« 闘猫伝説 HARD PUNCHER モン吉 第3話 | Main | 今週(5/22)の『義経!』 »

May 22, 2005

いまだに大河ドラマ『新選組!』を振り返ってるよ!のコーナー① 近藤勇の巻

いささか開き直りのはいったタイトルに変更してリニューアル1回目です。
1回目はやはりこの人、鬼の局長近藤勇です。
戦前新選組は悪者だったという話は番外編でしました。そうした中にあっても近藤さんだけは、人格者っぽく描かれることもあったようです。鞍馬天狗が「立場は違えどあなたのことは尊敬していた」とか、言ってなかったかな?
けれど最近は、どちらかというと土方・沖田の引き立て役になることの方が多い近藤さん。風貌も性格もオヤジ臭さ丸出し、というイメージが一般的です。今作では久々にかっこいい?局長が描かれました。ま、主役美化は大河ドラマ&少年マンガのお約束ということで。ただ、美化してるんだけど、フォローしきれない、情けない部分も残っているあたり、三国志の劉備を彷彿とさせました。
「武士よりも武士らしく」これが今回彼をつき動かしたエネルギーの源でした。そう思わせた発端が、姑のイビリというのが少々情けないですけど。しかし、彼は最初武士にとって不可欠な「主君」というものを持っていませんでした。上様は主君と呼ぶにはあまりにも遠すぎる存在でした。その彼が松平容保という理想の主君を得た時、近藤さんは変ります。誰の命をも尊ぶヒューマニストから、尽忠報国の人斬り鬼へ。そのために敵味方多くの血が流れ、何度も悲劇が繰りかえされます。流された血に対する自責の念は、さらに彼を修羅へと駆り立てます。その行き着いた先は、板橋における斬首、そしてさらし首というあまりに酸鼻な結末でした。でも彼は己の生涯を悔いていなかっただろうし、満足して逝った・・・・・そう信じたいですね。

演じたのは国民的アイドルSMAPのメンバー、香取慎吾くん。もともと三谷さんと仲が良かったようですが、「口にコブシが入る」ということが主役抜擢の決定打となったようです。この人が今まで演じた役を振り返ると、これがすごい。サイコ・キラー、ベトナム人、知的障害者、透明人間、蘇る金狼、金髪先生、主婦・・・・ ははは。今回は不器用そうに、朴訥に演じていました。序盤の純真な近藤と、後半の鬼としての近藤をそれなりに演じ分けていたのは見事です。この途中で『ハットリくん』もやってたのだから(二重の意味で)すごい。

印象に残った場面を
・繰り返しますが、第3話。薄くらい道場の中で、トシに「武士よりも武士らしく」なることを誓うシーン
・第13話、でっかい焚き火の前で芹沢に頭を下げるシーン。土下座しているのになぜかかっこいい。
・26話、与力内山彦次郎にさんざ失礼なことを言った後、怒る内山に「だから失礼ながらと言った!」というシーン。ことわりゃいいってもんでもないと思うが・・・・ まあ土下座ばっかしのころと比べて成長したか。
・同様に28話池田屋で、「己の行いに一点の曇りもない!」(ちょっとちがう?)と見えを斬るシーン。たぶん近藤さんが一番かっこよかったシーン。
・34話、正妻と愛人が鉢合わせしてしまい、顔が固まってしまうシーン。口をへの字に曲げて失語症に陥ってしまった近藤さんに笑いが止まりません。
・ラス前、一生懸命ねばっていたのに、加納さんをまえにした途端、あっさりゲロしてしまうシーン。もうちょっとねばらんかい! と思いつつ、潔さにこころ打たれる。
・そしてラストカット「トシ・・・・・ (今度は何をしようか?)」

それなりにバッシングもあった『新選組!』。当然主役も色々叩かれましたが、わたしはこの近藤だからこそ、最後までつきあうことができたと思っています。

|

« 闘猫伝説 HARD PUNCHER モン吉 第3話 | Main | 今週(5/22)の『義経!』 »

Comments

>サイコ・キラー、ベトナム人、
>知的障害者、透明人間、蘇る金狼、
>金髪先生、主婦・・・・ ははは。
この人は駆け出しの頃、アニメの吹き替えも
やってました(ご存知かな)。
某あかずきんの狼少年の役だけど・・・・
「イヌじゃねえ、オオカミだ!」
>名場面
26話のイサキササオさん(おい
を聞いてて思い浮かべたのは
「ヤマト」に出てくる斉藤某だった・・・・。
>この近藤だからこそ、
私の場合は+他のキャストという
ことになりますが同感です。
>リニューアル
山南某と芹沢某はお早目に・・・・
あっ、それと名脇役「源さん」もよろしく。
ではでは。

Posted by: まさとし | May 22, 2005 at 10:14 PM

>この人は駆け出しの頃、アニメの吹き替えも
やってました(ご存知かな)。
『古畑任三郎VS.SMAP』で、「『赤頭巾○チャ』の○ーヤの声やってましたね?」と田村正和に言われていました。観てたのか? 他にサムライスピリッツもやってたと思いました。

とりあえず次回は沖田を予定していますが、リクエストいただいたメンバーは早めにやっとこうと思います。

Posted by: SGA屋伍一  | May 23, 2005 at 07:44 PM

続編決定してしまいましたね。
土方主役で五稜郭までやるってことは……。
ブロガーのトラバを見ているとみんなの期待は榎本役の草なぎに集まっている。
五稜郭までやるのなら、榎本ははずせませんからね。
あと、斉藤一のオダギリジョーも気になるところですね。
彼はやりそうですが……。
あと約半年。
楽しみに待ちましょう。
やっぱ、振り返り続けた甲斐がありましたね。

Posted by: kakakai | May 26, 2005 at 08:38 PM

>続編決定してしまいましたね。
マ・・・・マジですか。まさかネタとして書いたことが実現してしまうとは・・・・
世の中本当に何があるかわかりません。
キャストは引継ぎでいってほしいですけど、『組!』主要メンバーで出そうなのはあと斎藤と島田くらいか・・・・ ちょっとさみしい。その分榎本や、伊庭八郎、ポール・ブリュネの活躍に期待したいところです。
>やっぱ、振り返り続けた甲斐がありましたね。
ありがとうございます。適当におちゃらけてただけなんですけどね。

Posted by: SGA屋伍一  | May 27, 2005 at 09:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/4237530

Listed below are links to weblogs that reference いまだに大河ドラマ『新選組!』を振り返ってるよ!のコーナー① 近藤勇の巻:

» 「新選組!」 続編放送決定 [ザ・2番煎じ]
大河ドラマ「新選組!」の続編「その後の新選組(仮題)」が来年1月に放送される。 主演は大河ドラマで土方を演じた山本耕史が務め、ほかのキャストも可能な限りそのまま同じ役で起用するという。 脚本はもちろん三谷幸喜氏。 香取演じる近藤は回想シーンや、天国で再会するなどの設定で登場させることが検討されている。 大河ドラマの続編が放送されるのはこれが初めて。 単発ドラマで、放送日時は未定。 かつて古畑任三郎でも連ドラ終了後にスペシャルとして「消えた古畑任三郎」というものがあ... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 at 12:21 PM

» 「新選組!」の続編が見られる! [あることないこと]
 来年の1月に土方主演、三谷脚本でのほうそうが決定したとのこと。「新選組!」が終わってからも、「組!」を引きずってきた私にとっては、まさに有難いお話でございます。「新選組!」を見てしまったがゆえに「壬生義士伝」を見、読み、「燃えよ剣」を読み、「新選組血風録」を読み、「御法度」まで見てしまった。 SGA屋さんがずっと「『新選組!』を振り返って」シリーズを続けて下さっているので、それも楽しみにしてるんです。続編があるのであるなら、DVD急いで見なくては。って、まだ1年(と、もう5月も末だから約半年だけど... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 at 08:29 PM

» 解放された『新選組!』 [迷走台風]
 何から解放されたってぇと、マスコミからだよ。今、完全版DVDの序盤の方を観ているけど、この頃からマスコミのバッシングが激しかったからねぇ。俺もそれに毒されて、ついついアラを探すような視点で見ちゃってた。その思い込みがドラマをつまらなくしてたんだ。  だが今回は違う。ちゃんと単独のドラマとして観ている。  すると、これがおもしろくてしょうがない。並のドラマとは月とスッポンだし、並の映画よりよっぽどおもしろいよ。役者が違う脚本が違う演出が違うBGMが違う……それはもう、べらぼうよ! メイン... [Read More]

Tracked on June 28, 2005 at 11:35 PM

» 今頃○○○関係の本読んでるよ!のコーナー1―6月20日の週の読書日記(1)(読書日記) [興味と妄想]
 ええ〜、SGA851様の向こうを張る心算はまるでございやせん(笑)ちょっとまた読みたくなっただけです。  検索に引っかかる可能性を低くするため、某集団関連の名称・人名は伏字で失礼します。クリックして頂ければ作品名はわかります。  今後も、こうした一部の書籍の紹介..... [Read More]

Tracked on July 16, 2005 at 11:02 AM

« 闘猫伝説 HARD PUNCHER モン吉 第3話 | Main | 今週(5/22)の『義経!』 »