« 日本の辺境で愛を叫ぶ 浅倉卓弥 『四日間の奇蹟』 | Main | 適当掲示板8&水曜スペシャル 猿の惑星 »

May 30, 2005

幸せってなんだっけ ブラッド・シルバーリング 『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』

原作は世界で40ヶ国語に訳されている児童文学。『Mr.インクレディブル』のほとぼりも冷めてきたころあいなので、「絶対感動しますって!」とハッタリをかまして、婦女子達に付き合ってもらいました。
明るく可愛いボードレール家の子供達は、突然の火災により両親を失う。子供らは遠い親戚のオラフ伯爵に引き取られるが、伯爵は兄弟をこき使うばかりか、財産を掠め取ろうと陰謀を企む。持ち前の特技で伯爵の企みを退けた三人だったが、彼らの行くところ常に災厄と危険と陰謀が待ち受ける。
冒頭でくどいくらいに「この映画は不快で、きつくて可哀相。明るく楽しいものが観たけりゃディ○ニーでも観とけ」みたいな警告的ナレーションが入ります。何にも悪いことをしてないいたいけな子供達が、次から次へと不幸な目に遭うという話なので。しかしまあエログロ描写があるわけではないので(グロはちょっとあったか・・・・)それほど不快に思われるかたはいないのでは。親御さんがいきなり亡くなるというのも、名作劇場では珍しい事じゃありませんからねえ。ただ、全編にシニカルな空気が漂っているのも事実。「したり顔で近づく大人には気をつけろ」みたいな教訓があったり。嫌な時代になりましたねえ。
で、個人的な感想を申しますと、良くも悪くも絵本のような映画でございました。背景の美術とか、けったいな場面設定とかはホントよく出来ている。アカデミー賞の美術部門にノミネートされたくらいですから。
ただ、ハリウッドのいつものキューン! ガシャーン!! ドカーン!!! ボカーン!!!! キキッ みたいな作風になれている方は、ちょっと地味というか、メリハリがたらない印象を受けるかも知れません。十分みんな動いてるんですけど、それでも奇妙なイラストの連作を、ずっと眺めているような気分になるんですね。
また、三人兄弟がそれぞれ特技・・・発明の天才、人間図書館、なんでも噛む・・・・を持っていて窮地の時にはそれを発揮するんですが、この辺ももっと生かしようが足らない気がしました。続編ができる可能性も十分にあるようなので、それは次回への課題といたしましょう。
役者さんに関しましては申し分ございません。主役の子役達は三人三様のキュートさ。悪役オラフ伯はご存知ジム・キャリーで、いつものように芸達者なところを見せてくれます。ただ、自分としてはジム・キャリーにあんまり悪人をやってほしくないなあ。他にも無駄に豪華なカメオ出演や、切り絵アニメのようなEDなども見所の一つです。
さて、上映が終わりふと隣を見ると、婦女子達から怒りのオーラが立ち上っているのが見えました。たぶんもう付き合ってくれることはないと思います。

|

« 日本の辺境で愛を叫ぶ 浅倉卓弥 『四日間の奇蹟』 | Main | 適当掲示板8&水曜スペシャル 猿の惑星 »

Comments

おお、お付き合いしてくれる婦女子は大事にしなくてはいけませんですね。また新しい婦女子を探さなくては。
この映画、メリル・ストリープ様が出ていらっしゃるのですよね。ちと合わない役っぽいですが。
それにしても、ボードレール家って、すごい名前ですね。
ジム・キャリーも芸達者だけにいいんですけど、いい役のイメージが強いですもんね。
気が向いたらDVD、かな。
ストリープ様は名女優です。殿方には難しいかもしれませぬが「めぐりあう時間たち」大変素晴らしゅうございました。

そうだ。
「ナルニア」ディズニーは本気で7部作にするっぽいです。まずは「ライオンと魔女」が公開です。しかし、「ファンタジーはウケる」だけで始めたら、コケると思います。ただでさえ時系列が発表順じゃないというリスクもあるし…

Posted by: 高野正宗 | May 31, 2005 at 10:03 PM

>おお、お付き合いしてくれる婦女子は大事にしなくてはいけませんですね。また新しい婦女子を探さなくては。
そうですね。お子様向けの映画のときは一人で行くと怪しまれるので・・・・ さすがに『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード』のときは誰も付き合ってくれませんでしたが。

>メリル・ストリープ
ご高名はかねがねうかがっているものの、あまり出演作は拝見した事がありません。きっとマジメな作品が多いからだろうな(笑) 今回の役柄は、エキセントリックながらもなかなかにキュートでした。

>ナルニア国物語
最近劇場に行くとやけにプッシュしてます。まだ早いでしょうに。そう言えば『ハリポ』も一応7部作だった。

Posted by: SGA屋伍一  | June 01, 2005 at 09:58 PM

私も見に行きましたよ♪
>良くも悪くも絵本のような映画でございました。
本当その通り。凄い!と思ったのは映像だけでしたもの。

>無駄に豪華なカメオ出演
ダ○○○○・ホ○○○にはビックリしました。
素敵な俳優さんなのに、最近脇役が多いのが残念です。
あっ、それとジュード様のお顔を拝見できなかったことが、
めちゃくちゃ残念でしたわ!!(号泣)

>婦女子達から怒りのオーラが立ち上っているのが見えました。
確かに、まったく感動しませんでしたものねぇ・・・。
ジム・キャリーも、妙に恐かっただけですものねぇ・・・。
顔芸で笑うことさえ出来ませんでしたものねぇ・・・。

ちなみにワタクシ、それを無意識に恐れてか誰も誘わず一人で見に行きましたわ♪
『ミリオンダラー・ベイビー』は友達と見に行ったけどね☆←お薦めです!!

Posted by: ハル | June 02, 2005 at 07:51 PM

最近ハルさまとは映画のチョイスですれ違っておりますね。自分コワイ系とか苦手なので・・・・
>良くも悪くも絵本のような映画でございました
まあたまにはこういうの情緒豊かなCGも悪くない。でもやっぱりビデオでもよかったか・・・・という思いは否めません。
>ダ○○○○・ホ○○○にはビックリしました
そうですよね・・・・ あれはやっぱりダ○○○○・ホ○○○ですよね。自分はみまちがえかとも思ったんですが。
>『ミリオンダラー・ベイビー』
これって当ブログに連載中の『HARD PUNCHERモン吉』とおんなじ話みたいですね。観たいけれどこれからブロックバスターがどしどし来そうなので・・・・果たして観る余裕はあるか?

Posted by: SGA屋伍一  | June 03, 2005 at 09:43 PM

>ビデオでもよかったか・・・・という思いは否めません。
どうしようか迷っていたけど、じゃあ、やめた。
情報ありがとうございます。

Posted by: かに | June 04, 2005 at 11:39 PM

ははは。ドリー○・ワーク○に悪いことしたかな。ビデオが出たら是非どうぞ。
やっぱし劇場では「大スクリーンならでは」というものが観たいですよね。
あと最近「続きは続編で」というのが多いのはなんとかならんでしょうか。
ところで、かに様のところリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

Posted by: SGA屋伍一  | June 05, 2005 at 08:07 PM

>かに様のところリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
どうぞどうぞ。つまらないところですが。ありがとうございます。

Posted by: かに | June 05, 2005 at 08:40 PM

快諾ありがとうございます。
とうわけでリンク一件追加でございます。

Posted by: SGA屋伍一  | June 05, 2005 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/4341494

Listed below are links to weblogs that reference 幸せってなんだっけ ブラッド・シルバーリング 『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』:

» レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 ★★(LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS/2004年アメリカ/109分/ファンタジーコメディー) [ukkiki]
もっとシニカルチックかと思ってたら、普通の子供向けファンタジーでした。ジム・キャリーが出てるので、コメディーのエッセンスも散りばめられていましたわ♪わたしゃ全然笑えなかったけどね・・・。原作は、レモニー・スニケットの大ベストセラー【世にも不幸なできごと】。主役... [Read More]

Tracked on June 11, 2005 at 11:40 AM

« 日本の辺境で愛を叫ぶ 浅倉卓弥 『四日間の奇蹟』 | Main | 適当掲示板8&水曜スペシャル 猿の惑星 »