« おれの噺を聞いてよ 宮藤官九朗 『タイガー&ドラゴン』後編 | Main | 適当掲示板10&Musical Batonほか »

July 03, 2005

岡山少年野球団 入学編 あさのあつこ 『バッテリーⅡ』

先日紹介した話題作『バッテリー』の続編。自分のピッチャーとしての才能に強烈な自信を抱く少年、原田巧。引越先の新田で、同じく野球に情熱を燃やす永倉豪と運命的な出会いをした彼は、豪と共に中学校に進学する。いまだ旧弊的な風習が根強い学校や野球部にあって、巧の自我は激しく対立する。果たして巧は己を貫く事ができるのか。

正直前作を読んだ時、それなりに面白い作品だと思ったし、丁寧な筆致に好感も抱きました。しかしなぜこの作品が児童文学のワクを飛び越えて、ここまで熱い支持を受けるのかはよくわかりませんでした。
でも今はわかります。この作品は面白い。そして熱い。扱っている題材は相変わらず地味ですし、破天荒な展開があるわけでもありません(ちなみに今回も試合のシーンはなし)。けれど1度ページを開いたら、最後まで読まずにはいられない。これほどな吸引力は実に久々に感じました。なにがそんなに面白いのか、自分でも理由がよくわかりません。考える間もなく、ぐんぐんと引きずりまわされてる間に終ってしまった、そんな感じです。
冷静に振り返ってみるならば、この作品の魅力は、やはり主人公・原田巧の魅力にほかなりません。この原田少年、あまりとっつきやすいタイプではありません。他者が傷つごうがなんだろうが、自分の意志は絶対に通す。相棒の豪や作者ですら、時として「お前、最低だよ」と言いたくなるほどに、傲慢な少年です。
なぜ作者はそんな可愛げのない少年を主人公にすえたのでしょう。普通なら周囲と触れ合うことで、人間的な成長をとげていく、というのが定石です。けれど巧は二巻終了の時点で、全くそういった成長をしていません。作者はこう言います。「それでも巧を変えることはできなかった。傲慢で稚拙なままでなければ、(略)この物語は放り棄てられた空き缶ほどの価値もなくなる。『バッテリー』を少年の成長物語など言わせるものか。友情物語などに貶めたりしない。絶対にしない。」
わたしたちは皆生きる上で、必ずどこかで妥協をします。自分など、それこそ妥協の連続です。そうやって妥協する事が、変る事が成長なんだと心に言い聞かせて。しかし心のどこかで、変らない事に、わがままと思えてもひとつの思いを貫くことに、強い憧れを抱いているのも事実です。
野球部の先輩や顧問に反抗的な態度を取りつづける巧。形だけでも頭を下げればそれで済むのに、それができない巧。そうしつづけていればやがてホサれるのは目に見えているのに、彼は「おれのこの球なら、やつらは必ずおれを使わざるをえなくなる」ことを信じて疑いません。
私自身、巧のような少年には苛立ちを覚える年齢になっていますし、「世の中そんなに甘いものじゃない」と言いたくもなります。その一方で、巧が力尽き崩れ折れる所など見たくないし、突っ張るなら突っ張りとおせ、と強く思わずにはいられません。
彼がどこまで自分を貫くことができるのか、最後まで見届けてみたいと思います。

もう一度言います。この物語は絶対に面白い(獏さん調)。これから読まれる方は、是非二巻まで一気に読んでみることをおすすめします。

|

« おれの噺を聞いてよ 宮藤官九朗 『タイガー&ドラゴン』後編 | Main | 適当掲示板10&Musical Batonほか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岡山少年野球団 入学編 あさのあつこ 『バッテリーⅡ』:

« おれの噺を聞いてよ 宮藤官九朗 『タイガー&ドラゴン』後編 | Main | 適当掲示板10&Musical Batonほか »