« 適当掲示板5&花見報告 | Main | 正義の見方 アレックス・ロス 『JLA リバティ&ジャスティス』 »

April 15, 2005

サブマリン507 樋口真嗣 『ローレライ』

♪ローレンローレンローレン
ローレンローレンローレン
ローレラ~イ

と、予告のとおり映画『ローレライ』についてダベります。
先に紹介した小説版とストーリーの枠組みは共通しておりますが、肉付けは同時進行で進められていったとのこと。つーわけで、この二作品は原作→映画化というより、兄弟のような関係にあります。
ですからやはりというべきか、半分くらい違う話でした。まず、映画には小説版では重要なキャラであるフリッツ・エブナーが登場しません。こいつ気に入ってたんだけどなー。
他のキャラクターの過去なんかもほぼ全てカット。というか、各キャラの出自も小説とは微妙に異なっている様子です。
そのため、ストーリーは極めてシンプルな形となっておりますが、それが話全体のテンポをよくしており、これはこれで悪くない気がします。小説は余分があるのがいいところ、映画は無駄がないのがいいところ、という感じでしょうか。

わたしが小説より「いいな~」と思ったのは主人公、折笠征人の人物造形。小説版の彼もなかなか好感の持てる少年ですけど、ヒロインの前に出るたびにラブコメよろしくときめいたりヘドモドしたりするのは、自称ハードボイルダー(笑)としてはイライラするわけですよ。それよりは映画の妻夫木聡演じるぶっきらぼうで、ストイックな折笠の方が感情移入しやすかったです。
逆に映画版で苦しいな、と感じたのは浅倉大佐の言う「国家としての切腹」が、なぜあのような行動となるのかわかりにくかった点。それなりに脳内で補完することはできますが、正直この点に関しては映画のテンポの良さが仇になったようです。小説を読むと、そりゃ賛同はしませんけど、浅倉がどのような思考の果てにあの決断にいたったのかが、それなりにわかるようになっています。

(以下、ちょっとネタバレ)
ラストも映画と小説では色々異なっております。小説版は結局泣かされてしまいましたが、最後の方の艦長の決断には少々納得し難いものも感じていました。ですから映画版の、幻想の中に消えていくようなあの終り方の方が、さわやかとというか、抵抗感なく受け止めることができました。実際に戦争を経験した人は「あんなに甘いものじゃない」と思われるでしょうけど、死を美化せずに煙に巻くように終らせた樋口監督の方針はまちがっていないと思います。

映画で一番涙目にさせられたのは國村準演じる船医が、若い兵士に「これ持ってけ」とあるものを渡すシーン。ここはできたら実際に観て欲しいところです。
あと、清永・・・・・・ お前は映画でも小説でも悲しいキャラだな(ハァ) 

結論として「小説は戦記・冒険もの、映画はファンタジー」という印象です。けれど、小説で納得のいかなかった人は映画を観てほしいです。また映画を観た人は是非原作も読んで欲しい。この『終戦のローレライ』及び『ローレライ』はそんな風に両者を味わう事によって、一層の深みをかもし出す作品と言えるでしょう。
話を戻して恐縮ですけど、同時進行ですすめて言ったはずなのに、映画の公開は小説刊行の二年以上あと。この間隔を考えると、「やっぱ映画作るのって大変なんだなあ」とつくづく思います。そりゃ小説書くのだって決して楽ではないでしょうけど。

|

« 適当掲示板5&花見報告 | Main | 正義の見方 アレックス・ロス 『JLA リバティ&ジャスティス』 »

Comments

>浅倉大佐の言う「国家としての切腹」が、なぜあのような行動となるのかわかりにくかった点。

映画での朝倉は、朝倉がどういう思想をもってどんな人物像なのかが、まったくわかりませんでした。

映画『ローレライ』は、本来、樋口真嗣さんが表現したかったこととは違うんだということが、
『樋口真嗣■映画『ローレライ』画コンテ集』を購入し、樋口さんの「初期コンテ」を読んで知りました。
実際、映画として構築していく際に、諸事情により、違う作品に行き着いてしまったというのが本当のところなのではないかと…
「初期コンテ」にはフリッツも大活躍していますし、なぜ征人が伊507の乗組員として選ばれたのかの理由も書かれていますし、朝倉のキャラも上手く表現できています。
あと、清水も映画のような、お間抜けな死に方をせずに、かっこいい男気を見せています。

「初期コンテ」では、登場人物全てのキャラが立って描かれていました。

ということで、2つほどTBさせていただきますm(__)m


Posted by: a_bee | April 17, 2005 at 08:08 PM

記事読ませていただきました。
うーん、してみると当初の構想ではもっと原作に近い話になる予定だったんですね。
テンポも大事だけど、やはりあと1時間は欲しかったというところでしょうか。

以前『トップランナー』で庵野監督が「アニメは絵コンテができればもう完成が目に見える。しかし実写は絵コンテどおりにはなかなかいかない。それが面白い」と言ってましたね。実際の話、面白いと思えるのは庵野さんくらいで、多くの監督達は思い通りいかないことに切歯扼腕しているのではないでしょうか。

とはいえ、映画『ローレライ』は説明不足なところもありましたが、全体的に好みの作品ではありました。なんとか黒字になって、樋口監督にさらなるチャンスが巡ってくればいいなと。

清永はやっぱりフェ○トさんなんでしょうね(笑)

Posted by: SGA屋伍一  | April 17, 2005 at 10:51 PM

この映画、見たいけど、女性向きじゃないよなー。どうしよっかなー。と思っていたのだけれど、見に行ってみようかな。まだやってるところあるかな。と調べたら、まだやっていたので、見に行こう。

Posted by: kakakai | April 20, 2005 at 12:08 AM

あー。どうでしたかねえ。
毎度当て推量ですけど、Kakakaiさまだったら映画『ローレライ』より、『終戦のローレライ』より、『亡国のイージス』が気に入られるんじゃないかと思います。
>女性向きじゃないよなー。
とりあえずキャストは男だらけです。
ヒロインの香椎由宇ちゃんもキリリとしてて、ボーイッシュな方だしなあ。

Posted by: SGA屋伍一  | April 20, 2005 at 06:16 PM

『ローレライ』DVDボックスが超安い!
商品もほぼ毎日更新させていただき、ぜひご覧になって下さい。代引きも承りますので、決して詐欺サイトではありませんので、ご安心ください。
最近日本では海外正規版DVDがほとんど見つからない状態になりつつである、お客様の要望に従って、私たちはついにDVD販売Onlineサイト「新世紀」をオープンさせていただきまして、
いよいよ1年になりました。
アニメ、ドラマ、映画、音楽、は日本通常価格の10%~20%!ゲームソフト、フィギュアとアニメグッズも安い!オープンにつきオークション価格よりも大幅値下げさせていただきました、商品もほぼ毎日更新させていただき、ぜひご覧になって下さい。ただヤフオクでの購入ではなく、売り手にもなろう!卸し業者も大歓迎です。とにかくいつでもお気軽に下記連絡先までにアクセス下さい!
実物写真ご希望の方は下のメールアドレスにお問い合わせてください!
ホームページ:http://www.shinn-seiki.com/
お問い合わせ :shinn-seiki@hotmail.co.jp

         新世紀スタッフ 

Posted by: 新世紀 | July 09, 2008 at 05:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/3715260

Listed below are links to weblogs that reference サブマリン507 樋口真嗣 『ローレライ』:

» 制作裏話「ローレライ」 [独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板]
2000年夏、に「ローレライ」の原作者、 福井晴敏氏がフジテレビに出かけていったときは、 本人は「亡国のイージス」の映画化の話だと思ったそうですが、 製作の亀山千広(「踊る大捜査線」全シリーズ)、 監督の樋口真嗣(「ガメラ」シリーズ特技監督)らからの要望は、 オリジナル映画の企画原案をやってほしいというものでした。 特に樋口監督は ①第二次世界大戦が舞台であること ②潜水艦が主役であること �... [Read More]

Tracked on April 16, 2005 at 09:55 AM

» 樋口真嗣■映画『ローレライ』画コンテ集をゲット--映画より初期コンテのほうがイイ! [とりあえずブスコパン!]
Amazonで予約しておいた、「樋口真嗣■映画『ローレライ』画コンテ集」(THE STORYBOARD BOOK of "LORELEI"--THE WITCH OF THE PACIFIC OCEA [Read More]

Tracked on April 17, 2005 at 08:10 PM

» 初期コンテの『ローレライ』が映画として実現されていたのならば納得がいく [とりあえずブスコパン!]
昨日の記事の補足である。講談社から発売された「樋口真嗣■映画『ローレライ』画コンテ集(THE STORYBOARD BOOK of "LORELEI"--THE WITCH OF THE PACIFI [Read More]

Tracked on April 17, 2005 at 08:12 PM

« 適当掲示板5&花見報告 | Main | 正義の見方 アレックス・ロス 『JLA リバティ&ジャスティス』 »