« 異常な日常 カート・ビュシーク 『アストロ・シティ ライフ・イン・ザ・ビッグ・シティ』 | Main | すたこらチュウ太郎 ロブ・ミンコフ 『スチュアート・リトル』 »

March 21, 2005

適当掲示板四枚目 及び近況など

なんとなく続いているこのコーナーです。
ご意見、ご感想、ご要望、オススメ品、みなさんの最近のご様子など、よろしかったらお聞かせください。

いきなり告知ですが、今週は私用のため大変慌しく、コメント、更新等遅れるかもしれません。コメントには必ずお返事いたしますのでどうかよろしく。

なんと『終戦のローレライ』、睡眠時間をゴリゴリと削って2巻まで読了いたしました。この分なら劇場版の公開終了前に読み終えられるかも。やっぱ福井ちゃんは面白いですよ。『川の深さは』はちょっともたついたけど。
劇場版は「こういうの苦手」と言いつつ観に行ったゼンザイ先生も大絶賛でした。ただ、けっこう空席が目立ったとのこと。・・・・不安だ。

みなさんに心配頂いた花粉症、まだ薬物にたよらずに耐えております。つまりまだそのくらいのレベルということ。前は薬飲んでたんですけど、水が苦く感じたり鼻の奥が乾く感じがいやで。やつらが散り果てるのが先か、おれが力尽きるのが先か・・・ 勝負だ!(むなしい)

そろそろ花見のシーズンでもありますね。ウチの近所では河津や伊豆高原が有名ですけど、河津は早咲きのため既に終了。伊豆高原の方は知り合いと連れ立って観に行く予定です。

   鼻水を たらして楽しむ 花見かな

いや、風流。

|

« 異常な日常 カート・ビュシーク 『アストロ・シティ ライフ・イン・ザ・ビッグ・シティ』 | Main | すたこらチュウ太郎 ロブ・ミンコフ 『スチュアート・リトル』 »

Comments

自分のブログにも書きましたが、DVDが届いたので、早速見ています。毎日1回ずつ。今日は第2回。それにしてもおミツさんのカマキリなんて、よく覚えていらっしゃること。私は捨助の「かっちゃーん」と「いけ好かないやつ」が、妙に印象に残っていた。
そういえば、「笑の大学」の解説への説明ありがとうございました。映画でもありましたよ、その場面。

Posted by: kakakai | March 23, 2005 at 10:41 PM

どうもです。
>カマキリ
はそのあと「西へ!」の回でおみつさんが懐かしそうに語っていたのが印象的だったので
>捨助
たしかに欠点も多々ありますけど、全編通して見ると「なんていいやつなんだ!」と思いませんか?
「近藤と一緒に処刑された」名もない隊士が実際にいたそうで、+松本捨助が彼のモデルだそうです。

>笑いの大学
舞台版は向坂を西村雅彦が、椿を近藤芳正がやっていました。キャスト二人だけ(笑) 数ある三谷作品の中でももっとも好きな作品の一つです。
「死んでもいいのは、お肉のためだけだろ?」
・・・・・・いいセリフです。

Posted by: SGA屋伍一  | March 25, 2005 at 08:35 AM

上の話題とはぜんぜんまったく微塵も関係なくて恐縮ですが、いま誰かに広めたい気分でいっぱいなので、

<歩くタコ発見さる>
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20050325k0000m040167000c.html

しばらくこれで飯が食えます。

Posted by: 秦太 | March 27, 2005 at 12:48 PM

再びまったく関係なく。
このタコ、たまったま国営放送のニュースで映像を見て、あまりにスタコラサッサなフットワークに大ウケ。あくまで海の中の話なので「立つ」進化とはまた違いますが、やっぱおかし~。
そういえば、『へんないきもの』、先日R本木の大きな本屋で、その本屋のおすすめ本として平積みになってましたよ~。

Posted by: 高野正宗 | March 27, 2005 at 03:03 PM

は・・・腹痛え・・・(悶絶)
すごいぞ! 毎日はいつから東スポの傘下になったんだ! でもこれけっこうマジネタなのね。カルフォルニア大もなにやってんだか。
恐るべき敵は火星ではなく海底にいたというわけだ。来るべき来襲にむけて、人類も早く一致団結しなくては。

>秦太さま
おいしいネタありがとうございます。これからもこういうの、随時お待ちしておりますのでよろしく。とりあえず明石のタコ焼きでも食って鋭気をやしないましょう。

>高野正宗さま
やはり、こいつに対抗できるのは例の「飛行するイカ」しかない! もしくはマイケルのムーンウォークか(現在係争中?)。

Posted by: | March 27, 2005 at 06:39 PM

↑わたしはだれでしょう。
ってお前以外に誰がいる!
・・・・・・すいません。タコやらかした(死語)。

Posted by: SGA屋伍一  | March 27, 2005 at 06:42 PM

ゼンザイ先生よりタコが見られないとの苦情がきました。ニュースは流れるの早いですからね。「歩くタコ」で検索してみると・・・
こちらならどうでしょう↓
http://www.mainichi-msn.co.jp/etc/photo/20050325

Posted by: SGA屋伍一  | March 28, 2005 at 06:32 PM

 >タコは爬虫類だモ-ン
 ああっ、こんな歩き方があったとは!!
引きずるような、二足歩行の少し前っぽい歩き方
です。
 スガ様、秦太様ネタ提供感謝です。

Posted by: 犬塚志乃 | March 30, 2005 at 08:47 PM

ユーテノ・ステップ・ローン!
どうです、すごいでしょう。海底にはまだまだ我々の想像もつかない神秘が眠っているとです。
「変なタコ」に関しては、先日買った「へんないきもの」という本にこんな例も紹介されてました。
「昭和32年、三重県答志島で足が85本あるタコが捕れ、あまりに珍しいので酢ダコにはされず標本にされた」「それにしても85本とは骨のある奴だ(タコなので骨はない)」「だがその後、96本足というさらなる強者が見つかったそうだ。上には上のタコがいる。85本タコもビンの中でさぞ歯がみ(タコなので歯もない)している事であろう」

Posted by: SGA屋伍一  | March 30, 2005 at 10:30 PM

本当にこの本、文章が人を食っていて最高です。
犬塚様にもおすすめです。
 ぬるい海に溶ける月 からまるタコの足
という詩がSピッツにありますが、85本でも96本でもありゃあそりゃあからみもしますわねえ。
まあ、人間でも指が6本とか(多肢症だったかしら)ありますし…
ほんのちょっとしたことで変わってしまうものですね。
それにしてもこれほどの数は…無意味なところがいいですね。

Posted by: 高野正宗 | March 30, 2005 at 11:10 PM

すっかりタココーナーになってる・・・
まあ、いイカ

100本足のタコも発見されないかしら

Posted by: SGA屋伍一  | March 31, 2005 at 07:49 AM

まいどです。ここで話題を大きく切り替えて(こらっ
>クウガ
写真用の装着変身とか一応購入完了。レビューもぼちぼち。
「蝶野編」を書きたいのだけど、ツッコミが怖い・・・・・。
>人形劇
DVD3巻まで購入完了。
流石に○フ○ップとま○○らけは安い・・・。
二本買っても一本の定価+数百円ですから。
孔明以外のキャラが使えます。
>ガンダム
アクセス数が一番多いのはこれかもしれん・・・・。
反響が少ないのはつっこみは結構しても
「悪口」が少ないからなのでしょう・・・・・・。
外野がうるさういのは相変わらずでうんざりですけど。
新主役機(ディスティニーと言う奴ね)が発表された
後の新OPのタイトルバックの
MSは・・・・・・・フリーダム!(あれ? 
>その他
お笑い劇場用に色々小物を物色しています。
某ドーナツ屋のライオンと「よつば」と
井上さんちのペットを参加させてみよう。
響鬼、面白いですよ。年齢近いと
感情移入しやすい。
ではでは。

Posted by: まさとし | April 10, 2005 at 12:34 PM

>「蝶野編」を書きたいのだけど、ツッコミが怖い・・・・・。
誰のよ(笑) 自分はどうも「蝶野」というと、『白兵武者』のモデルのあのレスラーを思い浮かべてしまいます

>ガンダム
最近放送の直前にやっと前の回を観るという感じです。話題に参加したくとも既に乗り遅れ・・・ あの人はやっぱム○・ラ・フ○ガなんでしょうな。子安氏もかれこれガンダム4タイトル目ですか。

>某ドーナツ屋のライオン
ボン・デ・リングというやつ、安いわりにおいしいですな。
またよろしゅう

Posted by: SGA屋伍一  | April 10, 2005 at 09:59 PM

レスどーもです。
>『白兵武者』のモデルのあのレスラー
このマンガたまーに読んでいるけど
信長のおかげで主人公の
彼は修羅の道だ・・・。
>ボン・デ・リング
この子はポンデ・ザ・ライオンと言いますが
今回のは笛とマラカスになっていて
サンバ・デ・ライオン!!
しかもほえている表情です(笑)。
今回は子供だけでなく誰でも
買えるそうですが
なくなり次第終了だそうです。
ボン・デ・リングはモチモチ感がいいです。
○トー○のミルクレープ以来のヒットですよ。
「新撰組!」のほうも・・・・
>「加納さんの雪辱」
カ○ッ○の屈○か!懐かしい。
時々見ていました。
ではでは。

Posted by: まさとし | April 10, 2005 at 10:48 PM

>ポン・デ・リング
おいしいですねv
欲しいグッズがあるたびに無理矢理ミスド通いしてます(だから太る一方)。
これの元ネタは、「ポン・デ・ケージョ」というブラジルのチーズパンだと思います。この「リング」に似たモチモチ感。
小麦粉ではなくキャッサバ澱粉を使ってチーズでモチモチな食感のパンです。
卵と混ぜて焼くだけのミックスを仕事で手に入れて作ってみましたが、おいしかったです。以上閑話休題。

Posted by: 高野正宗 | April 11, 2005 at 07:55 PM

あら、ポン・デ・リング大人気ですね。
ミ○ドの商品って名前覚えにくいんですけど、これは一発で覚えられました。
冬から初夏くらいまでがドーナツがおいしいころでしょうか。下っ腹のダブリ具合がきになりつつも、今日も三つ平らげました(笑)

Posted by: SGA屋伍一  | April 11, 2005 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/3383537

Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板四枚目 及び近況など:

« 異常な日常 カート・ビュシーク 『アストロ・シティ ライフ・イン・ザ・ビッグ・シティ』 | Main | すたこらチュウ太郎 ロブ・ミンコフ 『スチュアート・リトル』 »