« ガンダムと厳しい巨人 富野由悠季 『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』 | Main | 果てしない百物語 富樫倫太郎 『陰陽寮』 »

June 11, 2005

ザ・ドキュメント ある日のSGA屋伍一

usatann-1薄暗くカビ臭い部屋で、独りうなだれているこの男の名はSGA屋伍一。

おれももうすぐ32歳。いつまでもこんなんでいいのだろうか・・・・・)

胸のうちに問い掛けるが、無論答える者はいない。


usa-2こんな日は、過去のつらい記憶が彼を責めさいなむ。
「ごめんなさい。SGA屋さんとはいいお友達でいたいの」
「あのさあ、ぶっちゃけSGAってキモいのよ」
(ちくしょう、あのメスウサども・・・・・)
ぬぐっても、ぬぐっても、頬を流れ落ちていく涙。


usa-3そんな彼の悲しみを癒してくれるのは、サッ○ロド○フトワン。

別に銘柄にこだわっているわけではない。

6本まとめて買うと、他より50円ほど安いという、ただそれだけのことだ。


usa-4「ウィ~ッ 酔った~ イイ気持ち♪」
こうしてまたいつものように、彼の一日は終る。
目覚めよ、向上心。


|

« ガンダムと厳しい巨人 富野由悠季 『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』 | Main | 果てしない百物語 富樫倫太郎 『陰陽寮』 »

Comments

えっ。恋愛っていうカテゴリがあるの。
あ、失礼しました。山田風太郎描くフェレイラもとい愛の伝道師高野です(ウソつけ)。
そういえば、「同性愛風膝栗毛」で、
>あと一応断わっときますけど、わたしはホモじゃないですから。
そうよ、SGA851様がゲイじゃないことは私が良く知ってるわv(また誤解を深める)

>もうすぐ32歳
大丈夫さ!もうすぐ犬塚様も秦太様も迎えて30代は花盛りだ!たぶん!

やっぱりいいですね、ド〇フトワン(そこかい)。
安いですよね。こないだ、6缶538円というのを発見してしまいました。すぐ終わったけど。平均して638円ぐらいですかね。発泡酒にしちゃおいしいです。
が!先日、給料日に1缶だけ、キリンラガーを買ったのです。私が子供の頃はビールは瓶で、しかもケースで酒屋さんから買うものでした。父が買っていたのがこのビール。
「…ビールだ…!」
感動の涙で心が溢れたですよ。
6缶の発泡酒か1缶のビールか。恋愛よりも深い謎です。
辛い時は新発売の氷結パインでも飲んで元気出そうぜ。
酒は楽しいのが一番ですなぁ。哀しい酒は身体へのダメージもデカいらしいですよ。人間って不思議です。

>めざめよ、向上心。
すいません。忍法帖で脳味噌溶けてる人間が偉そうに。しらふでも向上心ゼロです。
お詫びにおつまみをご紹介します。
「ロミロミサーモン」
ハワイ料理。刻んだスモークサーモン(塩味のしっかりしたの)と、種を取って刻んだトマトと、刻んだ万能ネギをよく混ぜる。出来上がり。

何かよくわからないうちにここまで。
そういえば、万博は如何でしたか?

Posted by: 高野正宗 | June 11, 2005 at 10:28 PM

>えっ。恋愛っていうカテゴリがあるの
たぶんこれで打ち止めです。なんか違う気もしますが、例の『恐竜三億年』だけではさみしかったので・・・・ でもあれもなんか違うよな(←コラ) フェレイラは『外道』だったかな。
>30代は花盛りだ!
そうですよね! 天才はボチボチ死ぬころですが、自分はたぶんだいじょーぶ!(喜んでいいのか)
>6缶の発泡酒か1缶のビールか。恋愛よりも深い謎です。
いや。自分は迷うことなく6缶の方です。一気に飲まずに分けてチビチビ。
>「ロミロミサーモン」
う、うまそうだ・・・・ もっぱらおつまみはスナック菓子。おつまみってどうしてあんなに高いのでしょう?
>万博
まだ行ってません。明後日です。うまく行けば「まんもす」と対面できるでしょう。掲示板にて報告いたします。

Posted by: SGA屋伍一  | June 11, 2005 at 11:11 PM

今夜は、言葉がでてきません。
こんな日もありますよね。

おやすみなさい。

Posted by: kyouko | June 11, 2005 at 11:33 PM

なにか辛いことでもあったのでしょうか?
それこそ美味しいものでも食べて・・・・ と言いたいとこですが、寝しなに物を食べるのはよくないのかな?
またのお出でをお待ちしています。

Posted by: SGA屋伍一  | June 11, 2005 at 11:49 PM

>恋愛
あること忘れてた。すまん。
恋愛かあ~。
書いてもいいけど・・・・・高いぞ。
>もうすぐ32歳
二つ上の俺の立場が・・・・ない。
>30代は花盛りだ!
俺のしぶとさはてんこ盛り(笑)。
>あのメスウサ
誰ですか・・・・・・・。
>めざめよ、向上心。
地はそうなんだけど空回り気味・・・。
風邪引いてるし。
ではでは。

Posted by: まさとし | June 12, 2005 at 09:23 AM

どうも。
>フェレイラは『外道』だったかな。
そうですね。今リクエストしてます。
>30代は花盛りだ!
>そうですよね! 天才はボチボチ死ぬころですが、自分はたぶんだいじょーぶ!(喜んでいいのか)
そうだそうだ!モーツァルトだって太宰だって芥川だってもうすぐ死ぬんだ!!あはは!!(虚)
>もっぱらおつまみはスナック菓子。おつまみってどうしてあんなに高いのでしょう?
スナック菓子は太りますぜ。でもSGA851様は細いから大丈夫ですね。30過ぎても体質変わらないのはうらやましいですね。私は25で代謝が落ちて、食べた分だけ太り始めました。
おつまみは手作りの方が安く上がります。おかあたまにお惣菜を差し入れてもらってちびちびやるのがよろしいかと。
>「まんもす」
ご対面前にえんえんとビデオを見させられるそうです。ブチ切れずに待ちましょう(笑)まあ見せ物なんてそんなもんですよね。
アジアの観光客に期待している割には案内なんかがあまり充実してないという噂です。食べ物の持込でもゴタゴタしてますしね。
レビュー楽しみにしてます。

Posted by: 高野正宗 | June 12, 2005 at 09:56 AM

>ご対面前にえんえんとビデオを見させられるそうです。
ビデオ抜きのコースもできたらしいです(新聞で読んだだけなのでほんとかどうかは不明)。
わたしは瀬戸会場だけ金曜日に仕事で行きました。何のための会場なのか意味不明な会場でした。もともとはこっちが本会場だったはずのところなんですけどね。愛・地球博なのに自然破壊をするのかってんですったもんだがあったから仕方がないです。わたしはたぶん長くて会場には行かないと思います。マンモスの報告は楽しみにしてます。

Posted by: kakakai | June 13, 2005 at 11:40 PM

管理人様・みなさまこんばんは。
知人には愛知万博に誘われ、・個人的には桜桃忌に忙しい文化系イベント仕掛け人のおねむり☆パーシーです。

 6月といえば太宰治の誕生を祝い、彼を偲ぶ「桜桃忌」で有名ですが、数年前からそれにかこつけて下記のようなイベントをしております。
 みなさま、ぜひお越し下さいませ。 

東京(三鷹)会場(その壱)
6・18(土) PM5:00~7:30
 会場:三鷹市芸術文化センター
        第一・第二美術創作室

第一部 講演および
 グループワークとポスター作り(「太宰」を伝える)
(会費:一般1500円、学生1000円)
第二部 懇親会 PM7:45~21:45 
同会場地下レストラン「レストラン ポワロー」(会費 3500円)

大阪会場
6・18(土) PM2:00~5:00
 昨年に引き続き、人間失格の主人公をカウンセリングする。「本当」の自分への「気づき」を体験したい方におすすめの企画。
会費 1500円

※19(日)の桜桃忌の夕べにはポスター掲示などで多大なご協力を頂いているみなさまおなじみの「フォスフォレッセンス」(三鷹図書館南)にて「ダザイヴェート」というアットホームな催しが行われます。受付は終了したそうですが、桜桃忌デビューの方、この機会に場所確認をしておきましょう!
http://page.freett.com/phosphorescence/

☆桜桃忌の歴史や今までのオフ会の様子もUPしております☆
http://laspara.net/jyoutaka.html

Posted by: おねむり☆パーシー | June 14, 2005 at 09:36 PM

みなさま、お返事が遅れてすいません。
>まさとし様
>高いぞ。
むうう・・・ 足元を見おって・・・
>二つ上
え。そうだったんすか。てっきりタメか年下だとばかり。
>誰ですか・・・・・・・。
うふふ。な・い・しょ♪
風邪は治られましたか。引き続きお大事に。

>高野正宗様
>だってもうすぐ死ぬんだ!!あはは!!(虚)
幕末の英傑達も、軒並みそのくらいで逝っちゃってますね。義経、アレクサンダー、キリストも。
>でもSGA851様は細いから大丈夫ですね
それが・・・・最近脂肪がつまめるようになってきました。うう。美しいまま死にたい・・・・
>「まんもす」
それこそ一瞬の邂逅でした。またいずれ詳しく書きます。

Posted by: SGA屋伍一  | June 14, 2005 at 10:36 PM

>Kakakaiさま
そのビデオ抜きのコースで行って来ました。それでも30分待たされましたけど。
>瀬戸会場
行く余裕がありませんでした。本当はそちらが本会場の予定だったとは知らなんだ。
>愛・地球博なのに自然破壊をするのかってんですったもんだがあったから
いくらエコロジーを強調しても野山を切り開いてやる以上、やはり限界があるんでしょうね・・・
とにかく大した人出だったので、だいぶエネルギーを消費しました。まあ、そんなことは覚悟の上だったんですけど。

>おねむり☆パーシーさま
はじめまして。
せっかくご丁寧な招待いただいたのですが、昨日大枚はたいたばっかりなので、ちょっと出席は厳しいです。もうしわけございません。
パーシーさまの無償のご尽力には心より敬意を表します。
ところでなぜ自分なぞのところに桜桃忌の誘いが来たのか、つらつら考えてみるに・・・・ やはり正月か春あたりに書いた、あのしょうもない記事しか思い当たるフシが・・・・ 
正直あの記事は太宰ファンに怒られるかもと思ってビクビクしながら書いたので、まことに恐悦至極でございます。
どうでもいいことですが、愛地球博ではさくらんぼソフトクリームなる代物が売ってまして、なかなか美味でございまいた。

Posted by: SGA屋伍一  | June 14, 2005 at 10:52 PM

『陰陽寮』のコメントから寄り道してます。
そういえば、「書籍・雑誌」のカテゴリをクリックしたら、確かに本を最近レビューなさっていないとですね。『陰陽寮』が探しやすかったとです(^^;)
それはさておき、もうすぐ32歳…ということで、その際は拙宅ブログにてお祝いでも致しましょうか。
丁度、秦太様を「三十路に迎える会」でもやって、拙宅でお祝いしようと思っていたところですし。その次が犬塚様で(笑)
心配するな、私もすぐに後を追う!3×歳!!(笑)

Posted by: 高野正宗 | July 07, 2005 at 10:41 PM

>確かに本を最近レビューなさっていないとですね。
ははは(汗)。確かに月一ペースになってきてます。もう少しバランスよくやりたいのですけど、これからも映画ネタが多くなりそうな予感。
いま読んでいるのは犬塚様も言及していた『忍びの者』。つまらなくはないんですけど、ちょっとひっかかってます。
>その際は拙宅ブログにてお祝いでも致しましょうか。
あららららら。ありがと~ございます。
でもわたしの生まれた日なんてめでたくもなんともないですから、お気持ちだけいただいておきます。いや、ほんっっっとーにお気持ちは嬉しいんですけどね。申しわけありまっしぇん。

たぶん夏が終る頃には、オヤジの階段をまた1歩上っていることでしょう(笑)

Posted by: SGA屋伍一  | July 08, 2005 at 07:31 PM

オヤジの階段の~ぼる~
君はまだ~ 王子様~さ~♪
私も人のことは言えまへん。
無事、「妻」から「マダムv」へのステップアップができるのかは未定。
秋風が立つ頃には、ひとつオトナになったSGA851様をお迎えするということで。
心配するな!俺もすぐ後を追う!だから安心して!(…何がだ。)
では、あとは秦太様をお迎えしてと…
「30代の門」は広き門です(笑)

Posted by: 高野正宗 | July 08, 2005 at 10:55 PM

>オヤジの階段の~ぼる~
君はまだ~ 王子様~さ~♪

幸せはテメエできっと~
運ばにゃならん、と気付やコラ~♪

キャッ 下品な言葉使っちゃった。
さすがにこの年で「いつか白馬に乗った王女様が」と願うのは図々しいかと。

>心配するな!俺もすぐ後を追う!
ダメです! あなただけはいつまでも少女のままで・・・・
(ゴリゴリ)
あ、いけね。

Posted by: SGA屋伍一  | July 09, 2005 at 07:50 PM

(T_T)
その、器用に後ろ手で摺るのやめなさいっ(笑)

Posted by: 高野正宗 | July 09, 2005 at 09:15 PM

後に彼はこう語っている。
「その時わたしは(笑)の背後に、ただならぬ気迫を感じ、底知れぬ恐怖を覚えたのです・・・・」
人には、触れてはならぬ領域がある、という話。

Posted by: SGA屋伍一  | July 10, 2005 at 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/4512471

Listed below are links to weblogs that reference ザ・ドキュメント ある日のSGA屋伍一:

« ガンダムと厳しい巨人 富野由悠季 『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』 | Main | 果てしない百物語 富樫倫太郎 『陰陽寮』 »