« ブラックキャットにもういっぺんよろしく 杉作 『クロ號』完結編 | Main | うるとらまん次郎物語第二章 『ウルトラマンネクサス』 »

June 18, 2005

適当掲示板9&愛・地球博報告

雨の多い時期になりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
当ブログに関してのご意見、ご感想、皆様のオススメ品、ネタ、その他よろずお待ちしております。

さて、愛・地球博行って参りました。さあ、ご覧、これがマンモスだ~っ!! ・・・・と行きたかったのですが、マンモスは写真撮影禁止のため画像なし(涙) もう! ケチなんだから!
わたしはKakakaiさまのおっしゃっていた簡易コースで観て来たのですが、それでも30分ほど待ちました。マンモス(頭部のみ)の入ってるラボの前を、動く歩道に乗ってスーッと通り過ぎる方式。いくらゆっくり動いているからといっても、それこそ「ああ」と言っている間の対面でした。でも、いいんだ。やっと君にあえたんだから。きっとウン千年の時を越えて君にめぐり合うため、ボキは生まれてきたんだね。・・・・と感傷に浸っている間にもどんどんマンモーは遠くなっていく。マンモ-が行っちゃう!(いや、行っちゃうのは俺か) あ~ん、マンモ~!!
とまあ、そんな感じでしたが、やはりはるかな時代を経ても産毛ごと原形をとどめているマンモスは、ごっつい迫力がありました。へい。
以下はちょこちょこ撮った画像です。
ath1ith2ith3

ith4ith5ith6

                   とまあこんな感じです。上段はあちこちの外国館から。下段は向かって左から大地&月の塔、世界最大の万華鏡、ナイトショーの画像です。
企業系はやはり混雑が激しく、行く余裕がありませんでした。それでも長久手日本館の球形スクリーンはなんとか観ることが出来ました(これもアッという間でしたが)。Zガンダム等に出てくる360度マルチスクリーンを体感しました。これ、酔いやすい人は気をつけてください。
まあ大した人手でした。人ごみや行列が苦手な人にはおすすめできません。まあ自分はここんとこ遠出していなかったので、混雑も含めてそれなりに楽しみました。さすがに朝4時半に起きて、夜中の2時に戻ってきたのは応えましたけどね。
そうそう、ゼンザイ先生にお土産を買うのを完全に忘れていて、昨日ちょっと怒られました。とりあえず『終戦のローレライ』と『逆境ナイン』を無料貸し出しすることで許していただきました。まあ、いつもタダで貸してますけど。

|

« ブラックキャットにもういっぺんよろしく 杉作 『クロ號』完結編 | Main | うるとらまん次郎物語第二章 『ウルトラマンネクサス』 »

Comments

あにさん、おつとめご苦労さんでしたッ(違)
すごい強行軍でしたね(笑)でもイベントものってそうなっちゃいますね。余裕ないけど行きたいっていうことが多い。
マンモー、通過方式(笑)とはいえ、本物は迫力あるでしょうな~。あの時代に生きてたら「迫力あるな~」と思ってるうちに踏み潰されるんでしょうけど。ノンビリ見られるとは幸せなことです(笑)
動く歩道方式といえば、倫敦のロンドン塔の「ジュエルハウス」の一部がそう。巨大なダイヤが嵌め込まれた王冠や世界で2番目にデカいダイヤモンド(でもデカいと硝子みたい…)の嵌った王しゃく(字が出ない)(どっちも、実際に女王が使っている時は置いてない)のショーケースは、動く歩道に乗っかって見ます。でもこれは、ケースの左右に方向が違う2本あるので、何往復でもできる(笑)これも呆れるほかないぐらいのもんで、必見です。
硝子にひっつくようにして見ているうちに終わる…と。まあ、ミロのビーナスみたいですね。
混んでいて、一応はよかったってことでしょうかね。私も、企業パヴィリオンのロボットとかもいいけど、折角だから外国館が見たいかなぁ。
やっぱり塔は太陽なんだ(笑)月もくっついてるけど。

Posted by: 高野正宗 | June 18, 2005 10:06 PM

さっそくコメントありがとうございます。
言われて気がついてすぐ修正したんですけど、アレ「太陽の塔」じゃなくて「大地の塔」でした。大変申しわけありません。おそらく太陽の塔を意識してつくったものと思われますが、元祖と比べるといかにも突き抜け方が足りませんねえ。
>すごい強行軍でしたね(笑)
はい。でも自分は行き道2時間弱しか運転しなかったので、本当に大変だったのはあと全部運転してくれた友人のお父さん。翌朝直ぐ仕事に行ったって言うし・・・・ ほとほと感服致しました。ちなみにわたしはグースカ寝てました。
>マンモ-
大した人気です。上野のスーちゃんは完全にこちらに食われてしまったようで。「ひどいわ! 寺野さん!」
>外国館
欧州系は企業系ほどではないですが、そこそこ混んでましたね。自分も行けたのはイタリア館(右上の画像です)と、境界のトルコ館くらいです。アジア系は一部を除きスイスイ行けました。

Posted by: SGA屋伍一  | June 18, 2005 10:53 PM

ほんとにすごい強行軍。
よくぞご無事で。
自分は絶対に行くもんかと思っていたのだが、
どうもよさげな雰囲気がありますね。
地元民だし、夕方からの半額コースで行ってみようかな。

Posted by: kakakai | June 18, 2005 11:34 PM

まいど。
お疲れ様です。
>朝4時半に起きて、夜中の2時
病み上がりには俺には絶対無理だ!!
前日の夜行快速「ムーンライトながら」を
使うのがベターか・・。その日夜の
「アーバンライナー」で実家に
帰るパターンになりそう・・・・。
リニアはどうでもいいが、マンモスとかに興味があるので・・・・。
行くかは未だ不明ですが、むしろ今は「宝暦治水」の史跡に行っちゃいそうな気が・・・・(笑)。
風邪は何とか落ち着きつつあります。
>まさとしのアニメ&まんが遍歴
「エルガイム」の次は「マクロス」シリーズを
予定。あとは・・・・・・・
「まさとしの好きなヒロインの傾向」
最近トンデモナイ事実が判明したので・・・・。
ではでは(笑)。

Posted by: まさとし | June 19, 2005 12:05 AM

>Kakakaiさま
夕方からは修学旅行生もいなくなるので、やや空いてきます。それでも並ぶものは1,2時間並びますが・・・・ 外国館を色々巡って、擬似世界旅行を楽しむのもいいんじゃないでしょうか。

>まさとしさま
>リニアはどうでもいいが、
自分も特に乗りませんでした。行く気を削ぐようでもうしわけありませんが、「超伝導リニア館」はけっこうショボイという噂。
>風邪は何とか落ち着きつつあります。
なによりです。引き続きお大事に。
>「マクロス」シリーズ
はよくわかりません。a_beeさまはお詳しいようですが。ただ、今は処分してしまいましたが、バンダイが復刻したバルキリーの玩具は持ってました。余剰部品がほとんど無いところが良かったです。

Posted by: SGA屋伍一  | June 19, 2005 08:18 PM

さきほど名古屋から帰ってきたところです。
2日間とも、係員やってる妹が案内してくれたんで、かなり効率よく回れました。

この万博の内容は、お仕事がら無関係でもないもんで、良いところも悪いところも興味深く見学してきました。どちら様も一見の価値はあると思います。

これから行かれる方にお勧めするなら、瀬戸会場全般と地球市民村です。特に前者は必見。グローバルハウス(青)もなかなか。
食事はどこもボッタクリですが台湾料理のイラ・フォルモサはわりと好吃。

外国館はおおむね小国の方がショボいなりに楽しかったですね。
ああ、オランダ館はやっぱりすいてました(笑)
でも内容はシンプルで好感が持てました。内壁がデルフト焼きのタイル張りでして、へばりつくと冷たくて気持ちいいです。

Posted by: 秦太 | June 21, 2005 01:08 AM

追伸:昨日聴取、万博スタッフの証言
妹「『太陽の塔どこですか』ってよく聞かれるんや」
秦太「そんなん『大阪の吹田です』ってゆうといたらええやんか」

Posted by: 秦太 | June 21, 2005 01:14 AM

そちら様もお疲れ様でした。
>係員やってる妹が案内してくれたんで
いーなー。でも本当、地理感覚のしっかりした人間がいないと、大変なことになります。
>瀬戸会場
今回は強行軍だったので最初から予定に入れてなかったんですが・・・・ そんなによかったですか。もういっぺん行く余裕・・・・あるかな。
>食事はどこもボッタクリ
言えてる(笑) でもわたしは意地になってインドカレー食べました。味は可も不可も無し。
>オランダ館
これもいっとけばよかったなあ。『風雲児たち』ゆかりの品などあったかも。
>○○の塔
やっぱりみんな間違えるのね(笑) 手前に「月の塔」とか建ててあるからなおさら間違えそう。オーストリアの観光施設にも、ちょくちょく「カンガルーはどこにいますか」という問い合わせがあるそうですが。

Posted by: SGA屋伍一  | June 21, 2005 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板9&愛・地球博報告:

« ブラックキャットにもういっぺんよろしく 杉作 『クロ號』完結編 | Main | うるとらまん次郎物語第二章 『ウルトラマンネクサス』 »