« がんばれ源氏 北崎拓『ますらお ~秘本義経記』 | Main | ハンサム双子の謎 アゴタ・クリストフ『悪童日記』三部作 »

January 22, 2005

ライダー屋剣ちゃん総括 中級編 『仮面ライダー剣』

(徐々にネタを割ってます。ご注意ください)
この『仮面ライダー剣』、前情報では「今度のライダーは組織に属し、給料をもらって怪人を倒す言わば“職業ライダー”ということだった。“ライダーは基本的にフリーな立場でいてほしいなあ。でも独特の味が出せればいいか”そんな風に考えていた。しかし雑誌に出ていた第1話サブタイトルを見て、わたしは目を疑った。
「第1話 組織崩壊」
・・・早い。早すぎるよ。そんなのありですか。
かくして職業ライダーから、失業ライダーになってしまった剣崎一真の苦闘が始まる。
ギャレンの裏切り(?)、ヒロインの鉄拳、カリスに失恋(??)、しまいにゃ拉致監禁と、不幸のフルコース状態。それでも主人公は「ウエイッ!」とめげない。見上げた根性だ。

普通第1話からこれだけハイペースでやると、中盤あたりでもうもたついたりするものだが、そういう時便利なのが新キャラクター。かくして1クールを終えたあたりで、クローバーのライダー、レンゲルこと上條睦月が登場する。
おそらくライダーとしては、史上最年少の現役高校生。トラウマから逃げたい、罪無きひとをまもりたい、といういい動機でライダーになったものの、そのべルトが悪の手によりつくられたものであるため、善と悪の間で葛藤する、という青年。で、スペード、ダイヤ、ハート、クローバーときたら、「当然ジョーカーのライダーもいるのでは?」と思うでしょ。ところがどっこい・・・、いや、こいつは一応伏せときましょう。

この『剣』で独特なのが、怪人をカード化するシステム。そしてこのカードを自分の武器で読み取ると、その怪人の技が使えるようになる(シカアンデッド→なぜか電撃、イナゴ→なぜかキック)。つまりどんな雑魚怪人も、その後の設定に影響を与えるという、非常に怪人に対して「愛」の強いシステム。結局一度も使わなかったカードもあったけど。

あとこの物語でもう一つ独自の存在と言えるのが、謎の怪人ライダー、カリス=始。「おれには戦いしかない」
そううそぶくものの、人の情愛を知ってしまったために、色々苦しむ事になる(しょせん妖怪人間だし)。その辺感情移入して見ると泣けます。

また、伏線や謎をうっちゃらかしたまま終ってしまうものが多い中で、ちゃんとそういう“おとしもの”を回収しようという努力がみられるのも、評価したい点。これは後半主に脚本を担当した曾川昇氏の功績だろう。ご苦労さんでした。

というわけで1年通していろいろあった『剣』も、明日いよいよフィナーレ。
今までの努力もむなしく、町中にあふれ返ってしまったアンデッド(あーあ)
ギャレンは消え、レンゲルも倒れた。
そして満身創痍のブレイド=剣崎の前に、最後にたちはだかる者とは?
「切り札は君の中」

上級編はベストシーン、名台詞なんかをふりかえってみたいと思います。

|

« がんばれ源氏 北崎拓『ますらお ~秘本義経記』 | Main | ハンサム双子の謎 アゴタ・クリストフ『悪童日記』三部作 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ライダー屋剣ちゃん総括 中級編 『仮面ライダー剣』:

« がんばれ源氏 北崎拓『ますらお ~秘本義経記』 | Main | ハンサム双子の謎 アゴタ・クリストフ『悪童日記』三部作 »