« 今週(5/15)の『義経!』 | Main | 適当掲示板7&本当にあった(ちょっと)怖い話 »

May 16, 2005

ガラクタの仮面 R・グーターマン 『マスク2』

アメリカさんのコメディって笑えないことが多いですよね。「笑い」の要素つーのは国によって色々違いますから、万国に通づるような喜劇を作るのは至難の技といえましょう。
そんなわけで米国のコメディでジャストミートしたものというと、それこそチャップリン&キートンくらいのものでしたが、色付きの作品でどうしようもなく「やられた・・・・」という作品がひとつあります。それはジム・キャリーの出世作『マスク』。アニメを実写でやる、という発想。暴走してるようでツボを心得たギャグ。上っ面をちょいと装ったくらいでは、人間の本質は変らないというテーマ。どれをとってもツボにはまりまくりでした。
さて、第1作公開から幾星霜。この度ようやっと続編が日本でも公開されることにあいなりました。喜び勇んで観に行ったものの、これが~ですねえ。むずかしかったんですねえ。
今回の主人公はチャンスが得られずに悶々としているアニメーターなんでスネ。1作目の主人公は「冴えない自分を変えてみたい!」という変身願望があり、これが「もてない君」である私達には実に感情移入しやすいキャラだったんです。けれど今回の主人公が願っているのは変身することではなく、チャンスを得ること。じゃああんまり仮面で変身する意味ないじゃん、という感じです。おまけにすでにキュートな奥さんまでいらっしゃいます。
正編に比べてギャグとかインパクトもゆるかった印象。う~ん、やっぱり続編ってむずかしいですねえ。
こんな風に辛口になってしまうのも、やはり1作目がよくできすぎてるから。ここは1作目は忘れて、単体で評価してみることとしましょうか。
この作品の売りの一つは、マスクの遺伝子?を受け継いだ赤子が誕生してしまうところ。プレゼンの日が迫っているのに、この赤ん坊は破天荒なイタズラでもって主人公を悩ましまくります。ついには主人公は「お前はおれを破滅させる悪魔かー!」とぶち切れます。コメディだからそれなりに笑えるような感じに描かれていますが、まじめに考えるとこれ、かなり怖い話です。けれどまあ、子供を育てるというのは楽しいだけでなく、こんな風に様々な犠牲が伴うことなんでしょうな。払った犠牲に見合う報いもあるのでしょうけど。
この親子と平衡して、もうひとつこじれた親子のペアが登場します。それがなんと、北欧神話のオーディンとロキ。もともとマスクを作ったのがロキだから、ということで登板とあいなったのですが、まさか1作目のバカ話がニーベルンゲンまで発展するとは思いませんでした。二代目マスクが今ひとつ冴えない一方で、このロキくんはなかなかハッチャけたアクションをみせてくれます。演じるは『スパイ・キッズ』などのアラン・カミング。ジム・キャリーほどでないにせよ、やはりお笑いのセンスのある方のようです。ホモだという話ですが。
子供向けかと思っていくとなかなかきわどいギャグもあります。お子さんを連れて行くのであれば、「子供はああやってできるの?」と聞かれることを覚悟して行って下さい。

|

« 今週(5/15)の『義経!』 | Main | 適当掲示板7&本当にあった(ちょっと)怖い話 »

Comments

こんにちは!
TB&コメント、それにお祝いコメント、更にお見舞いコメントまで頂きありがとうございました♪
まず風邪ですが・・・ダメ、良くならない。今度はセキが止まらないの~~~で、映画館はしばらく行けないわ~
京極夏彦好きなので、『魍魎の匣』を観たかったんだけど・・・無理かも~(泣)

で・・・映画ですが、まぁ~ハッキリ言って微妙でしたね(笑)
1作目は熱烈ファンの方が多いので、その続編と考えると・・・石を投げられそうな出来だと思います。
完璧にフザケタ漫画調になっていましたもの。
例のシーンを除いて(笑)子供向けなんですよね~
まるでカートゥンネットワークの番組のようでした。
それから、鑑賞後はDVD欲しいと騒いでいた息子たちですが、今は「やっぱりいらない・・」と言い始めましたよ。
何でかなぁ~一時的に面白くても・・・作品自体の魅力が薄いのかもしれませんね。

Posted by: 由香 | December 22, 2007 01:14 PM

>由香さま

こんばんは。いやー、風邪大変そうですね。どうぞお大事になさってください
ちなみに自分はピンピンしております。バカなんでこの時期でさえあんまり風邪をひきません。なんか悪いみたいですね(笑)

で、体調の悪いせいかいつもより辛口ですね~(^^;) ・・・って自分も評価低いですけど

>完璧にフザケタ漫画調になっていましたもの。

主人公自身がフザケタ漫画を作ってましたしね(笑) もしかするとああいう設定にすることによって「スラップスティックを作るっていうのは並みの苦労じゃないんだよ!」ということをわかってほしかったのかなあ

>鑑賞後はDVD欲しいと騒いでいた息子たちですが、今は「やっぱりいらない・・」と言い始めましたよ。

子供は正直ですね・・・・ でももしかすると家計を心配して泣く泣く諦めたのかもそれませんよ?

Posted by: SGA屋伍一 | December 22, 2007 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガラクタの仮面 R・グーターマン 『マスク2』:

» マスク2 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】アニメ会社で働く漫画家ティム(ジェイミー・ケネディ)は、ある日愛犬が拾ってきたマスクを会社のハロウィンパーティーでつけ、怪人マスク・ティムに変身してしまう。そしてマスク・ティムのまま妻(トレイラー・ハワード)と愛し合い、息子が誕生したが―     監督 : ローレンス・ガターマン 『キャッツ&ドッグス』【comment】  我が家は、永遠の名作『トム&ジェリー』が大好きで、何枚もDVDを持っていて、何回もしつこく見てウヒャウヒャ笑う―という能天気揃いなので、この映画はス... [Read More]

Tracked on December 22, 2007 01:04 PM

« 今週(5/15)の『義経!』 | Main | 適当掲示板7&本当にあった(ちょっと)怖い話 »