« バカまっしぐら! 2004映画ベスト① | Main | あらためてごあいさつ および2004映画ベスト補足 »

December 29, 2004

バカまっしぐら! 2004映画ベスト②

では昨日の続きを。

第11位 ヴィレッジ
これもまた強引なお話でしたが、舞台の独特の空気と、二転三転するクライマックスを評価して。
ネタバレになるやもしれませんが、これまで『シックス・センス』『アンブレイカブル』『サイン』と観て来たひとはちょっと驚くかも。

第12位 シルミド
すごく見ごたえのある作品でしたが、ありすぎて胃に来ました。迫力満点、カタルシスゼロの「本当にあった怖い話」。ていうか、あんなB級アクションみたいな企画を実際にやらかしていた、という事実に恐れ入る。
韓流ブームに浮かれる女性たちに是非見ていただきたい一本。

第13位 ファインディング・ニモ
水槽にとらわれた我が子を救い出せ! 「そりゃ無理だ! 魚なんだし」と思うようなミッションを、根性で完遂させた男、ニモ! でもクマノミって本当は雌雄同体らしいです。

第14位 ラスト・サムライ
反乱軍がバタバタ倒れていく中、なぜかトムの急所にだけは当たらない、ということにはこの際目をつぶる。
小雪と子役と日本情緒が良かった。わたしって、つくづくプラトニック・ラブに弱いのね。・・・書いてて恥ずかしいな。独りもんってさびしいな。

第15位 アイ・ロボット
大量廃棄される旧型ロボットに萌えた。「なにこれ・・・」っていう感じのサミー君にも次第に愛情が芽生えてくる。
ウィル・スミスはどうでもよし。

第16位 スチーム・ボーイ
歯車、ピストン、蒸気機関・・・ レトロメカの好きなかたにはたまらない一品。話はありきたりだが、メカが目立つことが第一なので、それでよかったと思う。

第17位 バイオ・ハザード2
これもありきたり、といえなくもないが、色々あるアクション映画の中で、スピード感と無駄のなさが光った。

第18位 マスター・アンド・コマンダー
狭苦しいところにむさくるしい男たちをつめこむとどうなるか、ということがよくわかる作品。それだけにガラパゴス諸島のシーンはスカッとする。

以下は「ま、モトはとったかな」という作品
・アップル・シード
・ヴァン・ヘルシング
・スカイ・キャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー
・ゴジラ:ファイナル・ウォ‐ズ
いいシーンもあるのだが(ゴジラで言えばマンダ、ヴァン・・・でいうとハイド)、なぜか序盤に集中している気がする。
サービス精神は買うが、中ほどを過ぎると、「なんかもうおなかいっぱいだなあ」感がつきまとってしまった。

で、ワースト3
第3位 サンダーバード
あまり期待していなかったが、予想どおりだった。というか、『スパイ・キッズ』みたいな話だった。『スパイ・キッズ』は好きだが。
第2位 リディック
これはけっこう期待していったのだが、なぜかあまり入り込めず、「ポカーン」としている間に終ってしまった。灼熱の惑星を脱出するくだりだけ良かった。

そして栄えある第1位は
キューティー・ハニー
庵野秀明の映像センスに期待して行ったのだが、波長のあわないギャグを次々とくりだされたため、とても居心地が悪かった作品。好みの問題なので、好きな人は勘弁してください。キカイダーのようなメイクでぶんぶん回転するミッチーにのみ爆笑。

うわあ、みごとにバカばっかし。お金ってもっと貴重なことに使わなきゃいけませんね。来年はまず『エイリアンVSプレデター』『カンフー・ハッスル』を観にいく予定・・・って全然反省してないぞ!

そういうわけで
♪明日わたしはー 旅にでますー
 もちろんあだ名にー 決まってますー
(本当に)数少ない閲覧者の皆様、お付き合いどうもありがとうございました。
また来週(年)!


|

« バカまっしぐら! 2004映画ベスト① | Main | あらためてごあいさつ および2004映画ベスト補足 »

Comments

 このサイトでは初めまして。
 シルミドはまだ未見ですが、生き残りの人曰く
「あんなもんじゃないよ」と笑ったそうです。
すげ。
 ラストサムライは良い作品ですよね。
弟曰く、小雪が私の家の
近くの高校に通っていたそうです。
ラストサムライが身近にいたなんて。
 リディックは私もいまいちでした。設定はおもしろ
いんですがね。
 バイオハザードⅡはあの2作品ともゲームプレイヤ
ーの様な目線を取り入れている、所とタイムリミット
の設定が上手でした。あとヒロイン二人の体付きが
よかったのも高得点です。ジルの役者さんどう見ても
ビッチっぽいです。(笑)
 ヴァンヘルシング。この映画もまだ未見ですが、
ヒロインのジェにファー・ガ―ナーが昔出演した
【ゾルタン星人】という名前からしてあれな映画を
最近見ました。感想は置いとくとして、ジェニファーはパール・ハーバーとデアデビルにも出演していますが彼女の出る映画は、ある意味とてもすばらしい、
と思います。これからもがんばって変な映画に出て
欲しいものです(笑)

Posted by: 犬塚志乃 | January 05, 2005 07:29 PM

へい、らっしゃい! 今後ともどうぞごひいきに。
>シルミド
生き残りいたんだ・・・ 原作?でも映画と多少ちがうものの、全滅みたいに書いてあったと思ったので。もし映画ご覧になるなら、体力に余裕のある時にどうぞ。

>小雪
最初は鈴木京香MK2というイメージでしたが、さすがに見分けがつくようになってきました(笑)

>バイオハザードⅡ
そういう意味ではあんまり教育的によろしくない映画でしたね(笑) トップレスのゾンビまで出てきたりして。

>ジェニファー・ガーナー
デアデビルわたしも観ました。彼女がやっていた「エレクトラ」というキャラ、実はキャットウーマンとタメ張るくらいの人気者なんです。

Posted by: SGA屋伍一 | January 05, 2005 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バカまっしぐら! 2004映画ベスト②:

» 2004年に見た映画(DVD)は263本でした [ひらりん的映画ブログ]
2004年度登録数317本・・うち未見が54本あります。(登録映画一覧表はこちら) 勿論、04年公開作と旧作が入り混じっています。 このリストをもとに、「20... [Read More]

Tracked on December 31, 2004 05:55 PM

« バカまっしぐら! 2004映画ベスト① | Main | あらためてごあいさつ および2004映画ベスト補足 »