« ブラックキャットによろしく 杉作 『クロ號』 | Main | 第1回SGA屋漫画文化賞 »

April 02, 2005

いいも悪いもお子さん次第 横山光輝・富樫森 『鉄人28号』

さあて、またぞろぶったたかれそうな作品・・・と思いきや、そんなに評判悪くないみたいですね。良くもないけど。
原作は昨年亡くなった巨匠の古典的ロボット漫画。戦後まもなくだった舞台を現代に移し変えた設定となっております(でも小道具とか微妙に古臭い)。

突如として街に現れ、破壊を繰り返す怪ロボット“ブラックオックス”。亡き父の師である綾部博士と出合った金田正太郎は、父の遺産“鉄人28号”を操り、ブラックオックスと、その背後にいる謎の男・卓見零児との戦いに身をゆだねていくことになる。
この作品の一つのキモはやはりロボット戦。果たしてその出来はというと、ロボがアップになっているところはまあまあ迫力があります。ところがロングのシーンになるとややチャチく見えてしまう。なぜかと言えば、鉄人とB・Oのカラーがちょっとツヤツヤしてるせいなんじゃないかと。『MS08小隊』の飯田馬之介監督は、ロボの巨大感を出すため、遠くに見えるように体色をあえて淡い色調にしたといいます。この作品にもそういう工夫が必要だったんじゃないでしょうか。
他にもくさそうと思えば色々ある(オチがわたしの好きな某作品にそっくりだとか)んですが、やめときます。それはこの映画は、まず第一に子供のための映画だからです。細かいアラは置いといて、子供達がハラハラドキドキできて、観終ったあと「ぼくもがんばろう」と思えるんならそれでいいかと。そうした観点から見るならば、なかなかよく出来た仕上がりとなっています。例えば正太郎君は特殊能力を有しているがゆえに操縦者に選ばれたのですが、その割には操縦がド下手(笑)。でもその辺の子供にいきなりロボを操らせたら実際そんなもんじゃないでしょうか。また最初はヘタッピだからこそ、終盤自由自在に操っている点にカタルシスを感じられるわけです。作品にこめられた「理不尽な力には体を張って立ち向え。でもぶっ殺しちゃいかん」というメッセージにも好感が持てます。

あとこれは個人的な感想ですが、やはり鉄人は「親父」の象徴なんだなあ、ということ。『マジンガー』にもそういうイメージは受け継がれていますが、『ガンダム』あたりから父・母の両面を持つようになり、『エヴァ』では完全に「オフクロ」となってしまいました。何か時代の流れと関係あるのでしょうか(合体系はまた別)。

主人公を演じるのは『ラスト・サムライ』の好演が印象にのこる池松壮亮くん。ほかにも中村嘉津雄。香川照之、榎本明、薬師丸ひろ子など、渋めで贅沢なキャストとなっています。
くりかえしますと、「いやな予感がする」というオトナは観ないほうがいいです。まずお子さんに観て欲しい作品。けれど自分の行ったシネコンでは周りはオヤジばかりで、子供は全部『ワンピース』に流れていました。これが現実か。

|

« ブラックキャットによろしく 杉作 『クロ號』 | Main | 第1回SGA屋漫画文化賞 »

Comments

>あとこれは個人的な感想ですが(略)『エヴァ』では完全に「オフクロ」となってしまいました。

 肝心の映画からは外れる話題ですが、(ファンの間で「G1」と呼ばれる)トランスフォーマーは「父母」と言うより「客人」と言うイメージがあります。

Posted by: 克森淳 | April 03, 2005 07:26 PM

なるほど。
操縦するロボは身内だけど、自我を持ったロボは他人(友人)というとこでしょうか。
さしずめサイバトロンは隣に越してきた大家族(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | April 04, 2005 08:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いいも悪いもお子さん次第 横山光輝・富樫森 『鉄人28号』:

» 鉄人28号 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
4月1日の映画の日に見てきました。夕方から3本。 まず1本目は「鉄人28号」。映画の日というのにお子ちゃま連れ家族含む5人での鑑賞。ゆったり見れましたわ。 なかなか内容的には面白かったと思う。鉄人28号とブラックオックスのロボットがCGで重圧感がなかったけど・・... [Read More]

Tracked on April 07, 2005 06:57 PM

« ブラックキャットによろしく 杉作 『クロ號』 | Main | 第1回SGA屋漫画文化賞 »