« いまごろ大河ドラマ『新選組!』を振り返ってみようのコーナー⑧ | Main | 比丘尼のビックリハウス 富樫倫太郎 『晴明百物語 八百比丘尼』 »

March 06, 2005

適当掲示板3、というか近況など

「春は名のみの明の寒さや」
ご感想、最近オススメのもの、ネタ、なんでもお書きください。

春というと大抵の人は暖かくなってきてミもココロもウキウキ♪かもしれませんが、花粉症を患っている私にとっては春は「地獄の季節」に他なりません。
まだそんなに大したことはありませんが、その内涙と鼻水とよだれで顔面がぬらぬらになることは間違いないでしょう。暑さ、寒さは気合でなんとかできないこともないですが、こればっかしは、ねえ。文字通り泣いて暮らすしかありません。

辛気臭い話が続きますが、実は前回から読書状況がほとんどすすんでません。『トライガン』について書いたらついつい読み返したくなってしまい、ドツボにはまってしまったせいです。あ~、しかし泣けるのう。
『ローレライ』始まっちゃいましたね。できれば原作を読み終わってから観にいきたかったのだけど、公開の方が先に終ってしまいそう。明日は気力が持てば『アレキサンダー』を観にいく予定。

マンガについては給料が入り次第オンラインでアメコミ『アストロシティ』『JLA』を購入する予定。二つ合わせて7千円・・・・・ ああ、そうさ! バカだよ!
西原理恵子の『毎日かあさん』第2巻も近々発売ということなので、楽しみにしています。

|

« いまごろ大河ドラマ『新選組!』を振り返ってみようのコーナー⑧ | Main | 比丘尼のビックリハウス 富樫倫太郎 『晴明百物語 八百比丘尼』 »

Comments

う~ん花粉症ですかお大事に。
うちの相方も花粉症なのですが、花粉が超多いという今年に限ってまだ何の症状も出てません。何故。
確かに杉と、ちょっとヒノキのアレルギーもあると診断済みなので、始まったら長いのですが。
友人は、ずっと花粉症だと思っていたのに、ある時病院でみてもらったら「何のアレルギーでもなかった」そうです。擬似~な症状もあるんですね。
『龍臥亭』はいかがですか?
犬塚様は『長英逃亡』下巻は終わられたかな…

Posted by: 高野正宗 | March 06, 2005 at 10:24 PM

自分も一応検査してもらったら
杉には大して反応せず、むしろダニ・埃にブワーッとでてしまいました。
でも普段はどってことないし、春になるとドバドバ鼻水が出てくるのは、やはり花粉症だからでしょう。いつピークがくるかと、ビクビクして過ごす毎日です。

>龍臥亭幻想
あと下巻のみ(前にも書いたな・・・・・・)。正編『龍臥亭事件』もレビューしたいです。

Posted by: SGA屋伍一 | March 06, 2005 at 11:04 PM

こんばんは!
今日、なにげにWOWOWつけたら『ゴッド・ファーザー パート2』やってまして、続けてパート3もやってまして、何度も見たはずなのに計6時間もはまってしまいました。
パート2のラストの回想シーンでは、♪わかっちゃいるけどやめられな~い、って感じでいつものように泣き崩れちゃいましたわ♪
未見でしたら、ぜひどうぞ♪

>花粉症
私は花粉症じゃないのですが、友達が『メイクが崩れるぅ~』と、よく泣いています。化粧が必需品(←つっこまないで!)の私達にとっては、プラスで辛い季節みたいです。
今年は量が多いようですが、SGA屋伍一さんも気をつけて耐え抜いて下さいませ。

Posted by: ハル | March 07, 2005 at 01:46 AM

おはよっす!
>『ゴッド・ファーザー パート2』
♪タラリラリラリラリラリラ~
すいません。自分『GF』(ガールフレンドではない)は第1作しか観ていません。機会がありましたらパート2も観てみます。直接の続編というよりか、年代記風の構成だとか。
マーロン・ブランドが亡くなったのは昨年でしたっけ。『DNA』の怪演も印象に残っています。アル・パチーノ+ヤクザものというと、『フェイク』なんか良かったですね。
ハルさまは深夜アニメなどあまり観ないと思いますが、昨年放映されていた『GUNGRAVE』という作品がなかなかよく出来たマフィアものでした。気が向いたら是非ご覧ください(でも第1話でひかないで・・・)

>花粉症
おきづかいありがとうございます。なんせ昨年比20倍ですから。笑うしかないっすね。ははは・・・・・・
最近「メイクが濃いね」とよく言われます(←冗談ですから!)

Posted by: SGA屋伍一 | March 07, 2005 at 08:05 AM

「毎日かあさん」は毎日新聞購読してるのでリアルタイム(っていうのか?)で読んでます。西原節健在ですねぇ。子どもができても離婚しても。

Posted by: kakakai | March 08, 2005 at 12:31 AM

Kakakaiさまも読んでおられましたか。今日(3/8)のも面白かったですね。東京にもまだまだ元気な子供はいるもんだ。西原さんの長男は上手くするとけっこう大物になる気がします。Kakakaiさまには『ぼくんち』とか合うんじゃないかな。

Posted by: SGA屋伍一 | March 08, 2005 at 10:03 PM

私も同感。あの長男いいです。
ちなみに私は寒いのは苦手です。忘れっぽいのですが、コートを忘れることはない。って新聞読んでない人にはわからないですね。
全然関係ないですが、タイといってもプーケットにしか行かないので(ついに明後日出発です)、紹介していただいた西原氏の本はあんまり役に立たないかもと結局読んでません。すみません。おもしろそーとは思ったんですが。

Posted by: kakakai | March 08, 2005 at 11:31 PM

「この時期にハダカでベランダはやめてー!」は笑いました。
長男、噂によると「がんじ」君というお名前だとか。以前「情熱大陸」でちょこっと映りましたが、マンガよりも可愛らしい子でしたよ(笑)

>できるかな
まあ、あれも10年前のデータですから、旅行には役に立ちませんね。失礼しました。旅行、楽しまれてきてください。

Posted by: SGA屋伍一 | March 08, 2005 at 11:39 PM

おじゃまいたします。

きのう仕事で奥多摩に行ってきました。
春なのに、針葉樹林なのに、なぜか一面レンガ色の山々。
スギ雄花が成熟して一斉に色付いてるんです。
まさに裂開直前、花粉放散寸前であります。
これはちょと、今年はやばいかもしれませんよ。
花粉症じゃないのに、もう見てるだけでコワイ。

下の記事の話題ですが、『華岡青洲の妻』は思わぬ拾い物でした。
ポイントは「緊張感」でしょうか。
再放送の機会があれば、長屋でご紹介させてもらおうと思ってます。

Posted by: 秦太 | March 09, 2005 at 12:13 AM

いらっしゃいませ。昨日からもはやパッキンの壊れた蛇口のようになっています。でもピークはまだまだこれからのようです。来るなら来いや! はははは、はは(ジュルル)

>華岡清秋
そんなに良かったですか。機会があればテレビか原作賞味してみようかな。和久井映見も苦労してるみたいね。
わたしはこの話、「六年の科学」の付録についてきた「おじゃま記者」の歴史マンガで知りました。この付録では他に佐久間象山、シーボルト、高野長英、杉田玄白、間宮林蔵なんかが紹介されていて、大変お世話になったものです。渋いところでは関孝和、麻田剛立なんかも出てました。

Posted by: SGA屋伍一 | March 09, 2005 at 07:28 AM

まいどです。
>「おじゃま記者」
うわぁ~懐かしいなあ(笑)。
ザマース編集長(だったっけ)に
こき使われる(?)
いい感じのコンビでした。
私も麻田さんとかはこれで知りましたよ。
ではでは。

Posted by: まさとし | March 09, 2005 at 08:20 AM

知ってましたか!
いや~ みなさん『とんでも先生』は知ってても、こっちは「?」という方が多いので。
実はこの『6年の科学』は姉がとっていて、自分は勝手に盗み読みしてたクチですが。
『科学』だけあって歴史を科学的な見地から考証するスタイルが面白かったですね。「一の谷の逆落しは可能か」とか、「明智左馬之助の河渡りは可能か」とか(あ・・・両方馬ネタだ)

Posted by: SGA屋伍一 | March 09, 2005 at 08:21 PM

続けてレス、失礼します。
>実はこの『6年の科学』は姉がとって
>いて、自分は勝手に盗み読みしてたクチ
>ですが。
私は逆に2、3年から「学習」から
「科学」に転向したのでよく知っていますよ。
したがって「とんでも先生」はニアミス
だったのです(笑)。
>「一の谷の逆落しは可能か」とか、
>「明智左馬之助の河渡りは可能か」とか
あったあった(笑)。
他に「八艘飛び」もあったかな?
「明智~」の場合は競走馬訓練センター(?)
みたいなところで馬を泳がせて検証
していたと記憶しています。
他に思い出せたら色々書けますが・・・
20ウン年前の記憶が・・前世が(冗談)。
ではでは。

Posted by: まさとし | March 09, 2005 at 09:12 PM

ありましたね~
>一の谷の逆落し
テクニック次第
>明智左馬之助の河渡り
馬のみなら泳げるが、人を乗せると溺れてしまう
>八艘跳び
無理(笑)
てな結論だったかと
他には「石焼料理はうまいか」「城の石垣はどうやって運んだか」などあったと思います。

Posted by: SGA屋伍一 | March 09, 2005 at 09:24 PM

そういえば。
「風雲児たち長屋」、SGA851様もリンクして頂けばいいのに・・・
こーなったら自宅持ちはみんなリンク!(といっても、サイトとブログの違いはあるから拙者もちょっと肩身狭いですけどね・・・)

Posted by: 高野正宗 | March 12, 2005 at 03:07 PM

お心遣いありがとうございます。
でもまあウチは大した内容でもないし、いつまで続くかわからんし、本当に「字だけ」だし
何よりリンクちゃんと張ってないし(コラ)

マイリンクについては作らないとなー、と思いつつ早二ヶ月経ってしまいました。高野様にはいつもプッシュして頂いてるのに、まことに申し訳なく、穴があったら入りたい心境です。

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2005 at 09:32 PM

まいどです。
いそろくさん
>「風雲児たち長屋」、SGA851様もリンク
>して頂けばいいのに・・・
そうですね。サイト持ちの常連はリンクしていただけるとありがたいですね。
とはいえ、私のページの場合は
想定外でした(笑)。嬉しいですけど。
>(といっても、サイトとブログの違いはあるか>ら拙者もちょっと肩身狭いですけどね・・・)
いやいや、いそろくさんのページの
更新頻度の高さ&多様な話題性ではどの
HPも文句はいえませんよ
(と思うのだが・・・)。
SGAさん
>でもまあウチは大した内容でもないし、
>いつまで続くかわからんし、本当に
>「字だけ」だし
当初は鉄道模型メインのブログを謳いながら実は
ガンダム&「クウガ」作品レビューが
基本となっている私のページ(笑)。
でも鉄道模型はやっていますよ。
ではでは。

Posted by: まさとし | March 12, 2005 at 09:55 PM

まさとしさま、こちらこそ「毎度」です。
まさとしさまのサイトは本当に鉄道・ガンダム・クウガに対する愛情がひしひしと感じられ、観ていてほのぼのとした気分にさせられます。地道な更新にも感服いたしております。
近々リンクも貼らせて頂ければと思っておりますので(あっ。言っちゃった・・・)今後ともどうぞよろしく。

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2005 at 10:15 PM

まいど。
>近々リンクも貼らせて頂ければと
>思っておりますので
ありがとうございます。
当方では既SGAさんサイトは「よく見る
ブログ」に登録させていただいています。
>まさとしさまのサイトは本当に鉄道・
>ガンダム・クウガに対する愛情が
>ひしひしと感じられ、観ていて
>ほのぼのとした気分にさせられます。
ほのぼのとは意外な感想・・・。
照れています(笑)。
>地道な更新
ただ今開設以来の連続更新中。
今後はプラモ、フィギュア等も色々
活用していきますので・・。
ではでは。

Posted by: まさとし | March 13, 2005 at 12:56 AM

そういうわけでこしらえました。
「ほのぼの」強調しておきましたので(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | March 13, 2005 at 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/3197732

Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板3、というか近況など:

« いまごろ大河ドラマ『新選組!』を振り返ってみようのコーナー⑧ | Main | 比丘尼のビックリハウス 富樫倫太郎 『晴明百物語 八百比丘尼』 »