原作全く知らないので、とにかく時間の8割は笑ってました。まるで漫画ですね、って、元々漫画じゃん、って絶対突っ込むでしょうなみんな。
「少林サッカー」ぽいっていえば、やっぱり日の出商業のユニホームが黒ってところでしょうか(笑)
私は玉鉄が2時間見られただけで幸せです。
あと、トッチー、野球部員では玉鉄の次にひたすらオイシイ役ですよねえ。
EDが岡村孝子なだけが唯一気に入りませんでした。まあこれも仰る通りギャグと捉えておきましょう。

Posted by: 高野正宗 | March 30, 2006 10:02 PM

うーむ、コード入力の時ミスったので二重になってます。すみません。
しかし、禁止URLとか禁止IPの設定ならともかく、毎回そこまでさせるとは恐るべし、ニフティ・・・

Posted by: 高野正宗 | March 30, 2006 10:07 PM

手間かけて探してくださって、どうもありがとうございます。かぶった方は消しときました。

やや人を選ぶタイプの映画だと思うのですが、楽しんでいただけたようで一安心。

>「少林サッカー」ぽいっていえば、やっぱり日の出商業のユニホームが黒ってところでしょうか(笑)

あ、それ気がつかなかった。この映画の場合「サッカー」が悪役のひとつでもありました。

>トッチー、野球部員では玉鉄の次にひたすらオイシイ役ですよねえ。

そうかなあ(笑) 某番組と一緒で受難シーンが多かったように思えます。最後の「サッカーだ!」とはしゃいでいた笑顔がやけにさわやかでした。

>まあこれも仰る通りギャグと捉えておきましょう

そうしましょう。流れている映像が全部ギャグだし。でも不屈のあれは夢というより無謀な野望ですね

Posted by: SGA屋伍一 | March 31, 2006 08:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これはこれ! 羽住英一郎 劇場版『逆境ナイン』:

« それはそれ! 島本和彦 『逆境ナイン』  | Main | 三脚カメラ、地球を征す スティーブン・スピルバーグ 『宇宙戦争』 »